2017年05月23日

17cmLP”ロッシーニ:「ウィリアム・テル」序曲・「セビリアの理髪師」序曲”のFLACファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしておりますので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは5/31(水)に自動的に削除されます。

<ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲>
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団
1960年録音
(株)河出書房新社 世界音楽全集8「ウェーバー・ロッシーニ」付録の17cmLP

Rossini_Oera_WilliamTell_Overture_Karajan_Philharmonia_O_1960A.flac(51.7MB)
http://fast-uploader.com/file/7050542722044/
削除予定日時 2017年05月31日 11時12分56秒

<ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」序曲>
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団
1958年録音
(株)河出書房新社 世界音楽全集8「ウェーバー・ロッシーニ」付録の17cmLP

Rossini_Oera_Il_Barbiere_di_Siviglia_Overture_Karajan_Philharmonia_O_1960B.flac(34.3MB)
http://fast-uploader.com/file/7050542891262/
削除予定日時 2017年05月31日 11時15分45秒

なお、このアップローダー、ダウンロード同時人数制限があるようで、もし、ダウンロード画面まで達しなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
タグ:ロッシーニ
posted by matsumo at 19:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年 3月18日(木)の「上野動物園」の大きな写真

前述のごとく、2010年 3月18日(土)は上野駅近くの「上野動物園」に行きました。

170523Z.jpg

その時に撮った3枚です。

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=00b3c95e-8f56-4f6f-a32a-0c96efb374da

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月20日(土)の「谷津バラ園」(2)

京成電鉄「谷津駅」近くの「谷津バラ園」の春バラは満開とのことで、2017. 5.20(土)、行ってきました。次に、大バーゴラを外から撮影します。

170523K.jpg

170523J.jpg

170523L.jpg

170523M.jpg

170523O.jpg

170523N.jpg

170523P.jpg

170523Q.jpg

ともかく、人がいない内に、ドンドン、撮影して行きます。

170523R.jpg

170523S.jpg

170523T.jpg

170523W.jpg

170523U.jpg

170523X.jpg

170523V.jpg

170523Y.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:谷津バラ園
posted by matsumo at 18:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月20日(土)の「谷津バラ園」(1)

京成電鉄「谷津駅」近くの「谷津バラ園」の春バラは満開とのことで、2017. 5.20(土)、行ってきました。ここの開園は9時ですので、8:50頃に門前に着き、キップを売り始めたのが8:55、そして、2分前の8:58、中に入ることができました。待っていたのは10名ほどで、人が少ない内に、広い景色を撮影して行きます。その後は、景色となります。

と言うことで、まずは、入って右奧にある「大バーゴラ」に入る場所です。

170523C.jpg

170523A.jpg

170523F.jpg

170523B.jpg

170523G.jpg

170523I.jpg

170523H.jpg

大バーゴラの所に行く門みたいな感じの所です。

170523D.jpg

170523E.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:谷津バラ園
posted by matsumo at 18:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

17cmLP「ベートーベン:交響曲第5番」(ドラティ指揮)のFLACファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしておりますので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは6/16(金)に自動的に削除されます。

<ベートーベン:交響曲第5番>
アンタール・ドラティ指揮ロンドン交響楽団
Antal Dorati - London Symphony Orchestra
1962年録音
17cmLP、日本ビクター(株) SFX-3501

Beethoven_Symphony_No5_Dorati_London_so_1962A_B.flac(135MB)
http://fast-uploader.com/file/7050547811021/
削除予定日時 2017年06月16日 12時37分45秒

なお、このアップローダー、同時ダウンロード人数制限があるようで、もし、ダウンロード画面まで達しなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
posted by matsumo at 19:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の入手品

最近の入手品です。

170522H.jpg

すなわち、秋葉原の「ハードオフ・ジャンク館」で税込み108円で入手したドーナツ盤レコードと、「パレットタウン」で税込み108円×2で入手した「メガネケーブル」です。

ハードオフ・ジャンク館に行ったら、ドーナツ盤と17cmLPが大量に入荷していたので、早速、チェックしたのですが、埃だらけ、外側のビニール袋が変質している汚いものが大部分で、ようやく、見つけたものが上記でした。メガネケーブルはパソコンや外付けハードディスク用のACアダプターでよく使われているものですが、電線部の折り曲げ等が多いためか、線が途中で切れたりすることがあるので、その予備用として入手しました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月21日(日)の「小野照崎神社・大祭」の氏子町内神輿の連合渡御

前述のごとく、2017. 5.19(金)〜5/21(日)は、鴬谷駅近くの「元三島神社」、「小野照崎神社」及び「浅草神社」の大祭で、5/21(日)は、「小野照崎神社」では氏子町内神輿の連合渡御が、「浅草神社」では「本社神輿各町渡御」が行われるのですが、午後は、地下鉄「東新宿駅」近くの「新宿文化センター・大ホール」で行われるコンサートを聴きに行かねばならないので、浅草神社の「本社神輿各町渡御」の撮影の次は、「小野照崎神社」の氏子町内神輿の連合渡御を撮影しました。

小野照崎神社の大祭のポスターには「連合渡御・中入谷交差点集合・10時〜12時」と大きく書かれていたので、浅草神社の本社神輿各町渡御の撮影を9:55で終了とし、急いで、言問通りの中入谷交差点に行ったのですが、ここと交差している左衛門橋通りに集まっている神輿は10時過ぎても発進する気配はありません。結局、連合渡御が始まったのは何と10:35でした! ううん、それならば、最初からそう書けと言いたくなります。これでは何のため、急いで、浅草からこちらに戻ってきたか、わかりません。30分あれば、もっと、三社祭りを撮影できたと思います。

加えて、この神輿の連合渡御、今までは、東方向、すなわち、左衛門橋通りを出て右折して、言問通りを浅草に向かって進んでいたのですが、今回は反対方向、すなわち、鶯谷駅方向に進みます。このため、いつもはほとんど見物している人はいないのですが、今回は、結構な数の人が歩道から見物しています。特に、白人が目立ちます。

170522I.jpg

氏子町内神輿の連合渡御の行列は、まず、

金棒引き、町会役員、鳶職、神職、

170522J.jpg

幡、町会役員、

170522K.jpg

祭囃子、

170522L.jpg

その後は町内神輿が計9基、続きます。

170522M.jpg

170522N.jpg

170522O.jpg

170522P.jpg

170522Q.jpg

と言っても、幾つかの町内で1基の神輿を担いでいるのも多かったです。

170522R.jpg

170522S.jpg

170522T.jpg

170522U.jpg

そして、地下鉄「入谷駅」がある昭和通りを渡ってしばらく進んだ所で、撮影を終了としました(11時頃)。その後は、上野を通り、秋葉原を経由して、地下鉄「淡路町駅」まで歩き、そこより、「新宿三丁目駅」に行き、新宿文化センターに行きました。

と言うことで、30分間ほど、無駄な時間を過ごす羽目になりましたが、本来の目的であった映像を撮影することができ、良かったです。

以上は、コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月21日(日)の「浅草神社・三社祭」の「本社神輿各町渡御」

2017. 5.19(金)〜5/21(日)は、鴬谷駅近くの「元三島神社」、「小野照崎神社」及び「浅草神社」の大祭で、5/21(日)は、「小野照崎神社」では氏子町内神輿の連合渡御が、「浅草神社」では「本社神輿各町渡御」が行われるのですが、午後は、地下鉄「東新宿駅」近くの「新宿文化センター・大ホール」で行われるコンサートを聴きに行かねばならないので、まずは、浅草神社の「本社神輿各町渡御」の撮影を行いました。

ここの本社神輿渡御は、3基の本社神輿、すなわち、一之宮、二之宮及び三之宮がそれぞれ、西部、南部、東部地区をまわるので、鶯谷駅に近い場所をまわる一之宮を撮影することとしました。すなわち、8:45頃に、国際通りで花やしき通りからの延長線の交差点に着くとと、ちょうど、一之宮の担ぎ手が交代している所でした。さすがに人は多いですが、それでも、いつもより少な目な感じです。8:50頃に神輿は発進し、国際通りを南下し、右折して、今度は合羽橋本通りを西方向に進みます。

行列の先頭は、天狗(猿田彦)、賽銭箱、大きな太鼓で、

170522A.jpg

その後ろが町会役員、

170522B.jpg

そして、本社神輿(一之宮)です。

170522C.jpg

170522D.jpg

途中で担ぎ手の交代、すなわち、氏子町内から隣の氏子町内への引き渡しが行われますが、その際、神輿に飾られている紙垂(しで)が鳶職により交換されます。

170522E.jpg

170522F.jpg

神輿はその後、合羽橋道具街の通りに出て、右折し、今度は北上しますが、そこで、10時近くなったので、撮影を終了としました。

170522G.jpg

なお、人出ですが、合羽橋本通りも合羽橋道具街も思ったほどの人出ではなかった上、神輿もここの特長であるユラユラはあまりなかったので、割と撮りやすかったです。

以上は、コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

本「梓林太郎著 尾瀬ヶ原殺人事件」

梓林太郎著「尾瀬ヶ原殺人事件」(発行日:2005. 3.15、発行所:(株)徳間書店)を再読しました。

さて、感想ですが、つまらなかったです。これ、上高地近くの霞沢岳で、女性の絞殺死体、男性の落下死体が見つかり、それを捜査している最中に、関係者が東京で殺されると言うものです。しかしながら、いずれも禄でもない人間ですので、事件が解決しても、スッキリ感はない代物でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:梓林太郎
posted by matsumo at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月21日(日)の「新宿フィルハーモニー管弦楽団 第77回定期演奏会」

2017. 5.21(日)、新宿駅近くの「新宿文化センター・大ホール」にて、「新宿フィルハーモニー管弦楽団 第77回定期演奏会」を聴いてきました。

170521Q.jpg

聴衆の入りは座席の95%程度で、演奏された曲は以下です。

(1)ブラームス:交響曲第1番
(2)レスピーギ:組曲「鳥」
(3)レスピーギ:交響詩「ローマの松」
(4)マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
(5)レスピーギ:交響詩「ローマの松」より「アッピア街道の松」
長田雅人指揮新宿フィルハーモニー管弦楽団

このプログラム、何と、重い交響曲が最初にあり、休憩を挟んで組曲と交響詩と普通とは逆のものです。おそらく、(3)のドハデな演奏効果を狙ったものでしょうね。また、コンサートマスターですが、と言うか、本当はコンサート・ミストレスですが、彼女だけ、スカートは黒、胸部は銀色、両肩は丸出しと言うか、胸から下しかないロングドレス姿で、他の女性団員は地味な黒のスカートと白のブラウス姿だったので、非常な違和感でした。独奏者ならば、わかるのですが、コンサートミストレスですから。もっとも、どこかのオーケストラのように女性団員は全員ドレス姿だったら、華やかな感じで良いのですが。

さて、感想ですが、(1)はまあまあで、特に第4楽章は素晴らしかったです。(2)は全5曲ですが、第2曲「鳩」は独奏オーボエとバイオリンが素晴らしかったです。また、第5曲「郭公」も中々でした。

(3)は「フルオーケストラ+打楽器群+ピアノ・チェレスタ・オルガン+トランペット8本・トロンボーン4本」と大編成で、鮮烈な音と大音響の演奏でした。ただし、パイプオルガンの演奏時、奏者にライトが当たり、休符の時はライトが消えていたのには笑ってしまいました。第1楽章〜第3楽章は普通のデキで、と言っても、第2楽章の舞台裏でのトランペットは今三でしたが、第4楽章の「アッピア街道の松」は舞台の脇に「トランペット8本・トロンボーン4本」が加わって、そのステレオ効果と共に、圧倒的な演奏でした。なお、オルガンですが、ライトが付いた時に演奏しているので、その効果がよくわかりましたが、メインはオーケストラの低音より更に低い音を出していたのには驚きました。何だか、曲に雰囲気を加えているような感じですね。

(4)(5)はアンコール曲でしたが、(4)はオルガンも加わっていることから選ばれたのでしょうが、奏者達の疲れもあるのでしょうが、(4)は冴えない感じ、また、(5)も(3)の時の方が遙かに素晴らしかったです。

と言うことで、本日は(2)の第2曲と、(3)を聴けたことが収穫でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月12日(金)の「西新井氷川神社」

前述のごとく、2017. 5.12(金)は東武鉄道「大師駅」近くの「西新井大師」に「芍薬」の花の撮影に行きましたが、その後は、家まで歩いていく途中に、すぐそばにある「西新井氷川神社」(東京都足立区西新井本町1-17-32)に寄りました。

170521H.jpg

170521I.jpg

狛犬です。

170521J.jpg

170521K.jpg

ここの境内は「ツツジ」の花が多く、加えて、それらが満開状態でした。

170521P.jpg

170521L.jpg

170521M.jpg

170521N.jpg

170521O.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月20日(土)の「浅草神社」の「三社祭」の「町内神輿連合渡御」

前述のごとく、5/19(金)〜5/21(日)は「浅草神社」の「三社祭」で、2017. 5.20(土)は浅草氏子44ヶ町の町内神輿約100基が、浅草寺本堂裏広場に参集し、一基ずつ発進して、浅草神社でお祓いを受けた上で、各町会へ渡御する「町内神輿連合渡御」が行われたのですが、当日は、まず、京成電鉄「日暮里駅」より「谷津駅」に出て、「谷津バラ園」に行ってバラの花の撮影後、谷津駅より押上駅に行き、そこより歩いて、浅草に出ました。11:00頃に伝法院通りに行くと、何と、もう町内神輿が西方向に進んでいました。そして、右折し、仲見世を浅草寺・本堂に向かって進みます。

170521A.jpg

一方、伝法院通りを西から東に向かって進んでくる町内神輿もあり、そちらは左折して、仲見世を進みます。

170521B.jpg

すなわち、神輿は東から、西から、交合に仲見世に向かって進みます。ここで、30分間程、撮影後、今度は、浅草寺の本堂前、すなわち、二天門からの通りに陣取ります。

170521C.jpg

ここは先程の仲見世からの神輿に加えて、二天門からの神輿も来て、本堂の前で神輿を上げて敬意を示し、そして、本堂に向かって左側を進みます。

170521D.jpg

12:05位まで、神輿は続き、その後は、浅草神社の境内の脇から入って、神職がお祓いをしている所を撮影し(神輿を上に上げます)、

170521E.jpg

終了とします。

本当はもっと撮影しても良かったのですが、当日は強烈な直射日光の上、夏のような暑さで、また、午前中はバラ園の撮影も行ったこともあり、疲れてしまったので、止めたと言う訳です。

なお、人出ですが、思ったより少ない(と言っても、ものすごい数ですが)上、警官による規制も少なかったので、撮りやすかったです。

それにしても、昨年も本堂前で撮影しましたが、その時は11時半〜12時だったと思います。それが今年は少なくとも11時〜12時で、沢山の神輿が本堂前を通過しましたで、昨年までとは氏子町内神輿のルートが変わったのでしょうか。

以上は、コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

本「川渕圭一著 吾郎とゴロー 研修医純情物語」

川渕圭一著「吾郎とゴロー 研修医純情物語」(発行日:2011. 8. 5、発行所:(株)幻冬舎)を読みました。これは幻冬舎文庫の1冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったです。これ、ものすごくまじめで、患者より医療の進歩を優先して考えている研修医が、現在いる病院で死んだ人の幽霊により、患者のことを考える医師になると言うもので、幽霊が出てくる時点で、ううんと言う感じになってしまいました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:川渕圭一
posted by matsumo at 19:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の入手品

最近の入手品です。

170520ZC.jpg

すなわち、秋葉原の「ブックオフ」で税込み200円で入手した本と、秋葉原の杉元ガレージで200円で入手した電池です。

本ですが、同じもの、既に入手していました! でも、カバーが異なるのですね。私が入手済みだったのは「第1版」で、ブックオフで入手したものは第2版で、どうやら、カバーだけ替えて、発売したようです。

また、電池は「Mondpalast:ワイヤレスドアベル」(送料税込み1,595円)で使えるもので、初めて見た種類の電池で、こりゃあ、日本では入手できないと思っていたのですが、秋葉原のジャンク街で入手することができました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月19日(金)の「浅草神社」の「三社祭」の「大行列」

前述のごとく、2017. 5.19(金)〜5/21(日)は地下鉄「浅草駅」近くの「浅草神社」の「三社祭」で、5/19(金)は、10:00からは「びんざさら」の行列が千束を中心にまわり、13:00からは「お囃子屋台・鳶頭木遣り・びんざさら・手古舞・芸者・白鷺の舞」等からなる「大行列」が、「東京浅草組合」前から「柳通り、馬道通り、雷門通り、雷門、仲見世通り、鳥居、浅草神社社殿」前まで練り歩く(今年は「東回り」でした)ので、映像の撮影を主な目的に行ってきました。

行列は定刻通りより5分前の12:55頃に発進し、まずは、柳通りを通るので、そこで待ち受けました。行列は「お囃子屋台」が先頭で、

170520O.jpg

次が「金棒曳き」と「鳶職」達で、はじめの数分間は木遣りを謡っていますが、行列は発進したばかりと言うのに、しばしば止まるのが困りものです。

170520P.jpg

そして、「神職」達と氏子町会役員、

170520Q.jpg

午前中にも撮影した「びんざさら舞」の人達、

170520R.jpg

「手古舞」と

170520S.jpg

「芸妓」さん達、

170520T.jpg

そして、最後が「白鷺の舞」の人達です。

170520U.jpg

「白鷺の舞」は、まず、柳通りに出る直前で舞われ、その次は、柳通りに出て30m程進んだ所で行われました。おそらく、柳通りで、もう1回、行われたと思いますが、私は、馬道通りに行ったので、確認していません。そして、馬道通りでは、行列がしばしば、結構、長い時間、止まるので、芸者さんを中心に撮影しました。

まずは、京都の舞妓さんを真似た「振袖さん」で、ぽっくりを履いています。

170520W.jpg

170520X.jpg

170520Y.jpg

170520Z.jpg

芸者さんが扮した手古舞です。

170520ZA.jpg

そして、白鷺の舞の人達です。

170520ZB.jpg

以上は、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月19日(金)の「浅草神社」の「三社祭」の「びんざさら」

2017. 5.19(金)〜5/21(日)は地下鉄「浅草駅」近くの「浅草神社」の「三社祭」で、5/19(金)は「びんざさら」の行列が氏子町内をまわるとのことで、例年通りに映像の撮影を目的に行ってきました。この「びんざさら」と言うのは「五穀豊穣を祈願して行われる舞で田楽の一種」で、「ひさご通り」の北口より「言問通り」を渡って千束通りを北方向に30m程、進んで右折したすぐの所「浅草三丁目東町会会館」前が出発地点で、行列は10時に出発し、まずは、ひさご通りの延長である「千束通り」を北方向に進みます。しかしながら、私が9:55頃に現地に着きましたが、既に行列は会館前を出発し、ちょうど、千束通りを渡ろうとしている所で、走って行って、撮影を開始しました。

行列の構成ですが、行列は「幡」、

170520B.jpg

上に鉄製の輪が4〜6個付いた鉄製の棒である「金棒」を持った「金棒引き」と氏子町内の「役員」、

170520C.jpg

170520D.jpg

「獅子頭」、

170520E.jpg

スピーカー?、

170520F.jpg

「太鼓」、

170520G.jpg

横笛を吹く人と拍子木をたたく人、長さ約15cm、厚さ0.6cmの檜の板を108枚重ねた木製のもので、左右両端を両手で持ち、アコーディオンのように開いたり閉じたりすると、板と板がふれ合って音を出す「びんざさら」を持った人達、

170520H.jpg

170520I.jpg

「太鼓」を持った人、

170520J.jpg

最後の沢山の役員の人達から成り立っています。

170520K.jpg

行列は、しばらく北方向に進んだ後、左折して、すぐの町会の御酒所の前に行き、

170520L.jpg

まずは、町会長の挨拶、次に、三三七拍子、そして、拍子木を持った人、横笛を吹く人達、前に太鼓を持った人達、びんざさらを持った人達が演奏を行い、代表者が持っている扇子の中に「切麻(きりぬさ)」が入っていて、軽い舞の後、

170520M.jpg

扇子でボールを投げるような動作を行い、扇子の中にあった紙片を紙吹雪状に撒きます。

170520N.jpg

これが3回、行われ、これで、終わりで、次の御酒所に向かいますが、2つ目は御酒所でなく、小学校の校庭で、そこでは児童達が校庭で一行を待っており、そこを1周しながら、2回、舞と紙吹雪を行いますが、その際、舞う人は3名もいました。ここより、先程の千束通りに戻り、次の御酒所を目指します。そして、千束地区の御酒所、合わせて10ヶ所弱をまわります。

以上は、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

17cmLP「ドボルザーク:交響曲第9番」(シルヴェストリ指揮)のFLACファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしておりますので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは6/16(金)に自動的に削除されます。

<ドボルザーク:交響曲第9番>
コンスタンティン・シルヴェストリ指揮フランス国立放送管弦楽団
1957年録音
(株)河出書房新社 世界音楽全集21「ドボルザーク」付録の17cmLPの2枚組(各面に1楽章づつ収録)

Dvorak_Symphony_No9_Silvestri_FranceNationalRadioO_1957A_D.flac(146MB)
http://fast-uploader.com/file/7050546971861/
削除予定日時 2017年06月16日 12時23分46秒
なお、このアプローダー、ダウンロード同時人数制限があるようで、もし、ダウンロード画面まで達しなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
posted by matsumo at 19:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月18日(木)の「東京国立近代美術館工芸館」と「 日本カメラ博物館」

前述のごとく、2017. 5.18(木)は「国際博物館の日」で、方々の博物館に無料あるいは割引で入場することができたことから、地下鉄「九段下駅」で下車して、皇居「北の丸公園」の撮影後、その隣にある「東京国立近代美術館工芸館」に行きました。

170519ZD.jpg

ここ、「旧近衛師団司令部庁舎」を利用したレンガ造りの建物で、格好が良いので、何回か、外観は撮影したことがあるのですが、中に入るのは初めてです。9:55頃に入口に着いたのですが、何と、開館は10時でした! ううん、東京国立博物館は9:30からですので、ちょっと遅すぎるのではと思います。結局、待っていたのは10名程度で、開館と同時の中に入りました。展示してある場所は2楷で、階段を登って2楷に行きます。展示室は廊下を挟んで左右にあります。まずは、右側のをみて、その後、左側のを見ます。展示してあるのは、着物、陶磁器、蒔絵の箱等、所謂、工芸品です。

さて、感想ですが、何だか、毎年、秋に日本橋三越百貨店で行われている「日本伝統工芸展」を見ているような気分になりました。すなわち、作られて100年以内のものがほとんどであることから、極めて、保存状態が良いと言うか、ともかく、古びていないので、骨董的な価値が感じられないからです。ですから、美術品と言うより、工芸品、すなわち、実用品と言う感じが非常に強かったです。なお、ここ、入館料が210円だそうですので、無料でも大した額ではありませんでした。

その後は、皇居沿いに進んで、地下鉄「麹町駅」近くと言うか、英国大使館の裏と言うか、ともかく、「宝島社」のビルの地下1楷にある「 日本カメラ博物館」に行きました。ここの通常の入館料は300円ですが、本日は100円引きの200円の上、博物館オリジナルグッズのプレゼントがあるからです。

170519ZE.jpg

あ、オリジナルグッズって、博物館のバッチでした(上の写真中の左端の丸いもの)。普通は100円で販売しているようです。さて、感想ですが、こちらは、3回目か4回目だと思いますが、フィルム式カメラの展示しかないと思っていたのですが、デジカメが大量にあったのには驚きました。企画展の「カメラ故郷に帰る 愛好家が巡るカメラ母国紀行」はその国で作られたカメラでその国を撮影すると言うものでしたが、カメラメーカーが無い国はどうするのかと思っていたら、単に工場があると言うのが結構、ありました。例えば、シンガポール製の「ローライ35」で撮ったシンガポールなんて言う写真もありました。なお、こちらは、私がいる時は誰も観客はいませんでした。

と言うことで、この「国際博物館の日」を使って2館に行くことができました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月23日(日)の「浜離宮恩賜庭園」(2)

前述のごとく、2017. 4.23(日)は「旧芝離宮恩賜庭園→浜離宮恩賜庭園→銀座→日本橋→秋葉原→旧岩崎邸庭園→谷中」と進み、家まで歩きましたが、内、「浜離宮恩賜庭園」の中の「牡丹」の花の続きです。

170519O.jpg

170519Q.jpg

170519P.jpg

170519R.jpg

170519S.jpg

ここの牡丹園は地面と同じ高さなので、どうしても、upが多くなります。

170519T.jpg

170519V.jpg

170519U.jpg

170519ZC.jpg

170519W.jpg

牡丹園のそばの「菜の花」等の黄色い花を撮影して、

170519X.jpg

170519Z.jpg

170519Y.jpg

ここでの撮影を終了としました。

ここの牡丹園、西新井大師や薬王院に比較して、花の綺麗さが少し劣っているのが残念です。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月23日(日)の「浜離宮恩賜庭園」(1)

前述のごとく、2017. 4.23(日)は「旧芝離宮恩賜庭園→浜離宮恩賜庭園→銀座→日本橋→秋葉原→旧岩崎邸庭園→谷中」と進み、家まで歩きましたが、「旧芝離宮恩賜庭園」の次の「浜離宮恩賜庭園」です。

170519A.jpg

まずは、「ツツジ」です。

170519B.jpg

170519C.jpg

170519D.jpg

170519E.jpg

「藤」です。

170519F.jpg

この時期の浜離宮恩賜庭園と言えば、やはり、「牡丹園」です。

170519I.jpg

170519G.jpg

170519H.jpg

170519J.jpg

170519K.jpg

170519ZA.jpg

upです。

170519L.jpg

170519N.jpg

170519M.jpg

170519N.jpg

170519ZB.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

17cmLP「チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番」(ブーコフ)のFLACファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしておりますので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは6/16(金)に自動的に削除されます。

<チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番>
ユリ・ブーコフ(pf)、ジャン・フールネ指揮ウィーン交響楽団
Yuri Boukoff(pf)、Jean Fournet - Vienna Symphony Orchestra
1958年録音
17cmLP、日本ビクター SFON-2541

上記は全曲(31分40秒)が1枚の17cmLPに収録されているため、第1楽章がA面とB面の一部にわたって収録されています。このため、不自然にならないようにパソコンソフトで接続しています。

Tchaikovsky_PianoConcerto_No1_Boukoff_Fournet_Vienna_so_1958A_B_.flac(140MB)
http://fast-uploader.com/file/7050546257211/
削除予定日時 2017年06月16日 12時11分51秒
posted by matsumo at 16:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月16日(火)の「上野 de クラシック」

2017. 5.16(火)、上野駅近くの「東京文化会館・小ホール」で「上野 de クラシック」を聴いてきました。

170518T.jpg

聴衆の入りは満席で、演奏された曲は以下です。

(1)J.S.バッハ:フルートソナタ第2番
(2)サンサーンス:組曲「動物の謝肉祭」より「白鳥」
(3)シューマン:アダージョとアレグロ op.70
(4)プログ:チューバソナタ
(5)ドゥーダ:ドリームダンス第3番
(6)プライヤー:スコットランド民謡「ツリガネソウ」による変奏曲
木村皓一(チュ−バ)、清水初海(pf)

さて、感想ですが、まず、(1)〜(3)ですが、いずれも、チューバ用の曲ではないこともあり、ピアノの音と比較して、チューバの音が低すぎる感じがしました。加えて、チューバの音は地味なので、ピアノの音の華やかな感じの方が耳に残りました。

(4)(5)はチューバ用の曲らしいのですが、テクニック的にはともかく、曲自体はつまらない代物でした。

(6)はアンコール曲で、当初の曲の紹介ではスコットランド民謡を演奏するものでしたが、実際は変奏曲で、変奏曲はあまり好きではない私にとっては、その部分はつまらないものでした。

と言うことで、全体的には残念な演奏会でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月 2日(火)の「五大尊つつじ公園」内の「五大尊」の「狛犬」

前述のごとく、2017. 5. 2(火)は東武鉄道「越生駅」から徒歩15分位の所にある「五大尊つつじ公園」に行きましたが、いつもは閉まっている「五大尊」のお堂の扉が開けられ、

170518A.jpg

その中を観ると、何と、木製の狛犬が1組いました!

170518B.jpg

170518C.jpg

ここ、何回か、来ていますが、今まではいつも扉が閉まっていましたが、今回、初めて扉が開いていて、中で、数名の人達が掃除を行っている時に出会えました。そして、念のために中を確認すると、扉のすぐそばに狛犬があったので、撮影したと言う訳です。

なお、ここには、この五大尊のお堂がもっとも高い場所にあり、そこより石段を下ると、「和合神社・天満宮」の小さな社、更に下がると「三峯神社」の小さな社、そして、更に下がるまるで白壁の倉庫みたいな感じの「イナフクミ様」があります。

170518D.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:五大尊
posted by matsumo at 15:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 七福神巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月 2日(火)の「五大尊つつじ公園」(4)

前述のごとく、2017. 5. 2(火)は東武鉄道「越生駅」から徒歩15分位の所にある「五大尊つつじ公園」にツツジの撮影に行ってきました。 今度は向かって左側、すなわち、東屋より更に左手の方に行き、撮った写真の続きです。

170518E.jpg

170518F.jpg

170518G.jpg

170518H.jpg

170518I.jpg

ここは山の斜面と言うか、谷みたいな所や山腹みたいな所で、色々な花のツツジが植えられています。

170518J.jpg

170518K.jpg

170518L.jpg

170518M.jpg

170518N.jpg

山道みたいな感じの道があるので、そこを登ったり、下ったりしながら撮影します。

170518O.jpg

170518P.jpg

170518Q.jpg

170518R.jpg

170518S.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

17cmLP「チャイコフスキー:バイオリン協奏曲ニ長調」(オークレール)のFLACファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしておりますので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは6/16(金)に自動的に削除されます。

<チャイコフスキー:バイオリン協奏曲ニ長調>
ミシェル・オークレール(vn)、ロベルト・ワーグナー指揮インスブルック交響楽団
Michele Auclair(vn)、Robert Wagner - Innsbruck Symphony Orchestra
1963年録音
17cmLP、日本ビクター SFON-2540

Tchakovsky_Violin_Concerto_Auclair_Wagner_STS.flac(162MB)
http://fast-uploader.com/file/7050545393545/
削除予定日時 2017年06月16日 11時57分27秒
posted by matsumo at 18:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17cmLP「コレルリ:クリスマス協奏曲」(ジョセフォヴィツ指揮)のFLACファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしておりますので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは5/29(月)に自動的に削除されます。

<コレルリ:合奏協奏曲第8番「クリスマス協奏曲」>
デヴィッド・ジョセフォヴィツ指揮コンサート・ホール室内管弦楽団
David Josefowitz - The Concert Hall Chamber Orchestra
1962年録音
17cmLP 日本コンサートホール SM963

Corelli_ChrismasConcerto_Jpsefowitz_ConcertHallChamber_O_1962A_B.flac(66.0MB)
http://fast-uploader.com/file/7050401892852/
削除予定日時 2017年05月29日 20時05分46秒

なお、このアップローダー、ダウンロード同時人数制限があるようで、もし、ダウンロード画面まで達しなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
タグ:コレルリ
posted by matsumo at 17:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日(5/18)は「国際博物館の日」です

明日、すなわち、2017. 5.18(木)は「国際博物館の日」で、方々の博物館に無料で入場することができます。都区内では以下が無料です。

<上野公園>
(1)国立科学博物館:常設展のみ無料
(2)国立西洋美術館:常設展のみ無料
(3)東京国立博物館:総合文化展のみ無料

<皇居近く>
(4)東京国立近代美術館本館:常設展のみ無料
(5)東京国立近代美術館工芸館:無料
(6)東京国立近代美術館フィルムセンター:無料

<その他>
(7)家具の博物館:無料
(8)切手の博物館:無料
(9)古賀政男音楽博物館:無料
(10)品川区品川歴史館:無料
(11)たばこと塩の博物館:無料
(12)明治大学博物館:無料

この中では、まだ、行ったことがない(5)と(9)に行ってみたいですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月 2日(火)の「五大尊つつじ公園」内の「鈴木金兵衛の札所巡拝碑」(12)

前述のごとく、2017. 5. 2(火)は東武鉄道「越生駅」から徒歩15分位の所にある「五大尊つつじ公園」に行きましたが、その中にある「鈴木金兵衛の札所巡拝碑」の内の「四国88ヶ所」の6/6で、まずは、第76番〜第80番です。

shikoku76.jpg

shikoku77.jpg

shikoku78.jpg

shikoku79.jpg

shikoku80.jpg

第81番〜第85番です。

shikoku81.jpg

shikoku82.jpg

shikoku83.jpg

shikoku84.jpg

shikoku85.jpg

第86番〜第88番です。

shikoku86.jpg

shikoku87.jpg

shikoku88.jpg

shikoku89.jpg

と言うことで、「鈴木金兵衛の札所巡拝碑」、すなわち、西国33観音・坂東33観音・秩父34観音霊場の100、そして、四国88ヶ所霊場88の計188の石碑の写真を全部、撮影することができました。以前に、青い森鉄道「浅虫温泉駅」近くの「浅虫高野山 八十八ヶ所仏願掛めぐり」や、東海道線「姫路駅」よりバスとロープウェイで行く「書写山 圓教寺)」の境内にある「西国33観音巡礼のお寺の本尊の写しの青銅製仏像」を撮影した際、最初の時はその一部の撮影を忘れたり、見つからなくて撮影できなかったため、再度、行かねばならなくなりましたが、今回は全部で188もあると言うのに、全て撮影できて良かったです。

以上は、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 七福神巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月 2日(火)の「五大尊つつじ公園」内の「鈴木金兵衛の札所巡拝碑」(11)

前述のごとく、2017. 5. 2(火)は東武鉄道「越生駅」から徒歩15分位の所にある「五大尊つつじ公園」に行きましたが、その中にある「鈴木金兵衛の札所巡拝碑」の内の「四国88ヶ所」の5/6で、まずは、第61番〜第65番です。

shikoku61.jpg

shikoku62.jpg

shikoku63.jpg

shikoku64.jpg

shikoku65.jpg

第66番〜第70番です。

shikoku66.jpg

shikoku67.jpg

shikoku68.jpg

shikoku69.jpg

shikoku70.jpg

第71番〜第75番です。

shikoku71.jpg

shikoku72.jpg

shikoku73.jpg

shikoku74.jpg

shikoku75.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 七福神巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

LP「ベートーベン:コリオラン序曲」(コンヴィチュニー指揮)

「コリオラン序曲」は、ベートーベンの友人で、ウィーンの宮廷秘書官を務め、また、法律家で詩人でもあったハインリッヒ・ヨーゼフ・フォン・コリン(en:Heinrich Joseph von Collin)が作った戯曲「コリオラヌス(Coriolanus)」が上演された時に観て、それが動機となって作曲されたものだそうです。

この戯曲の内容は、古代ローマで大きな勢力を持っていたが政治上の意見の相違で追放されたコリオランが、隣国の将軍となり大軍とともにローマへの進攻に参加するものの、妻と母の献身的な忠告で再び祖国側についたので殺されてしまうというものなのだそうです。

この「ベートーベン:コリオラン序曲」を「フランツ・コンヴィチュニー指揮ゲバントハウス管弦楽団」が演奏・録音したLPを

170516N.jpg

再生・録音・編集したもの「Beeyhoven_CoriolanOverture_Konwitschny_Gewandhaus_O_1961A.mp3」(7.86MB)を以下のURLにupしたので(sound1197)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcVXhZM3ZZRUY2Y1k?usp=sharing
posted by matsumo at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする