2017年12月31日

最近の入手品

最近の入手品です。

171231ZB.jpg

すなわち、タワーレコードより通信販売で送料税込み3,356円で入手した9枚組CDと、巣鴨駅近くの本屋さんで税込み980円で入手した雑誌です。後者はここ10年以上、毎年、入手しているもので、この2月号には「RADIOLIFE YEARBOOK」と言う各種無線の周波数一覧が載っている付録が付いているものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:20| 東京 ☁| Comment(0) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17cmLP「シューベルト:交響曲第8番・第1楽章」(ライナー指揮)のflacファイルのup

以下の音源ファイルをupしたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは1/11(木)に自動的に削除されます。

<シューベルト:交響曲第8番・第1楽章>
フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団
録音:1960年
17cmLP 日本ビクター SCP-3549

Schubert_Symphony_No8_1st_Movement_Reiner_Chicago_so_1960B.flac(52.6MB)
http://fast-uploader.com/file/7068597994501/
削除予定日時 2018年01月11日 10時34分08秒

上記の17cmLPはA面に「ドボルザーク:交響曲第9番・第2楽章」、B面に「シューベルト:交響曲第8番・第1楽章」が収録されており、上記はそのB面を再生したものです。この曲は2楽章から成り立っていることから、その第2楽章を加えようとしたのですが、この録音のLPもCDも持っていないため、似た傾向の「ジョージ・セル指揮クリーブランド管弦楽団」による第2楽章を加えたものを作成しました。

Schubert_Symphony_No8_Reiner_Chicago_so_Szell_Cleveland_O_1960B(セル指揮クリーブランドOと合成).flac(108MB)
http://fast-uploader.com/file/7068598134050/
削除予定日時 2018年01月11日 10時34分08

なお、このアップローダー、ダウンロード同時人数制限があるようで、もし、ダウンロード画面まで達しなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
ラベル:シューベルト
posted by matsumo at 17:03| 東京 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日(火)の「皇居東御苑」(2)

前述のごとく、2017.12.26(火)はまず、「皇居東御苑」に行きました。「二の丸庭園」より、梅林坂を上って、「本丸跡」に行きます。

171231T.jpg

171231U.jpg

南天みたいな感じの赤い実を付けた灌木のほか、

171231V.jpg

171231W.jpg

「コウシンバラ」、

171231X.jpg

「十月桜」の花が咲いていました。

171231Y.jpg

171231Z.jpg

171231ZA.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:皇居東御苑
posted by matsumo at 15:22| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日(土)の「雑司が谷七福神」(1)

正月は多くの人が七福神巡りを行い、ものすごい人の数なので、正月の2日前の2017.12.30(土)、割と楽にまわることができる「雑司が谷七福神」巡りを行ってきました。

171231A.jpg

すなわち、家より1時間ほど歩いて、10:12、地下鉄「護国寺駅」近くの「清土鬼子母神」(東京都文京区目白台2-14-9)に着きました。

171231B.jpg

本堂の左に、高さ1m以上のある「吉祥天」の石像があります。

171231C.jpg

171231E.jpg

10:17境内の後ろ側より出て、商店街「雑司が谷 弦巻通り商友会」を進みます。この通り、直角に曲がるような感じの通りで、10:20、立派な料亭(東京都豊島区雑司ヶ谷1-2)の前を通り、

171231F.jpg

10:25小さな公園があり、そこより僅かに進んだ所を右折すると、10:27小高い場所に「清立院」(東京都豊島区南池袋4-25-6)があります。石段を登ります。「毘沙門天」は本堂のガラス扉の中で、

171231H.jpg

引き戸を開けると、毘沙門天の像があり、

171231I.jpg

その奥に厨子内にも像があるが、これも毘沙門天でしょうか。

171231J.jpg

10:30ここを発ち、先程の商店街に戻り更に進むと、10:33都電「荒川線」の踏切を渡ると、10:34「雑司が谷大鳥神社」(東京都豊島区雑司が谷3-15-20)に着きました。

171231K.jpg

ここの狛犬は2組あり、拝殿に近い方の狛犬です。

171231P.jpg

171231L.jpg

171231M.jpg

拝殿の右前に恵比寿堂があり、それに向かって右には恵比寿の石像があります・

171231N.jpg

171231O.jpg

10:37ここを出て、拝殿に向かって左側の道を進むと、10:40「雑司が谷鬼子母神」(東京都豊島区雑司が谷3-15-20)に着きました。

171231Q.jpg

本堂の右前には「大黒堂」があり、

171231R.jpg

中に大黒天の木像がありました。

171231S.jpg

そして、10:41ここを発ちます。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:13| 東京 ☁| Comment(2) | 七福神巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

LP「J.S.バッハ:管弦楽組曲第4番」(リステンパルト指揮)のflacファイルのup

以下の音源ファイルをupしたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは1/11(木)に自動的に削除されます。

<J.S.バッハ:管弦楽組曲第4番>
カール・リステンパルト指揮ザール室内管弦楽団
1960年録音
LPレコード 日本コロンビア RE-1503-MU

Bach_JS_OrchestraSuite_No4_Ristenpart_SarreChamberO_1960D.flac(102MB)
http://fast-uploader.com/file/7068597523442/
削除予定日時 2018年01月11日 10時26分17秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
ラベル:バッハ
posted by matsumo at 16:32| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29(金)の「三越の第九」

2017.12.29(金)、地下鉄「三越前駅」近くの「日本橋三越百貨店」の1階中央ホールで行われた「三越の第九」を聴いてきました。

171230Y.jpg

これ、昨年は行かなかったので、2年ぶりです。このコンサートは参加している「台東区民合唱団」と4人の独唱達が、まずは、12/17(日)の「東京芸術大学・奏楽堂」にてオーケストラ「芸大フィルハーモニア」と「ベートーベン:交響曲第9番」を歌い、その後の12/29(金)に今度はピアノ2台の伴奏と共に、第4楽章のみを日本橋三越で歌うと言うもので、芸大奏楽堂でのコンサートは「第37回 台東第九」、この日本橋三越の方は「第33回 三越の第九」となっています。この第九は12:30と14:30の2回行われ、160脚程、並べられた椅子に座るには整理券が必要だそうで、それを得るには、開店前から地下1階の地下鉄通路に並ぶ必要があるのだそうです。

さて、日本橋三越の中央ホールは巨大な天女像で有名ですが、ここは床や柱の大理石、また、天井のステンドグラスは国の重要文化財になっているのだそうです。私は12:30の回を生録音しようと思って12時前に着いたのですが、既に1階のホールの周りは多数の人達がいたため、2階の見下ろせる場所に行きましたが、残念ながら、それでも前から2列目です。以前に聴いた時は無かったのですが、12時過ぎからパイプオルガンの演奏が始まり、3曲、演奏されました。私はここのパイピオルガンの音は初めて聴きましたが、室内が広すぎるためか、低域がほとんど感じられないのには驚きました。パイプオルガンよりリードオルガンと言った感じです。ともかく、パイプオルガンの荘厳な感じは無しでガッカリです。加えて、オルガンの演奏には興味がない人達がほとんどで、演奏が始まってもおしゃべりが続いたままには参りました。

この演奏が終わった後、係員が整理券を持っている人達を整理番号の若い順に10名づつ座席に誘導します。そして、座席は満杯となりました。

報道関係者以外の写真の撮影、録音・録画の禁止の旨がアナウンスされたため、デジカメとWAVE Recorderをザックの中にしまいました。ううん、一昨年まではそのような話は無かったのですが。

12:30になり、まずは、日本橋三越百貨店の本店長の挨拶があり、その後、合唱団が2階から天女像の脇の階段を下って入場、そして、独唱者達も登場、最後が指揮者で、ようやく、演奏が始まりました。

ベートーベン:交響曲第9番・第4楽章・2台のピアノ版
酒井敦指揮山口佳代(pf)・山中麻鈴(pf)・台東区民合唱団、横山和美(S)、野間愛(A)、紀野洋孝(T)、陳金きん(Br)

さて、感想ですが、合唱団の男声の数が女声の半分以下であるためもあり、また、ピアノ伴奏と言うこともあり、低域が不足していましたが、それでも、全体としては頑張った方だと思います。

それにしても、生録音禁止には参りました。と言っても、撮影禁止を無視して、やたら、スマホで写真を撮っていた若い男もいたのですが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:三越の第九
posted by matsumo at 15:39| 東京 ☀| Comment(4) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日(土)の「平塚神社」・「飛鳥山公園」・「名主の滝公園」

2017.12.23(土)は、まず、上中里駅近くの「平塚神社」(東京都北区上中里1-47-1)に行きました。

171230R.jpg

171230S.jpg

171230T.jpg

ここより、本郷通りを北上して、王子駅近くの「飛鳥山公園」に行き、「十月桜」を撮影、

171230U.jpg

171230V.jpg

更に北上しますが、京浜東北線の西側に道を進んで、王子駅より徒歩12分ほどの所にある「名主の滝公園」に行きます。

171230W.jpg

171230X.jpg

以上は、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5・IR改」(赤外線写真用改造済)+「HOYA:smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6 ALII」+「NEEWER:IR850nm」(ISO:800、WB:直射日光が当たっている芝生を白く写るように設定、絞り:F9、シャッター速度:AE、ライブビューによるAF)で撮ったものを、画像ソフトを使用してコントラストを上げたもので撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 14:59| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月 3日(日)の「厩橋地蔵尊」・「大横川親水公園」・「猿江恩賜公園」

前述のごとく、2017.12. 3(日)は地下鉄「住吉駅」近くの「ティアラこうとう・大ホール」のコンサートを聴きに行きましたが、そこに行くまでに、「諏訪神社→谷中のお寺→東京芸術大学→東京国立博物館→上野公園」と撮影し、その後は春日通りを西方向に進んで、隅田川に架かっている「厩橋」を渡りました。渡った所には「厩橋地蔵尊」が安置されています。

171230A.jpg

171230B.jpg

171230C.jpg

171230D.jpg

ここより、更に進んで、「大横川親水公園」に着くと、左折し、元は川だった細長い公園を南下します。

171230E.jpg

171230F.jpg

紅葉が綺麗です。

171230G.jpg

171230I.jpg

171230I.jpg

そのまま進むと、総武線の線路をくぐり、大通りに「京葉道路」出るので、ここより、南東方向に進むと「猿江恩賜公園」です。

171230J.jpg

171230K.jpg

171230L.jpg

171230M.jpg

171230N.jpg

171230Q.jpg

赤いもののほか、黄葉もあります。

171230O.jpg

171230P.jpg

そして、この公園を南下すれば、「ティアラこうとう」に着きます。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 14:45| 東京 ☀| Comment(0) | 地蔵尊・庚申塚等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

本「赤城耕一著 赤城写真機診療所」

赤城耕一著「赤城写真機診療所」(発行日:2017. 2.24、発行所:(株)玄光社)を読みました。これは玄光社MOOKの1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。この手の話はレンズ交換式デジカメや交換レンズを持っている者にとっては、読んでいてニコニコしてしまうものだと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:赤城耕一
posted by matsumo at 15:22| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番」(リステンパルト指揮)のflacファイルのup

以下の音源ファイルをupしたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは1/11(木)に自動的に削除されます。

<J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番>
カール・リステンパルト指揮ザール室内管弦楽団
1960年録音
LPレコード 日本コロンビア RE-1503-MU

Bach_JS_OrchestraSuite_No3_Ristenpart_SarreChamberO_1960C.flac(107MB)
http://fast-uploader.com/file/7068597340926/
削除予定日時 2018年01月11日 10時23分15秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
ラベル:バッハ
posted by matsumo at 09:47| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日(月)の「無量寺」

2017.12.25(月)、上中里駅近くの「無量寺」(東京都北区西ヶ原1-34-8)に行ってきました。

門近くには3体の地蔵尊があります。

171228Q.jpg

171228R.jpg

171228S.jpg

2つめの門をくぐります。

171228T.jpg

例年通り、沢山の藁ぼっちがあります。

171228U.jpg

171228V.jpg

171228W.jpg

171228X.jpg

また、「南天?」や、

171228Y.jpg

「葉牡丹」もあります。

171228Z.jpg

ここより、家まで歩いて戻りますが、途中、「十月桜」が咲いていました。

171228O.jpg

171228P.jpg

以上は、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:無量寺
posted by matsumo at 09:38| 東京 ☀| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日(木)の「旧古河庭園」の赤外線擬似カラー写真

前述のごとく、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5・IR改」(赤外線写真用改造済)+「HOYA:smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6 ALII」+「NEEWER:IR720nm」(WB:2500K)を使用してでの駒込駅近くの「六義園」での赤外線擬似カラー写真の撮影はうまくいかなかったことより、今度は、フィルターとして、「ケンコー:YA3」を使用して撮影してみました。なぜ、橙色のフィルター「YA3」を使用したかと言うと、インターネット上で推奨されていたIR650nmのフィルターは持っていないためで、この650nmのフィルターを使用する理由は、赤外線カラー写真の場合、赤外線だけではなく可視光線の部分も露光した方が効果があると言うためで、そう言えば、フィルム式カメラ時代は赤外線写真は赤外線フィルムを使用し、真っ赤なフィルター「R1」を使用して撮っていたそうですが、赤外線効果が弱くて良い場合はオレンジ色のフィルター「YA3」を使用すると言う話を思い出したからで、私はR1は持っていませんが、YA3は持っていたからです。

と言うことで、その状態、すなわち、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5・IR改」(赤外線写真用改造済)+「HOYA:smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6 ALII」+「ケンコー:YA3」(WB:2500K)を持参し、上中里駅近くの「旧古河庭園」に行ってきました。

171228A.jpg

それを前回と同様に、画像ソフト「GIMP」にて、色チャンネル交換、すなわち、「色→色要素→チャンネルミキサー」にて、「赤チャンネル 赤100→0、青0→100」・「青チャンネル 赤0→100、青100→0」、更に、「色→自動調整→ホワイトバランス」として、完成です。

171228B.jpg

僅かに離れた場所です。

171228C.jpg

171228D.jpg

後は、完成したもののみです。

171228E.jpg

171228F.jpg

171228G.jpg

ううん、これでも期待した程の効果はありません。このほか、フィルターを付けず、そのままの状態、と言っても、WBのみ変更したもの、すなわち、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5・IR改」(赤外線写真用改造済)+「HOYA:smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6 ALII」(WB:白熱灯)でも撮影してみました。

171228H.jpg

171228I.jpg

ううん、この状態でも、IR720あるいはYA3で撮ったのと似たものが撮影できます。と言うか、こちらは画像ソフト「GIMP」で色々と操作を行わないだけ楽です。と言うことで、現在の私の能力では、赤外線カラー写真はわざわざ撮らずに、赤外線写真用改造済みのデジカメをそのまま使って撮れば、似たようなものができるとの結論となりました。

なお、勿論、普通の写真も撮っています。

171228K.jpg

171228J.jpg

171228M.jpg

171228L.jpg

上記4枚は、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 09:27| 東京 ☀| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

本「佐伯泰英著 吉原裏同心(19) 未決」

佐伯泰英著「吉原裏同心(19) 未決」(発行日:2013.10.20、発行所:(株)光文社)を読みました。これは光文社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、長編小説で、話は2つあり、才女のものは吉原内で花魁と客の心中に見せかけた殺人事件が起こるのですが、それを解決しようとすると幕府の官僚から圧力がうやむやになってしまうと言うもの、もう1つは6名の禿が吉原から火事騒ぎの間に消えてしまうが、それは幕府のロリコン官僚が犯人であったと言うものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:佐伯泰英
posted by matsumo at 17:43| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番」(リステンパルト指揮)のflacファイルのup

以下の音源ファイルをupしたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは1/11(木)に自動的に削除されます。

<J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番>
カール・リステンパルト指揮ザール室内管弦楽団
1960年録音
LPレコード 日本コロンビア RE-1502-MU

Bach_JS_OrchestraSuite_No2_Ristenpart_SarreChamberO_1960B.flac(111MB)
http://fast-uploader.com/file/7068597210318/
削除予定日時 2018年01月11日 10時21分04秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
ラベル:バッハ
posted by matsumo at 17:12| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日(水)の「六義園」の赤外線擬似カラー写真

私は、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5・IR改」(赤外線写真用改造済)+「HOYA:smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6 ALII」+「NEEWER:IR850nm」(ISO:800、WB:直射日光が当たっている芝生を白く写るように設定、絞り:F9、シャッター速度:AE、ライブビューによるAF)にて白黒の赤外線写真をよく撮っていますが、今度は赤外線擬似カラー写真に挑戦してみました。

この擬似カラー写真は可視光線も写るIR650nm辺りの赤外線フィルターを使用してカラーで撮影し、それを画像ソフトを使用して色々と操作して仕上げるものですが、私が持っている赤外線フィルターは、IR720nm、IR760nm、IR800nm、IR850nmの4種類しか持っておらず、IR650nmの赤外線フィルターは持っていないため、それに最も近いIR720nmを使用することとしました。また、デジカメの設定ですが、インターネット上の赤外線カラー写真の撮影法に載っていた「WB:2500K」とし、以下、今まで通りの撮影法で行いました。

まずは、撮ったままのものです。

171228A.jpg

それを画像ソフト「GIMP」にて、色チャンネル交換、すなわち、「色→色要素→チャンネルミキサー」にて、「赤チャンネル 赤100→0、青0→100」・「青チャンネル 赤0→100、青100→0」とします。この操作により、空が群青色になります。

171228B.jpg

更に、「色→自動調整→ホワイトバランス」とします。

171228C.jpg

この後、色の調整を色々と行ってみたのですが、残念ながら、これ以上のものにはならなかったので、これで完成とします。

池の所で、これも上記と同じやり方です。

171228D.jpg

171228E.jpg

これも、その後、色々と行いましたが、これ以上のものとはならなかったことより、以降はこのやり方を踏襲します。

171228G.jpg

171228H.jpg

171228I.jpg

171228J.jpg

上記を含めて、大きな池の周りを動きながら撮っています。

171228K.jpg

171228L.jpg

171228M.jpg

171228N.jpg

最後が門近くの大きな枝垂れ桜です。

171228O.jpg

と言うことで、もう少し、色々な色が出る写真を期待したのですが、残念ながら、この程度しかできませんでした。

以上は、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5・IR改」(赤外線写真用改造済)+「HOYA:smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6 ALII」+「NEEWER:IR720nm」(ISO:800、WB:2500K、絞り:F9、シャッター速度:AE、ライブビューによるAF)で撮ったものを、画像ソフト「GIMP」を使用して、色チャンネル交換等を行ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:44| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日(火)の「皇居東御苑」(1)

前述のごとく、2017.12.26(火)は、まずは、東京駅より歩いて、「皇居東御苑」に行き、その後は、皇居「北の丸公園」、そして、「小石川後楽園」と撮影してきました。内、「皇居東御苑」です。

大手門の開門と同時に中に入り、「二の丸庭園」に行きます。

171228P.jpg

171228Q.jpg

「諏訪の茶屋」です。

171228R.jpg

171228S.jpg

ここより、「梅林坂」に行きます。インターネット上に載っていた通り、梅の花は咲き始めています。

171228T.jpg

171228X.jpg

171228Y.jpg

171228Z.jpg

171228ZA.jpg

梅の花はやはり、青空を背景に撮影する方が綺麗です。

171228U.jpg

171228V.jpg

171228W.jpg

坂道を上がると、「紅梅」の花が僅かに咲いています。

171228ZB.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:皇居東御苑
posted by matsumo at 16:09| 東京 ☀| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

本「佐伯泰英著 吉原裏同心(16) 仇討」

佐伯泰英著「吉原裏同心(16) 仇討」(発行日:2012. 3.20、発行所:(株)光文社)を読みました。これは光文社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、長編小説で、吉原でスリが横行するが、それは吉原に進出しようとする輩が親玉だったと言うもので、それに、連発の銃をもった輩が出てきて、それをやつけるために出刃包丁の投げ技を習います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「シベリウス:バイオリン協奏曲ニ短調」(ウィックス)のflacファイルのup

以下の音源ファイルをupしたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは1/11(木)に自動的に削除されます。

<シベリウス:バイオリン協奏曲ニ短調>
カミラ・ウィックス(vn)、シクステン・エールリンク指揮ストックホルム放送管弦楽団
1952年録音
LPレコード 東芝EMI GR-2202

Sibelius_ViolinConcerto_D_minor Wicks_Ehrling_StockholmRadio_so_1952A_B.flac(113MB)
http://fast-uploader.com/file/7068597735653/
削除予定日時 2018年01月11日 10時29分49秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
ラベル:シベリウス
posted by matsumo at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日(水)の「小石川後楽園」(1)

前述のごとく、2017.12.13(水)は、まずは、新宿駅近くの「新宿御苑」に行きましたが、その後は、四谷駅前に行き、線路伝いの道を進んで、市ヶ谷駅近くの「市谷亀岡八幡宮」、そして、飯田橋駅近くの「小石川後楽園」に行きました。

内、「小石川後楽園」で、入口より入って左折して、少し進んだ所の小さな池の辺りです。紅葉は、終わりに近くなっていましたが、まだ、残っていました。

171227P.jpg

171227Q.jpg

171227S.jpg

171227R.jpg

朱色の橋の所に行きます。

171227T.jpg

171227U.jpg

171227V.jpg

この橋を渡った所から撮った紅葉です。

171227W.jpg

171227Y.jpg

171227X.jpg

171227Z.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:小石川後楽園
posted by matsumo at 16:20| 東京 ☀| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月 7日(木)は

2017.12. 7(木)は11/20(月)よりしばらく通っていた浅草橋駅近くの歯医者さんへの最終日で、いつもの通り、家から1時間半程かけて歩いて南下したのですが、勿論、その途中で撮影しています。

すなわち、西日暮里駅と日暮里駅の間のある「養福寺」(東京都荒川区西日暮里3-3-8)です。まだ、一部の紅葉が残っていました。

171227A.jpg

171227B.jpg

そして、浅草橋駅近くの「鳥越神社」(東京都台東区鳥越2-4-1)です。

ここも紅葉が残っていました。

171227C.jpg

171227D.jpg

171227E.jpg

歯医者さんで治療終了後は、西方向に進んで、お茶の水駅近くの「神田明神」(東京都千代田区外神田2-16-2)に行きます。

171227F.jpg

171227G.jpg

171227H.jpg

ここより更に西方向に進んで本郷通りに出て、右折し、北上し、地下鉄「本駒込駅」近くの「吉祥寺」(東京都文京区本駒込3-19-17)に行きます。「サザンカ」の花が咲いています。

171227I.jpg

171227J.jpg

境内には「イチョウ」の黄葉、

171227K.jpg

171227L.jpg

「柿」の実、

171227M.jpg

そして、「十月桜」の花が咲いていました。

171227N.jpg

171227O.jpg

そして、ここより更に北上して、家に戻りました。

以上は、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:07| 東京 ☀| Comment(2) | 地蔵尊・庚申塚等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

本「南谷真鈴著 冒険の書」

南谷真鈴著「冒険の書」(発行日:2016.12.15、発行所:山と渓谷社)を読みました。

さて、感想ですが、まあまあと言うか、残念な本でした。と言うのは、話が軽すぎと言うか、内容が軽すぎだからです。と言うのは、これ、全192ページ中、日本語ページが150ページ程、そして、日本語ページを翻訳した米語ページが40ページ程なのですが(もしかして、最初に米語で書いたものを日本語に訳したのかもしれませんが)、ともかく、日本語ページは文字が大きいこともありますが、米語で40ページ程の内容しかないものだからです。

あ、著者は海外に12年間住んでいた帰国子女で、香港に住んでいた時に山登りに目覚め、日本に戻って大学に入ってから、世界7大陸の最高峰、全てを登ったと言うことで、その7つの山登りに関して書いているのですが、それがあまりに簡単にできてしまったように思えるような書き方なので、ものすごい違和感を覚えたからです。加えて、1つ1つの山登りについての記載が短いこともあります。

それにしても、この山登り、いわゆる商業登山で、商売人のリーダーの下のグループ登山なのですから、確かにすごいこととは思いますが、それでも、すごい違和感を覚えます。これならば、まだ、あの栗城氏のエベレスト登山の方が、自分たちでやっているだけ、まだ、マシなのかと思う程です。

後、やはり、帰国子女と言うのは、日本でずっと過ごしていた者と考え方が異なるのではと思いました。

それにしても、この本の山場は、エベレストのキャンプ3での夜に、専用世話人シェルパに襲われたことで、ううん、男が大部分の状態で、その手のことがあること、知らなかったのかと思いました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:南谷真鈴
posted by matsumo at 18:00| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「J.S.バッハ:管弦楽組曲第1番」(リステンパルト指揮)のflacファイルのup

以下の音源ファイルをupしたので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは1/11(木)に自動的に削除されます。

<J.S.バッハ:管弦楽組曲第1番>
カール・リステンパルト指揮ザール室内管弦楽団
1960年録音
LPレコード 日本コロンビア RE-1502-MU

Bach_JS_OrchestraSuite_No1_Ristenpart_SarreChamberO_1960A.flac(117MB)
http://fast-uploader.com/file/7068597013250/
削除予定日時 2018年01月11日 10時17分47秒

なお、このアップローダー、調子が悪い時があり、もし、ダウンロード画面まで達しなかったり、その画面に達してもダウンロードできなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。

12/26(火)より1/8(月)までは高校生以下の冬休みと言うことで、flacファイルを毎日upする予定です。
ラベル:バッハ
posted by matsumo at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月14日(金)の「六義園」(3)

前述のごとく、2017. 4.14(金)は枝垂れ桜や染井吉野の花はほぼ終わっている「六義園」(駒込駅近く)に行ってきました。

大きな池のそばの茶店のそばでは、染井吉野以外に、黄色い「山吹」の花も満開です。

171226O.jpg

171226P.jpg

171226Q.jpg

このほか、僅かですが、「ツツジ」の花も咲いています。

171226R.jpg

171226S.jpg

171226U.jpg

171226T.jpg

茶店の後ろはやや小高い場所になっており、その尾根を過ぎた所に、「花海棠」の木が何本かあり、花が咲いています。

171226V.jpg

171226W.jpg

171226X.jpg

upです。

171226Y.jpg

171226Z.jpg

と言うことで、本日は、青空の下、染井吉野、ツツジ、山吹、花海棠のほぼ満開の状態の撮影ができて良かったです。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:六義園
posted by matsumo at 17:29| 東京 ☀| Comment(4) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日(火)の「小石川後楽園」の赤外線写真(1)

2017.12.26(火)、昨日に引き続き、本日も朝から青空だったので、まずは、先日、果たせなかった「皇居東御苑」に行き、その後は、皇居「北の丸公園」、そして、「小石川後楽園」と撮影してきました。内、地下鉄「後楽園駅」近くの「小石川後楽園」です。

まずは、入口より入ってすぐの突き当たりの辺りです。あ、撮っているのは木や草の緑が白く写る赤外線写真です。

171226A.jpg

171226B.jpg

左折し、小さな池の所に行きます。

171226C.jpg

池のそばの崖みたいな所に行きます。

171226D.jpg

171226E.jpg

上から見下ろします。

171226F.jpg

171226G.jpg

171226I.jpg

171226H.jpg

171226J.jpg

171226K.jpg

池のすぐそばまで下ります。

171226L.jpg

171226M.jpg

171226N.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:小石川後楽園
posted by matsumo at 16:53| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

本「小林千穂著 脱・初心者! もっと楽しむ山登り 山ガール先輩のクール・メソッド62」

小林千穂著「脱・初心者! もっと楽しむ山登り 山ガール先輩のクール・メソッド62」(発行日:2017. 8.11、発行所:(株)講談社)を読みました。

さて、感想ですが、まあまあでした。これも文字と行間隔が大きいもので、ううん、初心老人登山者向けなのでしょうか(笑)。

この本の良い所は、珍しくも山道を荒らすストックの使用を奨めていないことでしょうか。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:小林千穂
posted by matsumo at 17:00| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日(日)の「都民交響楽団 2017年特別演奏会」

2017.12.24(日)、上野駅近くの「東京文化会館・大ホール」にて「都民交響楽団 2017年特別演奏会」を聴いてきました。

171225R.jpg

聴衆の入りは座席の95%程度と盛況で、演奏された曲は以下です。

(1)ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲
(2)ベートーベン:交響曲第9番
末廣誠指揮都民交響楽団、ソニー・フィルハーモニック合唱団、文屋小百合(S)、菅有実子(A)、渡邊公威(T)、大山大輔(Br)

まずは、舞台の状況ですが、(2)では合唱団は最初から舞台に上がった状態で、ソリスト4名のみ、第2楽章と第3楽章の間に舞台に上がりました。また、合唱団ですが、やはり、女声が多く、男声は女声の約半分でした。

さて、感想ですが、全体的に低音不足な感じです。オケの編成をみると、コントラバスは11名もいると言うのに、妙に低音が聞こえません。あ、私の席は1階席中央後方ですので、それほど悪い席ではないので、実際、低音が不足しているのだと思います。このため、(1)も食い足りないと言うか、もっと、雄大で敬虔な感じが欲しいと思いましたし、(2)もううん、合唱団も低音不足、オーケストラも低音不足と思いながら聴いてしまいました。また、(2)では合唱団も低音不足で、先日のコンサートで聴いた第九の時のように、やはり、男声を女声と同じ位の人数が必要だと思いました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:都民交響楽団
posted by matsumo at 16:17| 東京 ☀| Comment(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日(日)の「東京国立博物館」のミニコンサート

上野駅近くの「東京国立博物館」では「12/23(土)〜12/25(月)」に「トーハク感謝DAY」が行われ、入館料は無料となるほか、本館及び本館前庭ではライトアップが行われ、加えて、12/23(土)は1日4回(11時、15時、17時半、19時半)、12/24(土)・12/25(日)は1日2回(11時・15時)のミニコンサートが本館エントランス、平成館ラウンジ及び法隆寺宝物館エントランスで行われました。そして、私は、2017.12.24(日)に本館エントランスで11時開始のミニコンサートに行ってきました。勿論、演奏の生録音のためです。と言うのは、この日は上野駅近くの「東京文化会館」でのコンサートが14時からあり、このコンサート前に聴くことにしたと言う訳です。

10時頃に東京国立博物館の前に着き、とりあえず、本館内と、平成館内の古代展示を観ましたが、古代展示の中の板碑の素晴らしさには驚きました。そして、本館の玄関から入ったすぐの所の中央階段上の2階にて、ミニコンサートが始まるのを待ちます。1階の方が良いとは思いますが、1階だと玄関の自動ドアがあり、冷たい風が入りそうなので、暖かい2階にしたと言う訳です。中央階段では10:30頃からコンサートの準備が始まっていました。1階で待っている人の数はわかりませんでしたが、2階で待っていたのは合わせて10名位と意外な少なさでした。

11時開始予定でしたが、実際に始まったのは11:05頃でした。演奏はまず、2人組のグループ「ジュスカ・グランペール」(ひろせまこと(バイオリン)・高井博章(ギター))により始まりました。

171225A.jpg

演奏されたのは以下の3曲です。

(1)オリジナル曲:ジプシーダンス
(2)オリジナル曲:三条大橋の下で
(3)ホルスト:「惑星」より「木星」

171225B.jpg

アコースティックの2人組ですが、マイクを通すことにより、大きな音になっているほか、イコライザーでも通しているのか、低音が妙に強調されています。加えて、ここはものすごくライブな場所で、公衆浴場よりももっと響き、ものすごいエコー量です。あまりの響き過ぎで、曲と曲の間でしゃべっている内容がうまく聞き取れず、3割位がわからないほどです。

そして、チェロのウィリアム・プランクル氏が加わって、3人で演奏します。

171225C.jpg

(4)ベートーベン:ピアノソナタ「悲愴」・第2楽章
(5)オリジナル曲:夢桜
(6)オリジナル曲:ロング・ロング・アゴー
(7)オリジナル曲:世界のために緑のごよう

あ、私は2階の中央付近に立ち、WAVE Recorder「ZOOM:H2n」を使って生録音します。

171225D.jpg

そして、11:52頃、演奏が終わりました。

171225E.jpg

私は30分程度のミニコンサートだと思っていたのですが、50分近かったのには驚きました。演奏自体は良い曲を集めていて、中々、良かったです。生録音した甲斐がありました。ただし、前述のごとく、強烈なエコーには参りました。それにしても、バイオリンとギターのグループに、折角、チェロが加わったのですから、ピアソラのリベルタンゴをチェロで演奏して欲しかったです。

以上は、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 14:46| 東京 ☀| Comment(4) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日(土)の皇居「北の丸公園」

前述のごとく、2017.12.23(土)は地下鉄「九段下駅」近くの皇居「北の丸公園」に行きましたが、赤外線写真以外に普通の写真も撮りました。

すなわち、北の丸公園の中のモミジ林で、

171225G.jpg

171225H.jpg

まだ、紅葉しているモミジが残っていました。

171225I.jpg

171225K.jpg

171225J.jpg

171225L.jpg

171225P.jpg

171225Q.jpg

私は今まで全く気がつかなかったのですが、このモミジ林のそばに滝があり、そのそばにも、紅葉がありました。

171225M.jpg

171225N.jpg

171225O.jpg

と言うことで、この北の丸公園の中に滝があることを知ったことが本日の収穫でした。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:北の丸公園
posted by matsumo at 14:04| 東京 🌁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

本「佐伯泰英著 吉原裏同心(15) 愛憎」

佐伯泰英著「吉原裏同心(15) 愛憎」(発行日:2011. 10.20、発行所:(株)光文社)を読みました。これは光文社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、長編小説で、火事で焼けた吉原が再建されるが、今度は太夫の禿(かむろ)が誘拐されてしまう。これは長崎の遊女屋の江戸進出のためであったと言うものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:佐伯泰英
posted by matsumo at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の入手品

最近の入手品です。

171224ZD.jpg

すなわち、神田神保町の三省堂で税込み2,160円で入手した本と、秋葉原のソフマップで税込み338円で入手したテーブルタップです。後者、税別で「330円」、本日はそれを通信販売価格より安い「313円」と書かれていたので、入手したのですが、その時の最初の支払いは556円でした。あれ、何か高いなと思ったのですが、そのまま支払って店を出て、レシートを見ながら計算すると、何と、313円ではなく330円での請求を受けていたのでした。と言うことで、すぐに店に引き返して指摘すると、店員さんは店頭のテーブルタップの所に行き、価格を確認、そして、謝りながら差額の18円を戻してくれました。

こうなった原因はレジに新しい価格が登録されていなかったためですが、いずれにしろ、支払いする時は十分注意する必要があると言うことを痛感しました。

このテーブルタップの入手理由は20年間以上、使ってきたものの電源プラグを差し込む部分が緩くなってしまったので、その代替えとしてです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:53| 東京 ☀| Comment(0) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする