2017年04月15日

本「大城和恵著 登山外来へようこそ」

大城和恵著「登山外来へようこそ」(発行日:2016. 8.10、発行所:(株)KADOKAWA)を読みました。これは角川新書の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。著者は「登山外来」を持っている医者だそうで、勿論、方々の山登りをしている方だそうです。

山では心臓発作が起きたら助からないことが多いそうで、特に、血圧、血糖値、コレステロール値が高い人は動脈硬化が進みやすく、血管が狭くなるので要注意だそうです。このため、心臓に優しいペースで歩くこと、すなわち、乳酸を溜めないスピードで歩くこと、これは最も苦しい段階の3、4割、平地を歩いている半分位のペースで歩く必要があるのだそうです。脱水症状にならないように、水分は登山前に500ml、登山中は30分の休憩ごとに摂るように、また、カロリー不足を防ぐために、登山中は行動食をこまめに摂った方が良いそうです。

人間の体力は歳をとるに従って低下しますが、20歳代がピークで、60歳代になるとその半分、70歳代だと1/3になってしまうのだそうです。ううん、やはり、自重する必要がありますね。

トムラウシ山の遭難は低体温症だったのですが、震えがきたら、食べてカロリーを補給する必要があるそうです。また、体を温める場合は、胸を暖めることで、手足を暖めると、逆に冷たい血液が心臓に行き、悪化するそうです。

遭難した場合の110番電話ですが、まず「山岳遭難です」と言って、次に「場所」を言うことなのだそうです。そうすれば、その後、電波が不安定で、電話がつながらなくてなっても、助けが来る可能性が高いのだそうです。

なお、遭難者に出会った場合、まずは、自分の安全を確保することが先決で、無理な救助、例えば、増水した沢でおぼれている人がいても、器具がない場合は助けに行かない、雪崩や落石も安全が確認出来る場合のみ、助けに行くと言うことが重要だそうです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
ラベル:大城和恵
posted by matsumo at 21:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番」(シューリヒト指揮)

バロック音楽の演奏は、昨今は、所謂、古楽器、すなわち、作曲者が活動していた頃に使われていた楽器の復元品を使用し、加えて、当時の楽器操作法、更に、楽譜の読み方も当時のものと称するものでの演奏が流行ですが、1920年〜1960年頃は現代楽器を使った小オーケストラによるものが普通だったよう、ボイド・ニール弦楽合奏団、ローマ合奏団、シュツトガルト室内管弦楽団等がその代表です。

そのような小オーケストラの1つと思われる「チューリッヒ・バロック・オーケストラ」をカール・シューリヒトが指揮して「J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番」を演奏・録音したLPを

170415ZA.jpg

再生・録音・編集したもの「Bach_JS_BrandenburgConcerto_No1_Schuricht_ZurichBaroqueEnsemble_1965A.mp3」(20.8MB)を以下のURLにupしたので(sound1146)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcc04wWjVocjB2VFk?usp=sharing
ラベル:バッハ
posted by matsumo at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月13日(木)の「赤羽台桜並木公園」と「赤羽緑道公園」

前述のごとく、2017. 4.13(木)は「浮間舟渡駅」近くの「浮間公園」に行ってきました。

「赤羽北諏訪神社」より少し南下すると、「赤羽台桜並木公園」です。ここではいつも「八重桜」を撮影するのですが、ここも先程の浮間公園と同様にまだ、ほとんど咲いていません。しかしながら、いつものように「山吹」の花は満開です。

170415T.jpg

170415U.jpg

また、染井吉野はもう盛りは過ぎていますが、満開に近い状態です。柳の緑を入れながら撮影します。

170415V.jpg

170415W.jpg

ここより更に南下すると、歩道橋に出ますので、左折すると、「赤羽緑公園」で、これは細長い公園で、道路と言っても良いもの、東方向、すなわち、赤羽方向に進む公園です。ここにも、染井吉野、

170415X.jpg

そして、「ダイコン」の花が咲いていました。

170415Y.jpg

170415Z.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月13日(木)の「赤羽北諏訪神社」

前述のごとく、2017. 4.13(木)は「浮間舟渡駅」近くの「浮間公園」に行ってきました。その後は家まで歩いて帰りましたが、勿論、その途中、途中で撮影します。

すなわち、公園より埼京線線路と平行な道を東方向に進み、新河岸川を渡り、しばらく進むと道路は大きく右に曲がって、線路の下をくぐり、環八通りを渡って少し南下すると、右側のやや高い場所に「赤羽北諏訪神社」(東京都北区赤羽北3-1-2)があります。

170415A.jpg

境内には1本だけですが、染井吉野があります。

170415B.jpg

また、ここ、富士講に関係あったのでしょうか、大きな「富士講碑」があり、

170415C.jpg

また、石仏があります。

170415D.jpg

勿論、拝殿の前には狛犬がいます。

170415E.jpg

170415F.jpg

拝殿には結構、色々な彫刻があります。

拝殿の左には「恵比寿」、

170415G.jpg

右には大国主と因幡の白ウサギと言うか、「大黒天」の彫刻です。

170415H.jpg

拝殿の前には

170415I.jpg

左の柱に狛犬、

170415J.jpg

中央に2匹の龍、

170415K.jpg

170415L.jpg

そして、柱に狛犬で、

170415M.jpg

また、最も上にも龍がいます。

170415N.jpg

おそらく、龍は水を呼ぶと言うので、火災避けなのでしょうか。

また、道路を挟んだやや高い場所に5つの庚申塔があります。

170415O.jpg

最も右は文字だけのものですが、4つは石仏です。

170415P.jpg

170415Q.jpg

170415R.jpg

170415S.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:13| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする