2017年05月31日

2017年 5月23日(火)の「北区飛鳥山博物館春期企画展 浮世絵の愉しみ」

前述のごとく、王子駅近くの「北区飛鳥山博物館」では、「2017. 3.11(土)〜6/18(日)」に同館で所蔵する北区関連の浮世絵系風景版画160点を4回に分けて展示する「北区飛鳥山博物館春期企画展 浮世絵の愉しみ 異なる主題による4回の展示実践」が行われており、「第1回 時間:北区の名所浮世絵の展開」及び「第2回 空間:王子・飛鳥山・滝野川」の次の「第3回 表象:描かれた富士・筑波・飛鳥山碑」(5/2(火)〜5/28(日)を、2017. 5.23(火)、観てきました。

170531ZJ.jpg

さて、感想ですが、つまらなかったです。今まで観た2回よりかなり水準が低下した感じです。それにしても、飛鳥山から見える山って、富士山と筑波山だけだったようですね。これらが描かれている浮世絵が沢山、展示されていたのですが、実際は筑波山は1枚だけで、他は富士山でした。でも、なぜか、見ていてもウキウキしないのですね。

と言うことで、最後の「第4回 絵師:広重が見た北区の名所」(5/30(火)〜6/18(日))に期待です。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「ブルックナー:交響曲第3番」(シューリヒト指揮)

「ブルックナー:交響曲第3番」は「ワーグナー」と言う綽名が付いていますが、この曲の初稿にはワーグナーの曲からの引用があるためです。しかしながら、その後、改訂され、現在、演奏されている稿ではそれらは削除されていることから、「ワーグナー」と言う題はおかしいと思っています。

この「ブルックナー:交響曲第3番」を「カール・シューリヒト指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団」が演奏・録音したLPを

170531ZI.jpg

再生・録音・編集したものを

第1・第2楽章:Bruckner_Symphony_No3_Schuricht_Vienna_po_1965A_B.mp3(31.0MB)
第3・第4楽章:Bruckner_Symphony_No3_Schuricht_Vienna_po_1965B.mp3(19.7MB)

以下のURLにupしたので(sound1166)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcTDF0SDhFM1hSS2M?usp=sharing
posted by matsumo at 18:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月30日(火)の「皇居東御苑」(2)

前述のごとく、2017. 5.30(火)は「サツキ」の花の撮影を目的として、「皇居東御苑」に行ってきました。二の丸庭園の続きです。菖蒲田のすぐ側には池があり、この周囲にも赤いサツキの花が咲いています。

170531N.jpg

170531O.jpg

170531P.jpg

170531Q.jpg

また、紫色の花も咲いていました。

170531R.jpg

170531S.jpg

このほか、二の丸庭園では、「紫陽花」、

170531T.jpg

「ホタルブクロ」、

170531U.jpg

後、木の白い花が咲いていました。

170531ZH.jpg

ここより、坂を登って本丸跡地区に行きます。ここでも、サツキの花が咲いています。

170531V.jpg

170531W.jpg

170531X.jpg

170531ZA.jpg

また、木の白い花や、

170531Y.jpg

ツルバラの一種も咲いていました。

170531Z.jpg

そして、再び、二の丸庭園に下り、平川門より出て、ここでの撮影を終了としました。

170531ZB.jpg

と言うことで、ほぼ満足できる形で、サツキの花を撮影することができました。ここの花菖蒲は今度の土日辺りから見頃になるとのことですので、次回は、来週の初めに行きたいです。その時まで、サツキの花が残っていてくれたらうれしいのですが。

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「ディスカバーフォト:ライカM-m4/3マウントアダプター」+「コシナ:M-Lマウントアダプター」+「KMZ:INDUSTAR-50-2 50mm F3.5」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:皇居東御苑
posted by matsumo at 17:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月30日(火)の「皇居東御苑」(1)

2017. 5.30(火)、「サツキ」の花の撮影を目的として、「皇居東御苑」に行ってきました。すなわち、東京駅より歩いて、皇居「大手門」に行ったのですが、開門の9時前に着くつもりで家を出た筈なのに、実際に着いたのは5分遅れの9:05で、既に、門からドンドン、人が入っている状態でした。入口の所で、警官による荷物検査を受けた後、更に進んで、プラスティックの券をもらって中に入ります。少し、進むと、サツキの花に出会えます。

170531A.jpg

170531B.jpg

更に進んで、二の丸庭園の菖蒲田に行きます。菖蒲田には昨日から水が張られ、花菖蒲の花も咲き始めています。

170531C.jpg

170531D.jpg

170531E.jpg

170531F.jpg

170531N.jpg

こちらもサツキの花は綺麗に咲いています。

170531G.jpg

170531H.jpg

170531I.jpg

170531J.jpg

170531K.jpg

花菖蒲のみも撮影します。

170531L.jpg

170531M.jpg

170531ZC.jpg

170531ZD.jpg

170531ZE.jpg

170531ZF.jpg

170531ZG.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:皇居東御苑
posted by matsumo at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

ドーナツ盤”チャイコフスキー:舞踊音楽「白鳥の湖」より”のFLACファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしておりますので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは6/16(金)に自動的に削除されます。

<チャイコフスキー:舞踊音楽「白鳥の湖」より「情景」・「小さな白鳥の踊り」>
ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団
1961年録音
ドーナツ盤 日本コロンビア 45C-H-1

Tchaikovsky_SwanLake_Highlight_Ormandy_PhiladelphiaO_1961A_B.flac(30.3MB)
http://fast-uploader.com/file/7050543046321/
削除予定日時 2017年06月16日 11時18分20秒

なお、このアップローダー、ダウンロード同時人数制限があるようで、もし、ダウンロード画面まで達しなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
posted by matsumo at 18:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの栗城史多氏、今春のエベレスト挑戦、またも、失敗したそうです(続)

あの栗城史多氏ですが、5/27(土)以降は以下のようでした。

5/27(土):ロッジ(5,300m)→C2(6,400m)
5/28(日):停滞
5/29(月):C2(6,400m)→6,750m地点?→C2(6,400m)→ロッジ(5,300m)

170530ZB.jpg

上記の写真ですが、ピンク色の線が今回の栗城氏の歩いた経路です。エベレスト頂上は右上です。なお、橙色の線は5/25(木)の時の栗城氏が歩いた経路です。

結局、C2にて、以下の内容で、敗退宣言がされました。

・7,300mまで登ったが、天気(予報)が悪かったので撤退した。登頂だけしようと思えは可能だったが帰ってこれないので撤退した。
・24〜25日は一番風(天候)が良い状態だったので、順応出来ていて、もし体調がよければ無酸素で登頂できていたと思う。
・本日は途中よりノーマルルートに行くことも考えたが、ガスが出ていたので止めた。
・中国側の北壁では、ブルーアイスが600mもあり、9本指を失っている状態で長時間のブルーアイスは難しいので、ルートをネパール側に変更した。

栗城氏、5/29(月)はノーマルルートに行こうと思ったが、おそらく、行ってみて、そのルートを使用していた登山隊は成功裏に下山してしまったため、もう、荒れて使えない状態になっていたのが判明したので、諦めたような気がします。

また、本人は7,300mまで登ったと言っていますが、GPSを使用したSPOTでは、6,800m地点までです。ううん、7,300mまで登ったと言うのであれば、証拠を示して欲しいものです。それにしても、結局、7,000mにも登れなかったのに、まだ、天気さえ良ければ、体調さえ良ければ登れたのにと言っているのですね。加えて、下りは本当に速いですね。下山家と言われている理由がよくわかります。

栗城氏は、著書や講演で、「No Limit」、「否定の壁を越える」と言っているのに、何で簡単に止めてしまうのか、さっぱりわかりません。こう言うことは、自分から実践して初めて意味がある言葉だと思いますが。

結局、今季、エベレスト頂上に行けた人は500名以上、内、日本人は14名位で、日本人で行けなかったのは栗城氏だけになってしまいました。加えて、エベレスト登頂失敗7回と言う記録もうち立てましたし。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp

<追記>
GPSを使ったSPOTですが、普通は登り始める時に電源スイッチを入れます。その場合、10分おきに現在位置が記録されるのだそうですが、栗城氏は、普段は電源スイッチを切っていて、時々、スイッチを入れるのだそうです。この理由は、そうすることにより、GPS衛星の捕捉に失敗し、異常値が出ることがあるためと思われています。5/29(月)も同様に行われ、結局、現在位置の測定は5回のみでした。

170531ZK.jpg

上記の写真で最後が「5番」で、地図を見るとその位置は6750m程です。これより高い位置でのSPOTは記録されていないので、おそらく、この位置が5/29(月)の最も高い位置だと思います。
タグ:栗城史多
posted by matsumo at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月20日(土)の「谷津バラ園」(6)

前述のごとく、2017. 5.20(土)は京成電鉄「谷津駅」近くの「谷津バラ園」に行ってきました。黄色いバラです。

170530O.jpg

170530P.jpg

赤いバラです。

170530Q.jpg

170530R.jpg

紫色のものです。

170530S.jpg

色々な色のバラが混じったものです。

170530T.jpg

170530V.jpg

170530U.jpg

upです。

170530X.jpg

170530Y.jpg

170530Z.jpg

そして、最後が「ブラシの木」です。

170530ZA.jpg

と言うことで、花の咲き具合、天気、人出等を加味すると、今年、最高の時に行けたと思います。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:谷津バラ園
posted by matsumo at 17:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月20日(土)の「谷津バラ園」(5)

前述のごとく、2017. 5.20(土)は京成電鉄「谷津駅」近くの「谷津バラ園」に行ってきました。柱みたいな感じでバラが植えられている場所です。

170530A.jpg

170530B.jpg

170530C.jpg

170530D.jpg

桃色のバラです。

170530E.jpg

170530F.jpg

170530G.jpg

170530H.jpg

170530I.jpg

白っぽいものです。

170530J.jpg

170530K.jpg

赤っぽいものです。

170530L.jpg

170530M.jpg

170530N.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:谷津バラ園
posted by matsumo at 17:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

2010年 3月27日(土)の「上野公園」の大きな写真

前述のごとく、2010年 3月27日(土)は上野駅近くの「上野公園」に「染井吉野桜」の撮影に行きました。

170529ZH.jpg

その時に撮った12枚です。

全て、長辺1,024ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=24b6450c-833b-4a87-9b19-cb6c4b8f055c

もし、お気に召したものがありましたら、ダウンロードして、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:上野公園
posted by matsumo at 19:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 5月 8日(日)の「谷津バラ園」の映像

2016. 5. 8(日)、朝から青空だったので、京成電鉄「谷津駅」近くの「谷津バラ園」に行ってきました。空は青空の上、バラの花はほぼ満開と、最も良い日に来ることができました。 そこで、スマートフォン「FREETEL:Priori3」撮った映像です。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:谷津バラ園
posted by matsumo at 18:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月28日(日)の「2017さつきフェスティバル」(1)

前述のごとく、2017. 5.28(日)は上野駅近くの「五條天神」の大祭の「本社神輿渡御・鳳輦御巡行」の撮影に行ったのですが、その出発地点である「上野公園」に行くと、大噴水のそばで「2017さつきフェスティバル」が行われていて、沢山の「サツキ」の盆栽が展示されていたので撮影しました。

まずは桃色のものです。

170529R.jpg

170529S.jpg

170529T.jpg

170529U.jpg

白色のものです。

170529V.jpg

170529W.jpg

170529X.jpg

170529Y.jpg

170529Z.jpg

桃色だが、先程のものより薄いものです。

170529ZA.jpg

170529ZB.jpg

170529ZC.jpg

170529ZE.jpg

170529ZF.jpg

170529ZG.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:20| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月26日(金)の「六義園」

先日、入手したマイクロフォーサーズマウントの交換レンズ「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5_6」の試写を兼ねて、2017. 5.26(金)、今や「サツキ」の花の最盛期である「六義園」に行ってきました。

170529A.jpg

170529B.jpg

170529C.jpg

170529D.jpg

サツキの花は中央の池の周囲及び池の中の島に咲いています。

170529E.jpg

170529F.jpg

170529G.jpg

170529H.jpg

期待した通り、ほぼ、満開に近い状態でした。

170529I.jpg

170529J.jpg

170529L.jpg

170529K.jpg

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 12-32mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:六義園
posted by matsumo at 18:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

本「エンリーコ・ミネッティ著、石橋典子訳 スカラ座の思い出」

エンリーコ・ミネッティ著、石橋典子訳「スカラ座の思い出 コンサートマスターから見たマエストロの肖像」(発行日:2015. 7.27、発行所:(株)スタイルノート)を読みました。

さて、感想ですが、つまらなかったです。と言うのは、この手の本を読む人は、そのオーケストラを指揮した指揮者や共演したピアニスト等とのエピソードを読むためだと思いますが、それがほとんど書かれていなかったからです。著者はプッチーニ:歌劇「トゥーランドット」の初演にもコンサートマスターとして演奏していたそうですので、余計にそう思います。

唯一の収穫は、上記の初演の時のトスカニーニの言葉は「ここでオペラは終わる。マエストロの死で未完となったから」で、その言葉と指揮台を去ったが、顔を見ると大筋の涙が出ていたとのことです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の入手品

最近の入手品です。

170528ZI.jpg

すなわち、デアゴスティーニのDVD付ムックで、最近、よくTVCMで観るものです。これ、全25号で、第1号は税込み299円ですが、第2号以降は3倍以上の990円となるので、いつもの通り、入手するのは第1号のみです。

なお、付いていたDVDのために入手したのですが、この内容はBS-TBSで放映されたものを45分間、収録されていました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月11日(木)の「都電荒川線」の「梶原〜荒川二丁目停留所」(2)

2017. 5.11(金)、「都電荒川線」の梶原停留所から荒川二丁目停留所までの沿線づたいを歩いて、沿線つたいに咲いているバラの花を撮影しました。都電荒川車庫停留所に近くの花の続きで、黄色いものです。

170528S.jpg

170528T.jpg

170528V.jpg

170528U.jpg

170528W.jpg

赤いものです。

170528X.jpg

白っぽいものです。

170528Y.jpg

ピンク色のものです。

170528Z.jpg

170528ZA.jpg

170528ZB.jpg

ここより、次の荒川遊園地前停留所を目指して進みます。

170528ZC.jpg

170528ZD.jpg

こちらのバラは柵に絡まっているのが多いです。

170528ZE.jpg

170528ZF.jpg

170528ZH.jpg

170528ZG.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:都電荒川線
posted by matsumo at 19:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月28日(日)の「五條天神」の「大祭」の「本社神輿渡御・鳳輦御巡行」

2017. 5.27(土)及び5/28(日)は上野駅近くの「五條天神」(東京都台東区上野公園4−17)の「大祭」で、今年は「本社神輿渡御・鳳輦御巡行」が行われ、上野公園内より始まって氏子町内を本社神輿と鳳輦が天狗や巫女などの大行列となって巡行するので、映像の撮影を目的に行ってきました。

ポスターによると、12時開始とのことだったので、その前の11:20頃に上野公園の大噴水前に着いたのですが、ちょうど、そこでは、「2017さつきフェスティバル」が行われており、幾つかある小屋掛けの中にサツキの盆栽が大量に展示されていました。そして、11:30頃に五條天神より石段を上がった場所に行くと、既に、神幸祭みたいな感じの衣装を着けた人達が集まっていました。

11:45頃に行列は南方向に向かって出発しました。行列の構成は、

神職、

170528A.jpg

金棒引き、

170528B.jpg

浴衣を着た女性、

170528C.jpg

大太鼓、

170528D.jpg

幡、

170528E.jpg

170528F.jpg

天狗(猿田彦)、

170528G.jpg

武器等を持っている神子さん達、

170528H.jpg

170528I.jpg

170528J.jpg

その後ろに神職、

170528K.jpg

鳳輦、

170528L.jpg

稚児さん達です。

170528M.jpg

行列が発進した後、出発地点には鳶職の人達が集まり、木遣りを謡っています。しばらくして、五條天神より本社神輿が行列が上がってきます。11:55頃に、幡を先頭に本社神輿の行列が発進します。

行列は、まず、幡、

170528N.jpg

鳶職達、

170528O.jpg

神職、

170528P.jpg

本社神輿、

170528Q.jpg

そして、馬に乗った神主さんです。

170528R.jpg

それにしても、ここの神輿は大きいです。確かに、千貫神輿と言われている理由がよくわかります。また、公園内は緑が豊かですので、その中を担がれる神輿もいいですね。

以上は、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:五條天神
posted by matsumo at 19:09| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

本「五十嵐貴久著 交渉人・籠城」

五十嵐貴久著「交渉人・籠城」(発行日:2010. 6.25、発行所:(株)幻冬舎)を読みました。

さて、感想ですが、面白かったです。一気に読んでしまいました。また、終わりの方で意外性があるのも良いですね。これを読むと、言うか、この手の本って、警察幹部って、捜査能力と言うか、問題解決能力がないのがよくわかりますね。実際、最近の殺人の事件解決率の低下は、おそらく、これを立証しているのだと思っています。

あ、話は、娘をキチガイ少年に殺された両親が、出所してきた元少年に復讐するために、立て籠もりを行うと言うものです。まあ、確かに、現行の少年法や精神病者に対する取扱いをみると、殺された親族の気持ちは十分にわかります。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:五十嵐貴久
posted by matsumo at 18:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの栗城史多氏、今春のエベレスト挑戦、またも、失敗したそうです

単身・無酸素を標榜して、2009年秋以来毎年のようにエベレストに挑戦している(凍傷塗料のため、途中の中断有り)栗城史多氏、今春のエベレスト挑戦、また、失敗したそうです。氏のエベレスト挑戦は7回目だそうですので、おそらく、個人によるエベレスト挑戦失敗の世界新記録ではないかと思います。

氏はずっと、秋にエベレスト挑戦を行っていましたが、「なぜ春に行かず秋に行くのか語っているインタビュー」にて、「そうですね。よく秋にこだわらないで春に行ったらいいんじゃないのと言われるのですが、春はもう何人も達成していますし、僕自身行けるとも思っていますから、つまんないと思っちゃう気がするので、秋にこだわっているんです。」と答えていたのに、今回の春は稜線までも行けなかったのですから。

加えて、今春、当初は中国側の方がベースキャンプの位置がネパールより高い場所にあることから、中国側からエベレストの北壁を登って登頂すると言っていたのに、実際は、まず、中国側に行ったが、高度順化の段階で、北壁にはブルーアイスがあって登れないとのことで、高い入山料を払っていたにもかかわらず、中国を出てネパールに行って、また、入山料を支払った上、ヘリコプターでBCのそばにある町に行ったと言う体たらくです。しかも、中国からネパールまでシェルパを引き連れてのようです。

そう言えば、氏は、2016年のホノルルフルマラソンに参加したそうですが、何と、6時間38分9秒かかっての完走だそうです。ううん、一般的な市民ランナーだと4時間位で完走するそうですので、登山家を名乗っていて、体力はある筈なのに、遅すぎだと思います。

なお、現在、氏は今季2回目のアタックのために、町のロッジで休養中だそうです。それにしても、今回(5/19)のロッジからの出発時に撮った写真をみると、背負っているザックの小さなことには驚きます。

170527ZE.jpg

この大きさだと、日本国内ではハイキングに行く時ですね。そして、この中に、テント、寝袋、5日分以上の食料、ガスバーナー、魔法瓶、登攀器具等が入っている筈ですからすごいです(単独ですから、シェルパ達がフィックスロープを張ったり、テントや食料を持っていったりしない筈ですので)。魔法のポケットを持っているのでしょうね。

と言うことで、栗城氏の今季の動きです。

4/ 9(日):日本出国
4/10(月):カトマンズ(ネパール)着
4/11(火)〜4/13(木):停滞
4/14(金):カトマンズ→ラサ(中国)着
4/15(土)〜4/18(火):ラサ→BC(5,200m)(自動車)
4/19(水):停滞
4/20(木):BC→北壁BC(5,600m)
4/21(金)〜4/25(火):停滞
4/26(水):北壁BC→東ロンブク氷河末端(6,000m)付近?
4/27(木):東ロンブク氷河末端(6,000m)付近?→北稜ルートABC(6,400m)
4/28(金)〜5/1(月):停滞
5/ 2(火):北稜ルートABC(6,400m)→ノース・コル(7,000m)
5/ 3(水):ノース・コル(7,000m)→北稜(7,300m)→北稜ルートABC(6,400m):高度順化のため
5/ 4(木):停滞
5/ 5(金):北稜ルートABC(6,400m)→東ロンブク氷河末端(6,000m)付近?
5/ 6(土):東ロンブク氷河末端(6,000m)付近 ? →北壁BC(5,600m)
5/ 7(日)〜5/11(木):この間に電話のある町に戻って、そこに滞在
5/12(金)〜5/16(火):電話のある町(中国)→カトマンズ(ネパール)(自動車)
5/17(水):カトマンズ→ゴラクシェプのロッジ(5,300m)(ヘリコプター)
5/18(木):停滞
5/19(金):ロッジ→C1?
5/20(土):C1→C2(6,400m)
5/21(日)〜5/22(月):停滞
5/23(火):C2(6,400m)→西陵7,200m地点
5/24(水):西陵7,200m地点→西陵7,300m地点→西陵7,200m地点
5/25(木):西陵7,200m地点→ロッジ(5,300m)
5/26(金):停滞
5/27(土):ロッジ(5,300m)→C2(6,400m)
5/28(日):停滞

それにしても、何だか、やたらと停滞が多いです。加えて、高度順化も1回しか行わなかった上、それから3週間後、もう、高度順化の効果も消えて居たときに頂上を目指したと言う状態です。

今季のエベレスト、既に登頂者が600人はおり、また、行った日本人は栗城氏以外は全員、登頂を果たしたらしいのですので、春ならば簡単に登れると豪語していた氏が、何で登れないのか、全く不思議です。なお、5/27(土)のロッジを出発した際の映像が公開されましたが、今回のザックは前回よりも更に小さいそうです。これはおそらく、C2等にテント等を放置してロッジまで戻ったためだと思います。加えて、今回の栗城氏、何だか、山に登りたくないような感じです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:栗城史多
posted by matsumo at 18:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月 5日(金)の「本郷給水所公苑」

2017. 5. 5(金)は、まず、上中里駅近くの「旧古河庭園」に行った後、本郷通りを南下して、駒込駅近くの「六義園」、更に、南下して、お茶の水駅と水道橋駅の間にある「本郷給水所公苑」に行きました。この本郷給水所公苑で撮った写真で、勿論、メインは春バラです。

まずは、赤いものです。

170527B.jpg

170527D.jpg

170527C.jpg

170527A.jpg

モッコウバラと

170527E.jpg

170527O.jpg

薄い黄色のものです。

170527F.jpg

170527G.jpg

170527H.jpg

桃色のものです。

170527I.jpg

170527J.jpg

170527M.jpg

白色のものです。

170527K.jpg

170527L.jpg

薄紫色のものです。

170527Q.jpg

このほか、「ツツジ」や

170527R.jpg

白い花も咲いていました。

170527S.jpg

170527P.jpg

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-G2」+「パナソニック:G VARIO 14〜42mmF3.5-5.6」、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「TARION:C-M4/3マウントアダプター」+「FUJIAN:TV LENS GDS-35 35mmF1.7」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交換レンズ「パナソニック:LUXIX G VARIO 12-32mmF3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」を入手(1)

2017. 5.24(水)、日本amazonより、マイクロフォーサーズデジカメ用交換レンズ「パナソニック:LUXIX G VARIO 12-32mmF3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」を送料税込み22,089円にて入手しました。加えて、このレンズのフィルター径は37mmのため、これを52mmとするための「MARUMI:ステップアップリング 37mm →52mm」も390円で入手しています。

170527V.jpg

私はレンズマウントがマイクロフォーサーズのデジカメは、「パナソニック:LUMIX G2」、「パナソニック:LUMIX G3」及び「パナソニック:LUMIX GF5」と3台持っており、いずれも、常用機として使用していますが、これらのデジカメ専用のレンズは、G2に付いていたキットレンズ「パナソニック:LUXIX G VARIO 14-42mmF3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S」のみで、後は、各種マウントアダプター、すなわち、ライカM、Kマウント、Y/Cマウント、M42マウント、MC/MDマウント、FDマウント、Cマウントのレンズをマイクロフォーサーズデジカメに使えるようにするマウントアダプターを使用して、そのアダプターに合うレンズを取り付けてマニュアルフォーカスで使っているだけです。

そして、現在は、

(1)「パナソニック:LUMIX G2」には「パナソニック:LUXIX G VARIO 14-42mmF3.5-5.6 ASPH」を
(2)「パナソニック:LUMIX GF3」にはマウントアダプター+「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」 or 「Neewer:TV LENS GDS-35 35mmF1.7」を

取り付けたままになっています。しかしながら、「パナソニック:LUMIX GF5」はG2から「パナソニック:LUXIX G VARIO 14-42mmF3.5-5.6 ASPH」を外して取り付けたり、あるいは、マウントアダプター経由で各種交換レンズを付けて使用しています。しかしながら、このGF5も(1)(2)と同様に、常用レンズを付けた状態にしようと言うことで、現在、販売されているマイクロフォーサーズ用交換レンズの入手を検討しました。すなわち、新たに入手するレンズとしては、以下が考えられます(価格は日本amazonのものです)。

(1)パナソニック:LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH/MEGA O.I.S.:17,916円
(2)パナソニック:LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 II ASPH./MEGA O.I.S.:17,690円
(3)パナソニック:LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.:25,307円
(4)パナソニック:LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S:22,089円
(5)パナソニック:LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.:28,409円

(1)〜(4)は標準ズームレンズで、(2)は 私が持っているものの後継機に当たるものです。(1)も私が持っているものと似たようなものですが、望遠側が少し長いです。一方、ズーム操作ですが、(1)(2)(4)とも、ズーム操作は手で行いますが、(3)は電動ズームで、こちらはコンデジのようにズーム操作はボタンみたいなものを押して行います。

大きさですが、(3)〜(5)は所謂、パンケーキレンズで、写さない時は、レンズ部分が薄いです。と言っても、2cm位はありますが。ただし、(3)(4)は沈胴式レンズで、写す際は(3)は電動で長くなって、(4)は手で操作して長くなってからシャッターボタンを押します。

焦点距離ですが、(4)は(1)〜(3)と比較して、広角側が2mm短いこと、すなわち、(1)〜(3)の広角側は35mmフィルムカメラ換算で28mmレンズ相当ですが、(4)は24mm相当です。この差は結構、大きいです。ただし、(4)の望遠側は32mmと(1)〜(3)と比較して大幅に短くなっています。

(5)は単焦点レンズであることが特長で、また、明るさもF1.7と(1)〜(4)と比較して3絞り分位、明るいので、ボケが期待できます。

さて、どれにしようかと考えたのですが、いずれも、価格的には似たりよったりですので、後は、使いやすいかどうかです。いずれも、実際に触ったことはありませんが、現在、使用しているレンズと今までの経験から考えて、電動ズームは使いにくいので、(3)は却下です。すると、今までと同様な操作性と価格で(2)が魅力的なのですが、同じようなものを2本持っていても仕方がないやということ、単焦点レンズよりズームレンズの方が便利なことで、広角側は24mm相当の(4)を入手することとしました。これならば、今持っているレンズとの違いもありますし。

後は価格comをチェックして、日本amazonの価格、すなわち、22,089円で十分ということで、2017. 5.22(月)に日本amazonに発注、そして、2017. 5.24(水)、近所のコンビニに荷物を受け取りに行ったと言うわけです。

なお、このレンズ、厚みはないのは良いのですが、裸のままだと、ガラス部分に傷がつく可能性があるため、「JJC:LUMIX G VARIO 12-32mm/3.5-5.6専用オートレンズキャップ ALC-P1232:2,100円」を入手しようかと思ったのですが、

170527U.jpg

カスタマーレビューを読むと、便利だが、かなり厚くなること、作りが雑なこと、そして、レンズのズームリングが覆われてしまうことから、使いにくくなるのではと思って止めました。

このため、レンズのガラス部分の保護を目的として、レンズフードを取り付けることとしました。しかしながら、このレンズのフィルター径は37mmですが、私が持っているレンズフードやフィルターのフィルター径は49mm又は52mmのものが私のメインであるため、ステップアップリング37mm→52mmも入手することとしました。

早速、GF5に取り付けてみました。

170527W.jpg

撮影時は、ズームリングを回して、焦点距離12〜32mmのいずれかにしますが、その場合、このようにレンズが長くなります。

170527X.jpg

ステップアップリングとレンズフードを付けた状態です。

170527Y.jpg

この状態での撮影時です。

170527Z.jpg

早速、翌日の2017. 5.25(木)、家の近所で撮影してみましたが、特に、問題なく写りました。

170527ZA.jpg

170527ZB.jpg

170527ZC.jpg

天気はあまり良くない時だったのですが、色的には問題ないです。これから、しばらく、使ってみようと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

17cmLP「モーツアルト:交響曲35番」のFLACファイルのup

<モーツアルト:交響曲35番>
カール・シューリヒト指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
Carl Schuricht - The Vienna Philharmonic Orchestra
1956年録音
17cmLP、キングレコード LS5037

Mozart_Symphony_No35_Schricht_Vienna_po_1956A_B.flac(86.3MB)
http://fast-uploader.com/file/7050972556317/
削除予定日時 2017年06月05日 10時36分50秒
なお、このアプローダー、ダウンロード同時人数制限があるようで、もし、ダウンロード画面まで達しなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。

これで、2chにupしたが、本ブログにupしていなかったものは全てupしました。今後は、2chへのupとほぼ同時のupのみとなります(毎週、水曜日の予定です)。
posted by matsumo at 18:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月26日(金)は

昨日(5/25)の夜より雨で、それは2017. 5.26(金)は15時頃まで続きました。このため、外に出かける気は起きず、朝食後は、LPのWAVEファイル化を行いました。

170526ZB.jpg

すなわち、以下です。

ベートーベン:交響曲第9番(フリッチャイ指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団)
リスト:合唱ミサ曲(レイボヴィッツ指揮パリフィルハーモニー管弦楽団)
ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」(ラインスドルフ指揮メトロポリタン歌劇場管弦楽団)[LP3枚組]
ビバルディ:四季(クーロー指揮シュツトガルト合奏団)
モーツアルト:交響曲第35番・第36番・第38番・第39番・第40番・第41番・ドン・ジョバンニ序曲・フィガロの結婚序曲(クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団)[LP3枚]

これだけでも、朝の8時から17時までかかってしまいました。できた音ファイルをパソコンに移動して、WAVE編集ソフトで編集しなければなりませんが、結構、時間がかかるので、完成までにしばらくかかりそうです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月11日(木)の「都電荒川線」の「梶原〜荒川二丁目停留所」(1)

2017. 5.11(金)、「都電荒川線」の梶原停留所から荒川二丁目停留所までの沿線づたいを歩いて、

170526L.jpg

線路の両側に植えられているバラの花の撮影を行いました。

170526O.jpg

170526P.jpg

170526Q.jpg

梶原停留所より僅かに都電荒川車庫停留所方向に進んだ所よりバラの植え込みは始まりますが、期待した程、綺麗ではないので、そのまま進みます。都電荒川車庫停留所に近くなるに従って、まあまあのものが増えます。

170526R.jpg

170526S.jpg

170526T.jpg

170526U.jpg

桃色のものです。

170526V.jpg

170526W.jpg

170526X.jpg

170526Y.jpg

170526Z.jpg

170526ZA.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:都電荒川線
posted by matsumo at 17:54| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月18日(木)の皇居「北の丸公園」と「千鳥ヶ淵公園」

前述のごとく、2017. 5.18(木)は「国際博物館の日」で、方々の博物館に無料あるいは割引で入場することができたことから、地下鉄「九段下駅」で下車して、まずは、皇居「北の丸公園」に行き、その後はその隣にある「東京国立近代美術館工芸館」、そして、「千鳥ヶ淵公園」、「日本カメラ博物館」と行きましたが、内、皇居「北の丸公園」と「千鳥ヶ淵公園」で撮った写真です。

まずは、北の丸公園で、

170526E.jpg

170526F.jpg

「カルミア」、

170526A.jpg

「セイヨウシャクナゲ」、

170526B.jpg

「サツキ」、

170526C.jpg

「花菖蒲」、

170526H.jpg

そして、白い花です。

170526D.jpg

170526G.jpg

次に、千鳥ヶ淵公園です。こちらも、色々と咲いていました。

170526I.jpg

170526K.jpg

170526J.jpg

以上は、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」+「パナソニック:G VARIO 14〜42mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

本「ライナー・キュッヒル、野村三郎著「名コンサートマスター、キュッヒルの音楽手帳」

ライナー・キュッヒル、野村三郎著「ウィーン・フィルとともに45年間 名コンサートマスター、キュッヒルの音楽手帳」(発行日:2016. 6.18、発行所:音楽之友社)を読みました。

さて、感想ですが、面白かったです。ウィーンフィルのコンサートマスターと言えば、バリリ、ボスコフスキー、ヒューブナー等が有名ですが、私にとっては、キュッヒルはウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団の第一バイオリン奏者で、そのベートーベン弦楽四重奏曲全集の録音は気持ち悪い音だったと言うイメージです。

しかしながら、この本を読むと、キュッヒルって、何と20歳でウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーンフィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターになったのだそうです。ううん、すごいです! また、最近のウィーンフィルについて、音が40年位前と大きく音が異なったこと、その原因は奏法が変わったことを書いていたのには驚きました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17cmLP”ヘンデル:組曲「水上の音楽」(ハーティ版)”等のFLACファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしておりますので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは6/5(月)に自動的に削除されます。

<ヘンデル:組曲「水上の音楽」(ハーティ版)>
(1)アレグロ、(2)アリア、(3)ブーレー、(4)ホーンパイプ、(5)アンダンテ・エスプレッシーヴォ、(6)アレグロ・デチーソ
マルコム・サージェント指揮ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団
1959年録音
(株)河出書房新社 世界音楽全集2「ヘンデル/ヴィヴァルディ」付録の17cmLPのA面+B面

Handel_WaterMusic_Sargent_Royal_po_1959A_B.flac(75.0MB)
http://fast-uploader.com/file/7050970953015/
削除予定日時 2017年06月05日 10時10分07秒

<ヘンデル:オラトリオ「救世主」より「ハレルヤ・コーラス」>
マルコム・サージェント指揮ロイヤル・リヴァプールフィルハーモニー管弦楽団、ハダースフィールド合唱団
1959年録音
(株)河出書房新社 世界音楽全集2「ヘンデル/ヴィヴァルディ」付録の17cmLPのB面

Handel_Hallelujah_from_Messiah_Sargent_RoyalLiverpool_po_1959B.flac(24.9MB)
http://fast-uploader.com/file/7050970384668/
削除予定日時 2017年06月05日 10時00分38秒
タグ:ヘンデル
posted by matsumo at 18:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月20日(土)の「谷津バラ園」(4)

前述のごとく、2017. 5.20(土)は京成電鉄「谷津駅」近くの「谷津バラ園」に行ってきました。次は中央部の「有名人コーナー」の所です。

170525M.jpg

170525K.jpg

170525L.jpg

170525N.jpg

170525O.jpg

ここは結構、人が集まる場所ですが、今は全くいません。

170525P.jpg

170525Q.jpg

170525S.jpg

170525R.jpg

170525T.jpg

最も高い場所です。

170525U.jpg

次は、「バラのトンネル」です。

170525V.jpg

170525W.jpg

170525X.jpg

170525Y.jpg

170525Z.jpg

170525ZA.jpg

トンネルからかなり離れた場所からも撮ります。

170525ZB.jpg

170525ZC.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:谷津バラ園
posted by matsumo at 18:14| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 5月20日(土)の「谷津バラ園」(3)

前述のごとく、2017. 5.20(土)は京成電鉄「谷津駅」近くの「谷津バラ園」に行ってきました。今度は大パーゴラの中を撮影します。

170525A.jpg

170525B.jpg

170525C.jpg

170525D.jpg

柱は合わせて10本以上、立っていますが、やはり、外側の柱の方が花が良く咲いています。

170525E.jpg

170525F.jpg

170525G.jpg

外側から柱部分を撮影します。

170525H.jpg

170525I.jpg

170525J.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:谷津バラ園
posted by matsumo at 17:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

17cmLP「モーツアルト:バイオリン協奏曲第3番」のFLACファイルのup

以下に示す通り、音源ファイルをupしておりますので、ご興味ある方はダウンロードの上、お聴き下さい。なお、このファイルは6/5(月)に自動的に削除されます。

<モーツアルト:バイオリン協奏曲第3番>
アルテュール・グリュミオー(vn)、コリン・デーヴィス指揮ロンドン交響楽団
Arthur Grumiaux(vn), Colin Davis - London Symphony Orchestra
1961年録音
17cmLP、日本ビクター SFX-3513

Mozart_ViolinConcerto_No3_Grumiaux_Davis_London_so_1961A_B.flac(103MB)
http://fast-uploader.com/file/7050971800330/
削除予定日時 2017年06月05日 10時24分14秒
なお、上記のアップローダー、同時ダウンロード人数制限があるようで、ダウンロード画面まで達しなかった場合は、時間をおいて、再度、アクセスして下さい。
posted by matsumo at 19:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俳優「ロジャー・ムーア」が亡くなったそうです

007映画で、主役の「ジェームズ・ボンド」を7作、すなわち、「007 死ぬのは奴らだ」(1973)、「007 黄金銃を持つ男」(1974)、「007 私を愛したスパイ」(1977)、「007 ムーンレイカー」(1979)、「007 ユア・アイズ・オンリー」(1981)、「007 オクトパシー」(1983)、「007 美しき獲物たち」(1985)で演じていたロジャー・ムーアが昨日(5/23)亡くなったそうです。氏は1927年生まれだそうですから、享年89歳と言うことになります。初代ジェームズ・ボンドを演じていたのは、ショーン・コネリーで、ロジャー・ムーアは三代目だったのですが、驚いたことは、コネリーは1930年生まれだそうですから、三代目の方が3歳も年上だったことになります。

007映画は最近のものは全く観ていませんが、映画館で観たのは、第3作目の「007 ゴールドフィンガー」(ショーン・コネリー)、第15作目の「007 リビング・デイライツ」(ティモシー・ダルトン)、第16作目の「007 消されたライセンス」(ティモシー・ダルトン)、そして、第17作目の「007 ゴールデンアイ」(ピアース・ブロスナン)、そして、第21作目「007 カジノ・ロワイヤル」(ダニエル・クレイグ)だけだと思います。すなわち、ロジャー・ムーアの出演作全7作を観たのは、いずれもLDででした。

と言うことで、追悼を兼ねて、LDにて「007 ムーンレイカー」(ルイス・ギルバード監督)を観ました。

170524ZG.jpg

さて、感想ですが、面白かったです。ともかく、話がおちゃらけていて、軽いことが特長ですね。加えて、当時はまだ、珍しかったであろう、海外旅行風の描写が沢山、すなわち、イタリアのベニスとか、リオのカーンバルとか、ともかく、その辺りも観ていて楽しいですね。後、クラシック音楽が使われている場面、結構、多いのには驚きました。

後、ムーアの出演作で好きなのは、「007 私を愛したスパイ」(1977)で、これに出ていたバーバラ・バックが綺麗でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:17| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする