2018年01月03日

2012年 1月 1日(日)の「王子狐の行列」の大きな写真

前述のごとく、2012. 1. 1(日)は、0:00より王子駅近くの「装束稲荷神社」から「北とぴあ」前を経由して「王子稲荷神社」まで進む「王子狐の行列」の撮影に行ってきました。

180103S.jpg

そこで撮った10枚です。

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=5eba7317-3c5e-4161-8d4f-b18ced7dfbf5

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

今年もこの王子狐の行列の撮影に行ったのですが、6年前と大きく異なるのには驚きました。今年のはこれに比べると、ものすごく地味でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:王子狐の行列
posted by matsumo at 15:13| 東京 ☀| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「フランク:交響曲ニ短調」(フルトベングラー指揮)のflacファイルのup

以下の音源ファイルをupしたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは1/14(日)に自動的に削除されます。

<フランク:交響曲ニ短調>
ウィルヘルム・フルトベングラー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
1953年録音
LPレコード キングレコード MR5035

Frank_Symphony_D_minor_Furtwanglar_Vienna_po_1953A_B.flac(132MB)
http://fast-uploader.com/file/7068856236168/
削除予定日時 2018年01月14日 10時18分10秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
ラベル:フランク
posted by matsumo at 09:58| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日(火)の「皇居東御苑」の赤外線写真

前述のごとく、2017.12.26(火)は「皇居東御苑」に行きましたが、普通の写真のほかに赤外線写真も撮りました。大手門より入った「二の丸庭園」で、入ったすぐの辺りです。

180103G.jpg

180103H.jpg

番屋です。

180103J.jpg

右に曲がった辺りです。

180103J.jpg

180103K.jpg

180103L.jpg

180103M.jpg

中央です。

180103N.jpg

180103O.jpg

「諏訪の茶屋」です。

180103P.jpg

「梅林坂」付近です。

180103Q.jpg

180103R.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:皇居東御苑
posted by matsumo at 08:53| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年 1月 2日(火)の「六義園」の「神田囃子・寿獅子」

正月の1/2(火)及び1/3(水)の都立有料庭園においては、正月のイベントが行われ、「浜離宮恩賜庭園」では
「新春の空に鷹が舞う!放鷹術(ほうようじゅつ)の実演」(11:00・14:00)、「旧芝離宮恩賜庭園」では「初春三番叟」(11:00・13:15)、「小石川後楽園」では「獅子舞と江戸太神楽」(11:30・13:00)、「六義園」では1/2「神田囃子・寿獅子」(10:30・13:30)と1/3「獅子舞と貫井囃子」、「清澄庭園」では「獅子舞」(12:30)、「旧古河庭園」では「獅子舞とお囃子」(11:00・14:00)等が行われます。

と言うことで、例年通り、駒込駅近くの「六義園」に「神田囃子・寿獅子」の映像の撮影に行ってきました。これは「神田囃子千四会」が行っているものです。

10:20頃に大きな枝垂れ桜の前に作られた舞台前に着きましたが、既にその前の座席が満杯状態です。私はその後で中央付近に立って始まるのを待ちます。10:29六義園の職員の司会により開始され、10:30千四会の方が舞台上で神田囃子に関する短い解説後、舞台に上がった奏者達により、「神田囃子」が演奏されます。

180103A.jpg

演奏時間は13分間程でしょうか、私にはちょっと長すぎる感じです(10:46)。そして、太鼓等の一部が片づけられ、次の演目の準備をすると共に、次の演目の解説が司会の方より行われ、10:49「大黒天の踊り」の踊りが行われます。

180103B.jpg

そして、10:58獅子舞の獅子を持った人が現れ、

180103C.jpg

獅子を被って、大黒天と交代し、演技を始めます。

180103D.jpg

この方、68歳だそうですが、ものすごくうまいです。獅子が眠ってしまうと、11:07「ひょっとこ」が現れ、踊りますが、

180103E.jpg

獅子を起こしてしまいます(11:11)。そして、11:12獅子は舞台からおりて、今度は座っている観客の頭を噛むまねをしながら、右から左に進みます。獅子の口にポチ袋を入れる人もおり、合わせて5名はいたと思います。そして、11:15舞台に戻り、口より「あけましておめでとうございます」の巻物を広げて拍手を浴びた後、獅子を脱いで終わりです。

その後、出演した千四会の人達が舞台に登り、司会の方の三三四拍子の手打ちをみんなで行って終わりとなります(11:17)。

これ、以前はもっと短く、10:55頃に終わったので、その後、急いで、本郷通りを北上して、「旧古河庭園」での11:00からの「獅子舞とお囃子」を撮影することができたのですが、今年は50分間位と随分、長くなりました。

それにしても、獅子舞は素晴らしかったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:六義園
posted by matsumo at 08:35| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする