2018年12月10日

最近の入手品

最近の入手品です。

181210ZJ.jpg

すなわち、秋葉原のヨドバシカメラで税込み5,400円で入手したフォノカートリッジと、錦糸町駅近くの「ダイソー」で税込み216円で入手したマルチカードリーダー、2個です。

このフォノカートリッジに支払い、先日、ノート型パソコンを入手した時のポイントを使用したので、1,700円程の支払いで済みました。それにしても、このフォノカートリッジ、なぜか、店頭扱いは無しで、ヨドバシカメラで入手するには通信販売しかありません。ですから、私の場合、通信販売で申し込み、秋葉原のヨドバシカメラに行って通信販売専用窓口で入手と言う方法を使いました。ううん、ヨドバシカメラの通信販売って、店頭で売っているものを通販でも行っていると言う認識でしたが、どうやら、違うようです。

なお、フォノカートリッジ、未使用のものを結構、持っており、これを加えて、以下のものがあり、2年間で3個、使うようになっても、これで10年以上は大丈夫だと思います。

(1)オーディオテクニカ:AT95E・・・・・4個
(2)上記用の交換針・・・・・・・・・・ 4本
(3)オーディオテクニカ:AT-100E・・・・2個
(4)オーディオテクニカ:AT-UL3・・・・ 1個(MC型)
(5)オーディオテクニカ:AT-DS3・・・・ 2個(出力9mVと言う高出力型)
(6)REGA:Carbon MM・・・・・・・・・・1個

一方、マルチカードリーダーですが、使用できるカードに関しては、「SD」、「TF/microSD」、「MS/MSPRODUO」、「M2」と書かれています。

「SD」は「SDカード」のこと、「microSD」は「microSDカード」のことはすぐにわかりますが、「TF」って何かと調べてみると、要するに「microSDカード」の別名なのだそうです。ううん、日本では使っていない名前ですね。また、「MS」は「メモリーステック」、「MSPRODUO」は「メモリーステックPro Duo」、「M2」は「マイクロメモリーステック」なのだそうで、ううん、こう言う略語、私みたいにメモリーステックを使ったことが無い者にはわからないですね。おそらく、これ中国製造のものをそのまま販売しているのでしょうが、せめて、日本で使う単語に変更して欲しいと思いました。

あ、これ、先日、入手したポータブルノート型パソコンにはSDカードスロットが付いていないので、それでSDカードを使用できるようにするためです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:34| 東京 ☀| Comment(2) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月 9日(日)の「文京フィルハーモニック管弦楽団 第18回定期演奏会」

2018.12. 9(日)、東武鉄道「大山駅」近くの「板橋区立文化会館・大ホール」にて、「文京フィルハーモニック管弦楽団 第18回定期演奏会」を聴いてきました。

181210ZI.jpg

聴衆の入りは座席の8割程度で、演奏された曲は以下です。

(1)チャイコフスキー:舞踊音楽「くるみ割り人形」より「花のワルツ」
(2)シュターミッツ:フルート協奏曲第1番
佐々木亜紀(fl)、平岡栄一指揮文京フィルハーモニック管弦楽団

(3)チャイコフスキー:交響曲第5番
(4)ドボルザーク:「スラブ曲集第1集」より「第8番」
野勝治指揮文京フィルハーモニック管弦楽団

(1)はホルンが吹き損なってしまったことより、最初の方は冴えなかったのですが、その後はまあまあの演奏になりました。

(2)は初めての聴いたものですが、あまりにモーツアルト風なのには驚きました。と言うか、おそらく、モーツアルトの方が真似したのだと思いますが。

(3)は本日、期待していたものでしたが、このオーケストラ、低域が不足、すなわち、第一バイオリンが8人もいるのに、チェロもコントラバスも各3名しかいない状態なので、音がうねるような状態にはなりませんでしたが、それでも、第4楽章の後半は素晴らしい演奏になりました。なお、ホルンは冒頭部は吹き損ないましたが、その後はまあまあの状態でした。

(4)は勿論、アンコール曲で、この曲の演奏が本日、最高の演奏でした。

と言うことで、本日は(4)と(2)を聴けたことが収穫でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:30| 東京 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする