2017年04月10日

本「池波正太郎著 鬼平犯科帳(22) 特別長編 迷路」

池波正太郎著「鬼平犯科帳(22) 特別長編 迷路」(発行日:2001. 1.10、発行所:(株)文藝春秋)を読みました。これは文春文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、主人公が老年になり、疲れもひどい状態の時に、主人公を狙った暗殺未遂、更に加えて、周囲の人間がドンドン、殺されていくと言う状態になると言うものです。しかしながら、途中までは面白かったのですが、最後があまりにあっけなく終わってしまって、それが肩すかしだったのですが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:池波正太郎
posted by matsumo at 19:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CD”マーラー:交響曲第2番(ブルーノ・ワルターによるピアノ四手版) ”

CDにて、”マーラー:交響曲第2番(ブルーノ・ワルターによるピアノ四手版) ”[中澤真麻(pf)、シュルド・アタヴァーレ(pf)]を聴きました。これ、オーケストラによるものではなく、マーラーと非常に関係があったブルーノ・ワルターがピアノ連弾に編曲したものを、2台のピアノで弾いたものです。

170410ZA.jpg

さて、感想ですが、ガッカリでした。ピアノ連弾・ピアノ独奏による交響曲の演奏と言えば、リスト編曲による「ベートーベン:交響曲第9番」はそれなりに素晴らしいと思いましたが、このマーラーの曲では、やはり、オーケストラで聴きたい、すなわち、広いダイナミックレンジと数々の音色で聴きたいと思いました。

まあ、考えてみると、マーラーの歌曲集、「さすらう若人の歌」や「亡き子をしのぶ歌」、あるいは、「子供の不思議な角笛」でもピアノ伴奏よりオーケストラ伴奏の方が遙かに素晴らしいですし、「大地の歌」もピアノ伴奏のものはつまらなかったので当たり前のような気がしますが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:マーラー
posted by matsumo at 19:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月 5日(水)の「靖国神社」

前述のごとく、2017. 4. 5(水)は地下鉄「九段下駅」より、皇居「北の丸公園」→千鳥ヶ淵緑道→千鳥ヶ淵公園→乾門前→北の丸公園→靖国神社 と桜の撮影に行ってきました。「田安門」を出て、歩道橋を渡って、「靖国神社」に向かいます。靖国神社には全部で4組の狛犬があるそうですが、九段下駅に近い方から入って2番目の狛犬が中々、ユーモラスな感じで良いです。

170410P.jpg

靖国神社の拝殿の前辺りにある染井吉野が東京の桜の開花の標準木で、4/5(水)現在、「満開」と言うことから、さすがに、ここの染井吉野は良く咲いています。

170410Q.jpg

逆に言うと、なぜ、すぐそばのの千鳥ヶ淵の染井吉野の咲き方が遅いのが、全く不思議です。ここにも陽光がありますが、こちらは終わりに近い状態です。

170410S.jpg

拝殿の奧の日本庭園に向かいます。

170410T.jpg

170410U.jpg

170410V.jpg

靖国神社ではここが最も好きです。

170410W.jpg

170410X.jpg

ここを出た後は東方向に進んで、神田神保町「古書店街」、更に、秋葉原に行きましたが、神田川にかかった「昌平橋」に近い場所には「花桃」や

170410Y.jpg

「枝垂れ桜」の花が咲いていました。

170410Z.jpg

と言うことで、白っぽい青空の上、染井吉野は満開になっていない場所が多かったのですが、それでも、まあまあの写真を撮ることができたと思います。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:靖国神社
posted by matsumo at 19:08| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月 5日(水)の皇居「千鳥ヶ淵公園」〜「乾門」前

前述のごとく、2017. 4. 5(水)は地下鉄「九段下駅」より、皇居「北の丸公園」→千鳥ヶ淵緑道→千鳥ヶ淵公園→乾門前→北の丸公園→靖国神社 と桜の撮影に行ってきました。千鳥ヶ淵緑道より千鳥ヶ淵公園に行きますが、その前に、すぐの小さな公園に行きます。しかいsながら、いつもは咲いている「枝垂れ桜」はまだまだの状態です。

170410A.jpg

ここより、英国大使館の前を進みますが、ここも染井吉野の並木になっており、こちらは満開に近い状態です。

170410B.jpg

そして、英国大使館前で、お堀沿いの細長い公園が「千鳥ヶ淵公園」です。ここの特長は黄色い菜の花が咲いている場所があることです。

170410C.jpg

勿論、お堀沿いには沢山の「染井吉野」が植えられていますが、

170410D.jpg

170410E.jpg

残念ながら期待していた枝垂れ桜はまだまだの状態です。

170410F.jpg

ここより、先程の菜の花が沢山咲いている場所に戻ります。

170410G.jpg

170410H.jpg

170410I.jpg

ここより、「千鳥ヶ淵公園」とは別れ、乾門に向かいます。ここは、緑の桜「御衣黄」の並木道で、ほぼ満開状態です。

170410J.jpg

このほか、陽光の木もあります。

170410K.jpg

170410L.jpg

「東京国立近代美術館工芸館」の建物が見えてくれば、すぐに「乾門」です。この辺り、枝垂れ桜の木が沢山、植えられていますが、まだ、五分咲き程度でしょうか。

170410M.jpg

170410N.jpg

また、乾門の前の大通りを挟んだ場所にも枝垂れ桜が何本かかたまってあるのですが、こちらも残念ながら三分も咲いていない状態です。

170410O.jpg

ここより、北の丸公園を通り、田安門より出ます。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする