2018年01月02日

最近の入手品

最近の入手品です。

180102L.jpg

すなわち、お茶の水駅近くの中古レコード店「ディスクユニオン」で税込み1,530円で入手した本と、大塚駅近くの「ダイソー」で税込み108円で入手したステレオミニプラグ→ステレオプラグ変換アダプターです。

前者は12/31(日)に入手したものですが、このディスクユニオンでは毎年、大晦日に中古CD・LP・DVD・ブルーレイ、古本等が15%引で販売されるので、例年通りに行ったと言う訳です。2016年の時は客があまり多くはなかったのですが、2017年の大晦日はかなりの混み方で、レジにも常に5人以上、並んでいる状態には驚きました。昨今はCD等の円盤メディアは廃れてインターネット上の配信に移行しており、CDは20枚組等のBOXセットとなり、それこそ、1枚あたり100円〜200円程度と激安になってしまいましたが、まだまだ、中古のCDを集める人もいるのですね。と言うことで、中古CDではなく、古本を入手しました。これ、値札は税込み1,800円でしたが、15%引きだったので、270円引かれた1,530円でした。これ、幸松肇氏の著作ですが、氏の著作は「レコードによる弦楽四重奏曲の歴史(上)」・「同(下)」、そして、「世界の弦楽四重奏団とそのレコード<第2巻>ドイツ・オーストリア編」・「同<第6巻>日本編」と4冊持っており、いずれも力作だと思っています。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 12:21| 東京 ☀| Comment(0) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP”ベートーベン:歌劇「レオノーレ」序曲第3番ほか”(クレンペラー指揮)のflacファイルのup

以下の音源ファイルをupしたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは1/14(月)に自動的に削除されます。

<ベートーベン:歌劇「レオノーレ」序曲第2番>
オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団
1963年録音
LPレコード 東芝EMI AA5132

Beethoven_LeonoreOverture_No2_Klemperer_PhilharmoniaO_1963B.flac(67.8MB)
http://fast-uploader.com/file/7068855600929/
削除予定日時 2018年01月14日 10時07分35秒

<ベートーベン:歌劇「レオノーレ」序曲第3番>
オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団
1963年録音
LPレコード 東芝EMI AA5139

Beethoven_LeonoreOverture_No3_Klemperer_PhilharmoniaO_1963D.flac(70.7MB)
http://fast-uploader.com/file/7068855698715/
削除予定日時 2018年01月14日 10時09分13秒

<使用機器>
Player:KENWOOD KP-1100,Cartridge:Audio-Technica ATN-120Ea
Amplifier:Marantz PM78,Wave Recorder:Roland EDIROL R-09
いずれも普及価格帯品です。

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
ラベル:ベートーベン
posted by matsumo at 12:06| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年 1月 1日(月)の「王子狐の行列」

2018. 1. 1(月)と言うか、2017.12.31(日)の夜中と言うか、ともかく、王子駅近くの北本通りに、「王子狐の行列」の映像の撮影に行ってきました。これは、元旦の0時に「装束稲荷」(東京都北区王子2-30-14)を行列が出発し、北本通りを南下し、「北とぴあ」の所を右折して、JRのガード下をくぐってすぐに右折し、今度は森下通りを北上して「王子稲荷神社」(東京都北区岸町1-12-26)まで進むと言うものです。当日の夜は風もほとんど吹かなくなり、気温もそれほど下がらなかったので、見物にはまあまあの状態です。

家より歩いて、まずは、王子駅を目指します。飛鳥山公園を過ぎて、JRのガードをくぐった所にはイルミネーションが飾られています。

180102M.jpg

180102O.jpg

180102N.jpg

王子駅前を通る北本通りで、王子駅より北に100m位の所に23:50頃に着きましたが、既に沢山の人が歩道に並んでおり、また、反対側の歩道にも沢山の人がいる状態です。ようやく、変電機でしょうか、高さ1.5mはある四角い鉄製の箱の後に人がいなかったので、その箱の上にデジカメを置いて撮影に備えます。ここは見るにはダメな場所ですが、一脚に乗せたデジカメでしたら、撮影には支障は無さそうです。

0時になり、沿道の観衆より「明けましておめでとうございます」との声が響きます。しかしながら、行列が装束稲荷を出発した様子は感じられません。0:03頃になり、かすかに太鼓の音が聞こえるようになり、0:08頃、ようやく太鼓の音がよく聞こえるようになりました。遠くに行列の先頭らしいのが見えます。そして、0:10ようやく、見えるようになったので、撮影を開始します。

先頭は、獅子舞と祭り囃子、

180102P.jpg

その後ろが大きな狐の面、

180102Q.jpg

綺麗どころと続きます。

180102R.jpg

そして、羽織袴、

180102S.jpg

綺麗どころ、

180102T.jpg

白狐、

180102U.jpg

名前が書かれた長張り提灯、

180102V.jpg

子狐を乗せた駕籠、

180102W.jpg

鈴を付けた杖で地面をたたきながら、鈴の音を響かせる子供達、

180102X.jpg

白狐と続きます。

180102Y.jpg

この後は一般参加の人達で、それで、行列は終わりとなります。

全体を見た印象としては、今年は北とぴあの前で右折する所での交通整理が悪くて、行列がしばしば止まり、順調の流れないのには参りました。このため、行列も整然と均等に並んではいなかったので、だらけた感じでした。加えて、今年は若い女性の参加が少ないので、写真的に華やかさに欠けるのも残念でした。また、撮影している最中に、変電機の前、すなわち、車道部分に立ってきた老人がおり、私は一脚を四角い箱の上に乗せて高い場所から撮影していたので影響を受けなかったのですが、普通に一眼レフ等で撮影していた人達は撮影できなくなってしまいました。ううん、自分さえよければの人は、ルールを守っている者にとっては全く困りものです。

以上は、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」、コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:王子狐の行列
posted by matsumo at 11:57| 東京 ☀| Comment(4) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年 1月 1日(月)の「東覚寺七福神」

2018. 1. 1(月)、本日は快晴の上、暖かくて穏やかな1日で、例年通り、田端駅近くで、谷中七福神の「福禄寿」が安置されている「東覚寺」(東京都北区田端2ー7ー3)の裏庭にある1ヶ所七福神巡りを行ってきました。

180102A.jpg

この裏庭は正月3ヶ日のみ入ることができます。

この裏庭は斜面になっており、本堂に向かって右側より入りますが、すぐに「毘沙門天」があり、

180102B.jpg

そのすぐそばに、「寿老人」がいます。

180102C.jpg

ここより、斜面を登ると、「大黒天」、

180102D.jpg

高い場所をそのまま進むと、大きな「福禄寿」、

180102E.jpg

そして、「布袋尊」、

180102F.jpg

一段、下った所に大きな「弁財天」がいます。

180102G.jpg

そして、低い場所に下ると、鶴がいます。

180102H.jpg

低い場所には、水仙の花が咲いています。

180102I.jpg

180102K.jpg

そして、最後が池に釣り糸を下げている「恵比寿」がいます。

180102J.jpg

これで、今年も元旦の日に七福神巡りを行うことができました。

以上は、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:東覚寺
posted by matsumo at 08:54| 東京 ☀| Comment(0) | 七福神巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする