2018年01月11日

2010年10月23日(土)の裏高尾「堂所山」と「景信山」の大きな写真

前述のごとく、2010.10.23(土)は、「京王電鉄・高尾駅→(バス)→陣馬高原下バス停→和田峠→陣馬山→明王峠→景信山→小仏峠→小仏城山→(日影沢林道)→日影バス停→高尾駅」と歩いたのですが、内、明王峠と景信山の間にある「堂所山」と「堂所山」の頂上での写真です。

180111ZC.jpg

そこで撮った5枚です。

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=7bf95190-d9cc-4fdf-b047-9c0005e93966

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:19| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年 1月 6日(土)の「アウローラ管弦楽団 第18回定期演奏会」

2018. 1. 6(土)、錦糸町駅近くの「すみだトリフォニーホール・大ホール」にて「アウローラ管弦楽団 第18回定期演奏会」を聴いてきました。

180111N.jpg

聴衆の入りは座席の95%程度と盛況で、演奏された曲は以下です。

(1)チェレプニン:遠き王女のための前奏曲
(2)リムスキー・コルサコフ:歌劇「サルタン皇帝の物語」組曲
(3)チャイコフスキー:交響曲第6番
米津俊広指揮アウローラ管弦楽団

このオーケストラ、女性奏者が半分以上を占める上、彼女たちは色とりどりのロングドレス姿と言うのが特長で、、今回も華やかな感じで良かったです。さて、乾燥ですが、(1)(2)共、多分、初めて聴く曲で、特に(1)は作曲者の名前も初めて聞いたと思います。プログラムによると、リムスキーコルサコフの弟子でバレエ音楽を特異としていたようです。(1)は部分的にはまあまあの感じがしましたが、あえて、聴く必要はない曲だと思いました。

(2)も(1)と同様にわざわざ聴く必要はない曲で、この作曲はは交響組曲「シェラザード」のみで十分だと思いました。

(3)は全体的に低音が不足でしたが、華麗な感じの演奏でした。すなわち、運命とか人生とか言う暗い想念を描いているのではなく、音を楽しむと言う感じのものでした。それゆえ、前半は感心しなかったのですが、第3楽章から急に力が籠もった演奏になり、この楽章が終わると軽い拍手が起こった程でした。そして、第4楽章も中々のものとなり、静かに終わった後、軽く拍手が起こりましたが、すぐに終わり、そして、1分間ほどの沈黙の後、盛大な拍手となりました。

と言うことで、本日はアンコール曲は無しで、それで正解だったと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月 5日(火)の「平塚神社」と「七社神社」

前述のごとく、2017.12. 5(火)は上中里駅近くの「平塚神社」より北上して、「滝野川公園」、王子駅近くの「七社神社」、「飛鳥山公園」、そして、更に北上して、王子駅より徒歩10分位の所にある「名主の滝公園」に行きました。

内、「平塚神社」(東京都北区上中里1-47-1)で、対角線魚眼レンズで撮ったものです。

180111O.jpg

180111P.jpg

180111Q.jpg

普通のズームレンズで撮ったものです。

180111R.jpg

180111S.jpg

180111T.jpg

180111U.jpg

「七社神社」(東京都北区西ケ原2-11-1)です。

180111V.jpg

180111W.jpg

180111X.jpg

180111Y.jpg

社務所の前です。

180111Z.jpg

180111ZA.jpg

180111ZB.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:14| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年 1月10日(水)の「虎ノ門金刀比羅宮」の「初こんぴら祭」

2018. 1.10(水)は地下鉄「虎ノ門駅」近くの「虎ノ門金刀比羅宮」の「初こんぴら祭」ですので、例年通りに映像の撮影に行ってきました。

現地には9:50頃に着き、まずは、拝殿前近くで、「一般社団法人江戸消防記念会 正式参拝」が行われるのを待ちます。拝殿前には沢山の鳶職の人達が立っています。これ、正式参拝とのことで、拝殿内で代表者達がお祓い等を行った後、拝殿前で一本締めを行うものです。いつもはこの一本締めが例年10時に行われるのですが、本日は開始が遅れて、10:10頃になりようやく10名位の代表者達が並び、10:13頃に木遣りが謡われた後、

180111A.jpg

一本締めが行われて、解散となりました。

180111B.jpg

すると、神楽殿から、太鼓等が演奏の音が聞こえてきたので、すぐにそちらに向かうと、もう、5名程の人達が演奏を開始しているので、急いで撮影を開始します。

180111C.jpg

演奏は5分程で、終わり、10:25より、先程、演奏していた人達、すなわち、「相模流里神楽萩原」の人達により「三番叟」が舞われます。

180111C.jpg

180111D.jpg

180111E.jpg

舞いは20分弱で終わります。

次は11:00開始の七福神行列ですので、それが始まるのを待ちます。行列は大通りに面した鳥居から始まりますので、11時直前にはそこに行列に参加する人達が集まり、また、見物人はそこより、拝殿の前の小さな鳥居ま
での通路の両端に立って始まるのを待ちます。11時になり、拍子木が鳴り、獅子舞を先頭に、白狐、

180111F.jpg

そして、七福神、

180111G.jpg

太鼓や笛の奏者達、更に、ひょっとこ達、おかめ達の行列が始まります。

獅子舞はひょうきんな感じで、食べ物がある露店の前で口を開けて食べるような真似をしたり、また、縁起物である見物人の頭を噛む真似をしたりしながら進みます。10/10の大祭の時は、この七福神行列と似た感じの「おかめ・ひょっとこ民踊行列」が行われますが、この時は行列は大通りの鳥居の所から虎ノ門病院のある通りまで行き、そこより戻って、拝殿前に行きますが、この七福神行列では虎の門病院のある通りまでは行かずに、直接、拝殿前まで行きます。そこで、七福神達が並んでの撮影タイムとなります。

180111H.jpg

そして、七福神達がお参り後、今度は、神楽殿まで進んで、また、七福神達が並んで撮影タイム、

180111I.jpg

その後、ひょっとこ達による踊りが行われます。

180111J.jpg

その後に、恵比寿による舞いが行われ、

180111K.jpg

大きな鯛を釣って、それを見物人達の頭の上に引き回します。この鯛は縁起物ですので、みんなが触わろうとします。

180111L.jpg

そして、鯛を左手で持って、竿を担いだポーズをして、舞は終わり、今度は大黒天の舞となり、

180111M.jpg

舞った後、打出の小槌よりお菓子を出して、見物人に向かって投げます。これも縁起物ですので、みんなが取り合います。

これで、七福神行列は終わりです(11:45)。

12時からは、神職達の行列が、先程の七福神行列と同じく、大通りの鳥居より拝殿までのルートであり、その後、拝殿内で神事があるのですが、これで撮影を終了としました。

なお、今回の獅子舞は前述のごとくひょうきんな感じの上、人なつっこく、犬のように女性のそばに座ると言う、いるだけで笑いが絶えない感じで、良かったです。と言っても、撮影する方としては撮影しにくくて困りものでしたが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 14:53| 東京 ☀| Comment(4) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする