2017年04月21日

本「今野敏著 警視庁FC」

今野敏著「警視庁FC」(発行日:2013. 4. 3、発行所:(株)講談社)を読みました。これはKODANSHA NOVELSの1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。表題の「FC」とは「Film Commission」の略称で、警視庁がどこかの会社が都内で映画を撮影する際、交通整理や交通遮断等を行って撮影を助ける部署と言うことなのだそうです。しかしながら、話の方は、その部署が映画を撮っていると思わされてしまっていると言うもので、映画「オープン・ユア・アイズ」のように、これが本当かと思っていたら、嘘で、また、これが本当だと思っていたら、嘘でと言うことが続き、そこが非常に面白かったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:今野敏
posted by matsumo at 19:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月21日(金)の「東京国立博物館・平成館」の「特別展 茶の湯」

2017. 4.21(金)、上野駅近くの「東京国立博物館・平成館」にて「特別展 茶の湯」を観てきました。

170421Z.jpg

私は陶磁器には全く興味がないのですが、「東京国立博物館 パスポート」の「特別展6回分」の内、まだ、4回分が余っており、それを使わないともったいないからです。

9:30開館の2分程前に門前に着いたのですが、既に100人程が並んでいて、最後に並びます。列の先頭は既に、門を通って、前庭まで進んでいます。そして、ゆっくりと列は進み、門を通って、9:33頃に平成館前に着きましたが、一度に30名位の人を入れて行くと言うやり方です。そして、9:36頃にようやく、平成館の中に入ることができましたが、驚いたことに、特別展の入場ゲートの所に行かずに、左折して、「平成館ラウンジ」に行き、「呈茶の茶券」を買う人がかなりいます。ううん、この人達、お茶を飲むのが目的に並んでいたのでしょうか。ううん、私でしたら、まずは、特別展を観て、その後に、お茶を飲むのですが。どうやら、この人達は逆なようです。なお、この呈茶の茶券を買うには、この展覧会のキップが必要だそうなので、間違いなく、この人達は特別展を観るはずなのですが。なお、この呈茶、茶道の種々の流派が各1日づつ担当し、計10日間に渡って行われるのだそうで、本日は「古儀茶道藪内流竹風会東京支部」なのだそうです。

と言うことで、パスポートにハンコを押してもらい、エスカレーターで2階に上がって左折し、第1室から観ました。私はてっきり、陶磁器ばかりの展示かと思っていたのですが、そうではなく、状態の悪くて詳細に観る気も起きない掛け軸が結構、並んでいました。そして、第2室、第3室と進み、反対側の部屋に行って、こちらは、4つ位に区切られている部屋を順番に観ました。そして、更に、元の第1室から観ようとしましたが、先程はガラガラだった部屋が、4,5重の状態となっていました。

さて、感想ですが、まずは、「天目茶碗」と称するものが全部で10個もあったのには驚きました。1,2ヶ月前だったでしょうか、TVの「何でも鑑定団」にて「天目茶碗」と鑑定されたものが、外部の人間がそれは偽物であるとの騒ぎがあった時、へええ、天目茶碗って、残っているものの数が少ないのだと知ったのですが、まさか、ここで9個も観ることができるとは思いもよりませんでした。と言っても、私にとっては、「ううん、これが国宝? これが重要文化財?」と言うものばかりでしたが。後は、「割れたのこれと同じようなものをと中国に送ったが、もう、同じようなものは作れないとのことで、ホッチキスの針みたいなもので修理されて送り返されてきた」と言う「青磁輪花茶碗 銘 馬蝗絆」も感心しませんでしたし。後、落語に出てくる「井戸の茶碗」も4個ありました。

結局、良かったのは掛け軸「梁楷:李白吟行図」でした。

その後は勿論、本館、

170421ZA.jpg

東洋館の1・2階を観た後、

170421ZB.jpg

裏庭・表庭の撮影を行いました。本館、前回、観た時と一部が展示変えされていました。

この特別展、4/11(火)〜6/4(日)に行われていますので、陶磁器にご興味がある方、特に、信長・秀吉・千利休が高く評価していた天目茶碗に興味がある方、行かれることをお奨めします。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 3月28日(火)の「光が丘公園」

前述のごとく、2017. 3.28(火)は地下鉄「光が丘駅」より西方向に25分間程、歩いた所にある「清水山の森」の「カタクリ」の自生地に撮影に行って、その後は、すぐ側の「稲荷山憩いの森」に行きました。ここより、東方向に進んで、「光が丘公園」を経由して、地下鉄「地下鉄赤塚駅」まで歩きました。

さて、その「光が丘公園」ですが、いつもは、園内に沢山、植えられている「染井吉野」の大木が満開なのに、今年はまだまだの状態で、その代わりに、葉っぱが茶色の桜が咲いていました。

170421O.jpg

170421P.jpg

170421S.jpg

この桜は折角咲いているのに、綺麗に見えないのが困りものです。

170421V.jpg

170421X.jpg

170421Y.jpg

また、いつのは綺麗な「枝垂れ桜」もまだまだの状態です。

170421Q.jpg

170421R.jpg

170421T.jpg

このほか、「ダイコン」の花が咲いていました。

と言うことで、残念な光が丘公園でした。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:光が丘公園
posted by matsumo at 18:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月21日(金)の「養福寺」と「谷中」

2017. 4.21(金)、本日は朝から薄暗い曇り状態なので、上野駅近くの「東京国立博物館」に行ったのですが、勿論、家から谷中を通って歩いて行ったので、曇り状態ながら、行くまでの途中に、咲いている花の撮影を行いました。

まずは、西日暮里駅と日暮里駅の中間にある「養福寺」(東京都荒川区西日暮里3-3-8)です。道路に面した所の「八重桜」は満開です。

170421A.jpg

170421B.jpg

中に入ると、期待した通り、「牡丹」の花がかなり咲いていました。

170421C.jpg

170421D.jpg

170421E.jpg

170421F.jpg

そのほか、白い花や、

170421G.jpg

「山吹」の花が咲いていました。

170421H.jpg

ここを出て、更に、谷中を進みます。

「ツツジ」、

170421I.jpg

「藤」、

170421J.jpg

白い花、

170421K.jpg

そして、バラの一種、

170421L.jpg

菊の一種でしょうか、咲いていました。

170421M.jpg

以上は、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:養福寺
posted by matsumo at 17:47| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする