2018年12月17日

2018年12月17日(月)に2019年の年賀状を郵便ポストに投函しました

年賀状の郵便ポストへの投函は12/15(金)からですが、今年は昨年より遅れた本日(12/17)に郵便ポストに投函しました。

181217ZI.jpg

インクジェットプリンターで作成した内容は例年とほぼ同じで、年号と写真を替えただけです。2019年は秋に撮った六義園の紅葉としました。しかしながら、印刷しても中々、気に入った色にならず、画像ソフトで写真の明るさや色の強調具合を変更して、ようやく、まあまあのものになりました。

なお、葉書の下部分は白紙状態ですが、印刷だけでは味気ないので、私の汚い文字で、近況等を書いています。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:24| 東京 ☀| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日(金)の「高尾山」(6)

以下のURLのページをご覧下さい。

https://blog.goo.ne.jp/matsumo22000/e/3ae23f327ead6bb0d1456210f365b34a
posted by matsumo at 18:12| 東京 ☀| Comment(0) | ハイキング・登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日(金)の「六義園」(4)

posted by matsumo at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ドボルザーク:交響曲第9番」(メンゲルベルク指揮)

CD時代になり、SPレコードや放送局のアセテート盤から作成されたCDが大量に発売されましたが、「オーパス蔵」等のマイナーレーベルのものを除いて、大手レコード会社が発売しているものは、SP雑音やアセテート盤雑音に対する強力な雑音除去処理が行われていることにより、高い音が出ない上、生気が無くなったものが多く、聴いてガッカリと言うものが頻発しています。これに対応するため、「CDプレーヤー→真空管式ラインアンプ→WAVE Recorder」で録音し、できたをWAVEファイル(24bit・48KHz)をパソコンに移動し、グラフィックイコライザーで高域を上げて、まもとに聴けるもの作成することとしました。

すなわち、所謂、真空管アンプでは歪みとして二次高調波が加わり、これは楽器の倍音と似た関係なので、真空管アンプを通すと、倍音みたいなものが加わると考えられ、更に、グラフィックイコライザーで高域部を上げることにより、強力な雑音処理により削除されてしまった高域を加えると言うものです。

と言うことで、真空管ラインアンプとして、中国製ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」を使用し、”CDプレーヤー「SONY:CDP-XE700」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイルを作成し、それをパソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げることとしました。

その第38弾です。

ドボルザーク:交響曲第9番
ウィレム・メンゲルベルク指揮コンセルトヘボウ管弦楽団
1941年録音
Teldec 8573-83025-2

Dvorak_Symphony_No9_Mengelberg_ConcertgebouwO_1941_Tube01J+GEQ.flac
https://1.bitsend.jp/download/9117e8063ce3f0010cae727d71783503.html
自動削除見込日 2018.12.30
posted by matsumo at 19:16| 東京 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後、flacファイルをupするアップローダーについて

前述のごとく、私が音ファイルをupしていたアップローダー「http://fast-Uploader.com」は先日(12/13(木))、終了となりました。このため、flacファイルのupに関して、中止を含めて、今後、どうするか、考えていたのですが、flacファイルのupは中止とはせず、今後は、以下の理由によりアップローダーとして

(1)https://bitsend.jp
(2)https://www.dropbox.com

の2つを、併用することとしました。

(1)は、fast-uploaderと異なり、upするファイルの容量制限はないが、upしたファイルはfast-uoloaderの半分の2週間で自動的に削除されてしまうことより、今までのように、某所に行って1ヶ月に1回の割合でまとめてupして、ブログや掲示板に徐々にダウンロードリンクを書くと言う使い方はできなくなりますが、(2)を併用することにより、何とかなること。また、アップロードの励みとなるダウンロード回数に関しては、fast-uploaderではダウンロードリンクにアクセスすると表示されますが、(1)ではダウンロード用リンクとは別の削除用リンクにアクセスする必要がありますが、とりあえず、アクセス回数が表示されること。

(2)は普通の設定だと、フォルダを作成し、その中にflacファイルをupすると、パソコンとの同期により、自動的に自分のパソコンの中にフォルダができ、また、そのflacファイルがダウンロードされるのがデフォルトの設定なのですが、フォルダ名を例えば、「PublicDomain」とし、そのフォルダはパソコンと同期しない設定としておいた上、その中にflacファイルをupすれば、自分のパソコンとは同期しないので、upしたファイルはダウンロードされないこと。また。upしたflacファイル個々にダウンロードリンクを張れば、ダウンロードできるようになること。なお、そのファルダの中のflacファイルを削除しても、問題が起きないことがわかりました。
ただし、ダウンロード回数はわからないのがちょっと困りものですが。なお、こちらは、現在、26GB位使用可能で、自動的に削除なんてことはないので、ブルグや掲示板等にダウンロードリンクを記載してから1週間程度でflacファイルを削除するつもりです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:13| 東京 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日(金)の「六義園」(3)

以下のURLのページをご覧下さい。

https://blog.goo.ne.jp/matsumo22000/e/22bbcdda98ebd060a24faf75a661be07
posted by matsumo at 18:53| 東京 ☔| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

「盤 奇録」氏による「レオ・スレザークの素敵な世界」で公開されていたSPレコード等から作成されたmp3ファイルのup(50)

昔、「盤 奇録」氏による「レオ・スレザークの素敵な世界」と言うホームページがあり、そこには氏が作成した、SPレコードからのmp3ファイルが大量に公開されていました。氏は親切な方で、私がジェラルディーン・ファーラーが好きなことを知ると、ファーラーのmp3ファイルをいくつも公開してくれました。しかしながら、次第にmpファイルの新たな追加は無くなり、いつのまにか、ホームページも消えてしまいました。私は不思議に思っていましたが、先日、インターネットを彷徨っていたら、「いぼたろう」氏のホームページに”「盤 奇録」氏は2014年10月に逝去された”旨が書かれていました。

私は氏が公開されたmp3ファイルは全部ダウンロードしていますが、これらのmp3ファイルは素晴らしい音で、世界の文化遺産だと思いますし、また、これらには著作権及び著作隣接権は無い筈ですので、少しずつ、upして行きたいと思っています。

と言うことで、その第50弾です。

エドゥアール・コロンヌ(指揮者)(2ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1BGHMzjnWMk9yj9-uqJz6dJKPymDXzNld?usp=sharing
posted by matsumo at 19:21| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の入手品

最近の入手品です。

181215ZF.jpg

すなわち、日本amazonより送料税込み929円で入手した「ミノルタMD-マイクロフォーサーズマウントアダプター」と、お茶の水駅近くのの中古レコード店「ディスクユニオン」で税込み580円で入手したCDです。

前者、これで2個目です。前回は11/15(木)に発注、11/30(金)に受領でしたが、今回は12/4(火)に発注、12/13(木)に受領と半分の時間で済みましたが、その後、宣伝メールが来ました。ううん、このマウントアダプター、中国から送られていたものですが、どうやら、この中国の業者、知ったメールアドレスを悪用しているようです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:33| 東京 ☀| Comment(0) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日(金)の「六義園」(2)

以下のURLのページをご覧下さい。

https://blog.goo.ne.jp/matsumo22000/e/e7d9d8338221c8f9c30fc67128b1a960
posted by matsumo at 18:18| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日(金)の「六義園」(1)

posted by matsumo at 18:03| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

2011年 9月22日(木)の「向島百花園」の大きな写真

前述のごとく、2011. 9.22(木)は「萩」の花の撮影を目的に、南千住駅より歩いて「向島百花園」に行き、萩の花やススキ等を撮影してきました。そこで撮った写真、計29枚です。

181214ZI.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=58b95236-f5c8-4280-9d80-2f24de69e094

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:53| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「盤 奇録」氏による「レオ・スレザークの素敵な世界」で公開されていたSPレコード等から作成されたmp3ファイルのup(49)

昔、「盤 奇録」氏による「レオ・スレザークの素敵な世界」と言うホームページがあり、そこには氏が作成した、SPレコードからのmp3ファイルが大量に公開されていました。氏は親切な方で、私がジェラルディーン・ファーラーが好きなことを知ると、ファーラーのmp3ファイルをいくつも公開してくれました。しかしながら、次第にmpファイルの新たな追加は無くなり、いつのまにか、ホームページも消えてしまいました。私は不思議に思っていましたが、先日、インターネットを彷徨っていたら、「いぼたろう」氏のホームページに”「盤 奇録」氏は2014年10月に逝去された”旨が書かれていました。

私は氏が公開されたmp3ファイルは全部ダウンロードしていますが、これらのmp3ファイルは素晴らしい音で、世界の文化遺産だと思いますし、また、これらには著作権及び著作隣接権は無い筈ですので、少しずつ、upして行きたいと思っています。

と言うことで、その第49弾です。

フィリップ・ゴーベール(指揮者)(1ファイル)

https://drive.google.com/drive/folders/1zwP8MCxHTn4cS3Sr8QR2szBUUCAEmUCp?usp=sharing
posted by matsumo at 18:23| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

2018年12月11日(火)の「東京文化会館 上野 de クラシック Vol.22」

2018.12.11(火)、上野駅近くの「東京文化会館・小ホール」にて、「東京文化会館 上野 de クラシック Vol.22」を聴いてきました。

181213ZC.jpg

聴衆の入りはほぼ満席で、演奏された曲は以下です。

(1)中田喜直:たんぽぽ
(2)團伊玖磨:藤の花
(3)橋本国彦:薊の花
(4)團伊玖磨:「東京小景」より「日比谷」・「銀座」・「上野」
(5)服部良一:蘇州夜曲
(6)スッペ:喜歌劇「ボッカチオ」より「恋はやさし、野辺の花よ」
(7)サンサーンス:アヴェ・マリア
(8)J.S.バッハ:アヴェ・マリア(グノー編)
(9)ゴメス:アヴェ・マリア
(10)ヘンデル:歌劇「リナルド」より「私を泣かせてください」
(11)ロッシーニ:歌劇「タンクレーディ」より「この胸の高鳴りに」
(12)山田耕筰:からたちの花
(13)山田耕筰:赤とんぼ
村松稔之(カウンターテナー)、圓谷俊貴(pf)

さて、感想ですが、私はカウンターテナー、すなわち、男が裏声で女性のような高い声で歌うと言うの、コンサートでは初めて聴きました。CD等でならばともかく、やはり、舞台で男が女性みたいな声で歌うの、やはり、違和感です。このため、目をつぶって聴きましたが、目をつぶると、メゾソプラノが歌っているような感じでした。逆に言えば、メゾソプラノの女性が歌っているのと同じような声で、わざわざ、カウンターテナーが歌う必要があるのか、疑問に思いました。まあ、ヴィヴィラートは少ないためか、声が澄んでいる感じはしましたが。

と言うことで、(1)〜(4)はわざわざ、聴く必要があるとは思えないものでしたが、(5)は中々でした。(6)や(10)(11)は女性が歌う曲ですので、それをわざわざカウンターテナーが歌う必要は全く感じませんでした。と言うか、女性が歌った方が遙かに良いです。特に、(10)はヘイリー・ウェステンラが歌ったものの方が遙かに良かったです。

(7)〜(9)では男が歌うと妙な感じがしますが、それでも(8)は澄んだ声が素晴らしかったです。

(12)(13)はアンコール曲ですが、(12)は絶唱と言うべき、素晴らしい演奏で、本日、最高のものでした。それにひき換え、(13)はまあまあと言ったところでしょうか。

と言うことで、本日は(12)が聴けたことが収穫でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:23| 東京 ☁| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「FX-AUDIO:TUBE-01J」使用・CD「ドボルザーク:チェロ協奏曲ロ短調」等(フォイアマン)

CD時代になり、SPレコードや放送局のアセテート盤から作成されたCDが大量に発売されましたが、「オーパス蔵」等のマイナーレーベルのものを除いて、大手レコード会社が発売しているものは、SP雑音やアセテート盤雑音に対する強力な雑音除去処理が行われていることにより、高い音が出ない上、生気が無くなったものが多く、聴いてガッカリと言うものが頻発しています。これはLDでも同様でした。これに対応するため、「CDプレーヤー→真空管式ラインアンプ→WAVE Recorder」で録音し、できたをWAVEファイル(24bit・48KHz)をパソコンに移動し、グラフィックイコライザーで高域を上げて、まもとに聴けるもの作成することとしました。

すなわち、所謂、真空管アンプでは歪みとして二次高調波が加わり、これは楽器の倍音と似た関係なので、真空管アンプを通すと、倍音みたいなものが加わると考えられ、更に、グラフィックイコライザーで高域部を上げることにより、強力な雑音処理により削除されてしまった高域を加えると言うものです。

と言うことで、真空管ラインアンプとして、中国製ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」を使用し、”LDプレーヤー「パイオニア:DVL-909」→真空管ラインアンプ「FX-AUDIO:TUBE-01J」→WAVE Recorder「ローランド:EDIROL R-09」”でWAVEファイルを作成し、それをパソコンに移動して、編集ソフト中の「グラフィックイコライザー」にて高音部を上げることとしました。

その第38弾です。

<ドボルザーク:チェロ協奏曲ロ短調>
エマヌエル・フォイアマン(vc)、レオン・バージン指揮ナショナル・オーケストラル・アソシエイション
1940年録音
CD 日本フォノグラム 30CD-3069

Dvorak_CelloConcerto_in B_minor_Feuermann_Barzin_NationalOrchestralAssociation_1940_Tube01J+GEQ.flac(345MB)
http://fast-uploader.com/file/7099018747266/
削除予定日時 2018年12月29日 12時46分41秒

<ドボルザーク:ロンドト短調>
エマヌエル・フォイアマン(vc)、レオン・バージン指揮ナショナル・オーケストラル・アソシエイション
1941年録音
CD 日本フォノグラム 30CD-3069

Dvoark_Rondo_in_G_minor_Feuermann_Barzin_NationalOrchestralAssociation_1941_Tube01J+GEQ.flac(64.7MB)
http://fast-uploader.com/file/7099018823926/
削除予定日時 2018年12月29日 12時47分58秒

このアップローダー、回線が細いようで、削除予定日時前であっても、時々、リンク切れみたいな表示がされることがあります。この場合、時間をおいて再アクセスしてください。

<<追記>>
2018.12.13(木) 15:30現在、上記URLでダウンロードできない状態になっています。これが現在、実施中のメインテナンスためか、それ以外の理由なのか不明ですが、この状態が続くのであれば、後日、別な方法で上記の音ファイルをupするようにします。

<<追記2>>
2018.12.14(金)、上記で使用しているアップローダー「fast-uploader」は、当初は「1週間位のメンテナンスを行う」とのアナウンスだったのですが、どうやら、「終了」となったようです。このため、今後、音ファイルのupはどうするか、考慮中です。現在、最も有力なのは「ドロップボックス」なのですが、ここの欠点はダウンロード数が表示されないので、折角、苦労してupしても、ダウンロード数がわからないので、upする気力が無くなることです。

posted by matsumo at 14:53| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日(日)の「川口駅」前

以下のURLのページをご覧下さい。

https://blog.goo.ne.jp/matsumo22000/e/8af4a319e7b44e7a6b39321cd2a1c411
posted by matsumo at 14:31| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日(木)の「飛鳥山公園」

以下のURLのページをご覧下さい。

https://blog.goo.ne.jp/matsumo22000/e/dbfc41f417a4d7a03779271c7661d898
posted by matsumo at 14:29| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

2011年 9月10日(土)の「北八ヶ岳」の大きな写真[3]

前述のごとく、2011. 9.10(土)は「中央本線・茅野駅→(バス)→北八ヶ岳ロープウェイ・下駅→(ロープウェイ)→上駅→坪庭→縞枯山→茶臼山→麦草峠→(バス)→茅野駅」と歩いて撮影しました。

内、「縞枯山」、縞枯山と「茶臼山」の間にある「展望台」、茶臼山頂上の西側にある「展望台」等で撮った写真の計16枚です。

181212ZH.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=36e9b25c-8c14-4b71-af7a-aaaafdfef979

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:28| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「ブラームス:ピアノ協奏曲第2番」(フィッシャー)のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしましたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは12/18(火)に自動的に削除されます。

<ブラームス:ピアノ協奏曲第2番>
エドウィン・フィッシャー(pf)、ウィルヘルム・フルトベングラー指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
1942年録音
LPレコード turnabout TV4342

Brahms_Piano_Concerto_No2_Fischer_Furtwanglar_Berlin_po_1942A.flac(93.9MB)
http://fast-uploader.com/file/7098058710904/
削除予定日時 2018年12月18日 10時06分05秒

Brahms_Piano_Concerto_No2_Fischer_Furtwanglar_Berlin_po_1942B.flac(77.3MB)
http://fast-uploader.com/file/7098058793945/
削除予定日時 2018年12月18日 10時07分28秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
posted by matsumo at 14:27| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日(水)の「新宿御苑」(7)

posted by matsumo at 10:50| 東京 ☔| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

2011年 9月10日(土)の「北八ヶ岳」の大きな写真[2]

前述のごとく、2011. 9.10(土)は「中央本線・茅野駅→(バス)→北八ヶ岳ロープウェイ・下駅→(ロープウェイ)→上駅→坪庭→縞枯山→茶臼山→麦草峠→(バス)→茅野駅」と歩いて撮影しました。

内、坪庭で撮った写真の続きの計31枚です。

181211ZE.jpg

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=8163aac8-ff0a-424e-9100-8cc3ad04a377

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:05| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP”トゥンダー:カンタータ「ああ、主よ、御身の愛らしい御使いに」”等のflacファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしておりますので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは12/18(火)に自動的に削除されます。

<フランツ・トゥンダー:カンタータ「ああ、主よ、御身の愛らしい御使いに」>
Edith Mathis(S)、Alfred Lessing(Diskant-Gambe)、Heinrich Haferland(Alt-Gambe)、Horst Hedler, Gerhard Naumann(Tenor-Gamben)
Heiner Spicker(Violone)、Eugen M.-Dombois(Theorbe)、Walter Kraft(Positive Organ)

Tunder_Kantate_Ach_Herr_lass_deine_lieben_Engelein_Kraft_1962B.flac(31.1MB)
http://fast-uploader.com/file/7098058233267/
削除予定日時 2018年12月18日 09時58分07秒

<ディートリッヒ・ブクステフーデ:コラール「ああ主よ、哀れな罪人なる私を」>
Johannes Brenneke(organ)

Buxtehude_Ach_Herr mich_armen_Sunder_Brenneke_1962B.flac(15.5MB)
http://fast-uploader.com/file/7098058162745/
削除予定日時 2018年12月18日 09時56分57秒

<ニコラウス・ブルーンス:カンタータ「私は安らかに伏し、また、眠ります」>
Hans Thamm - Der Windsbacher Knabenchor、Lotte Schadle(S)、Emmy Lisken(A)、Georg Jelden(T)、Franz Muller-Heuser(Bs)
Werner Neuhaus・Matthias Nakaten・Rolf Maschke・Helga Thone・Ruch Nielen-Wagner(vn)
Emil Seiler・Heinz Jopen・Edith Klein・Werner Sattel(va)、Horst Hedler(vc)
Alfred Lessing(Positive Organ)

Bruhns_Kantate_Ich liege_und_schlafe_Thamm_1962B.flac(82.1MB)
http://fast-uploader.com/file/7098058360362/
削除予定日時 2018年12月18日 10時00分14秒

1962年録音
LPレコード 東芝音楽工業 AA-9121

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
posted by matsumo at 15:40| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月 4日(火)の「六義園」(2)

posted by matsumo at 15:35| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月 4日(火)の「六義園」(1)

posted by matsumo at 15:31| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

最近の入手品

最近の入手品です。

181210ZJ.jpg

すなわち、秋葉原のヨドバシカメラで税込み5,400円で入手したフォノカートリッジと、錦糸町駅近くの「ダイソー」で税込み216円で入手したマルチカードリーダー、2個です。

このフォノカートリッジに支払い、先日、ノート型パソコンを入手した時のポイントを使用したので、1,700円程の支払いで済みました。それにしても、このフォノカートリッジ、なぜか、店頭扱いは無しで、ヨドバシカメラで入手するには通信販売しかありません。ですから、私の場合、通信販売で申し込み、秋葉原のヨドバシカメラに行って通信販売専用窓口で入手と言う方法を使いました。ううん、ヨドバシカメラの通信販売って、店頭で売っているものを通販でも行っていると言う認識でしたが、どうやら、違うようです。

なお、フォノカートリッジ、未使用のものを結構、持っており、これを加えて、以下のものがあり、2年間で3個、使うようになっても、これで10年以上は大丈夫だと思います。

(1)オーディオテクニカ:AT95E・・・・・4個
(2)上記用の交換針・・・・・・・・・・ 4本
(3)オーディオテクニカ:AT-100E・・・・2個
(4)オーディオテクニカ:AT-UL3・・・・ 1個(MC型)
(5)オーディオテクニカ:AT-DS3・・・・ 2個(出力9mVと言う高出力型)
(6)REGA:Carbon MM・・・・・・・・・・1個

一方、マルチカードリーダーですが、使用できるカードに関しては、「SD」、「TF/microSD」、「MS/MSPRODUO」、「M2」と書かれています。

「SD」は「SDカード」のこと、「microSD」は「microSDカード」のことはすぐにわかりますが、「TF」って何かと調べてみると、要するに「microSDカード」の別名なのだそうです。ううん、日本では使っていない名前ですね。また、「MS」は「メモリーステック」、「MSPRODUO」は「メモリーステックPro Duo」、「M2」は「マイクロメモリーステック」なのだそうで、ううん、こう言う略語、私みたいにメモリーステックを使ったことが無い者にはわからないですね。おそらく、これ中国製造のものをそのまま販売しているのでしょうが、せめて、日本で使う単語に変更して欲しいと思いました。

あ、これ、先日、入手したポータブルノート型パソコンにはSDカードスロットが付いていないので、それでSDカードを使用できるようにするためです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:34| 東京 ☀| Comment(2) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月 9日(日)の「文京フィルハーモニック管弦楽団 第18回定期演奏会」

2018.12. 9(日)、東武鉄道「大山駅」近くの「板橋区立文化会館・大ホール」にて、「文京フィルハーモニック管弦楽団 第18回定期演奏会」を聴いてきました。

181210ZI.jpg

聴衆の入りは座席の8割程度で、演奏された曲は以下です。

(1)チャイコフスキー:舞踊音楽「くるみ割り人形」より「花のワルツ」
(2)シュターミッツ:フルート協奏曲第1番
佐々木亜紀(fl)、平岡栄一指揮文京フィルハーモニック管弦楽団

(3)チャイコフスキー:交響曲第5番
(4)ドボルザーク:「スラブ曲集第1集」より「第8番」
野勝治指揮文京フィルハーモニック管弦楽団

(1)はホルンが吹き損なってしまったことより、最初の方は冴えなかったのですが、その後はまあまあの演奏になりました。

(2)は初めての聴いたものですが、あまりにモーツアルト風なのには驚きました。と言うか、おそらく、モーツアルトの方が真似したのだと思いますが。

(3)は本日、期待していたものでしたが、このオーケストラ、低域が不足、すなわち、第一バイオリンが8人もいるのに、チェロもコントラバスも各3名しかいない状態なので、音がうねるような状態にはなりませんでしたが、それでも、第4楽章の後半は素晴らしい演奏になりました。なお、ホルンは冒頭部は吹き損ないましたが、その後はまあまあの状態でした。

(4)は勿論、アンコール曲で、この曲の演奏が本日、最高の演奏でした。

と言うことで、本日は(4)と(2)を聴けたことが収穫でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:30| 東京 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする