2017年04月03日

本「池波正太郎著 鬼平犯科帳(15) 特別長編 雲竜剣」

池波正太郎著「鬼平犯科帳(15) 特別長編 雲竜剣」(発行日:2000.10.10、発行所:(株)文藝春秋)を読みました。これは文春文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。ただし、終わりの方は完全に尻つぼみになりましたが。あ、これ長編です。こう言うの、読むと、池波氏、やはり、短編より長編の方が面白いです。それにしても、主人公、妙に強いのですが、戦う際、刀以外に体当たりとか、蹴飛ばすとか、棒を投げるとか、ともかく、所謂、剣術だけではないのが特長ですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:池波正太郎
posted by matsumo at 17:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

格安SIM「DMM mobile」に入会

前述のごとく、格安SIM「Nifmo」で使用していたスマートフォン「FREETEL:Priori3」の代わりに「acer:Z530」を入手したので、現在、そちらを使っており、約半年間しか使っていない「FREETEL:Priori3」が余っているので、そちらを携帯電話もスマートフォンも持っていない人に、ポケベルみたいな使い方、すなわち、単なる連絡用として持たせることとしました。この使い方だと、メールが受信できるだけで良いので、月支払い500円程度の音声は使えないデータ専用の格安SIMで使うこととしました。

所謂、格安SIMは月毎の支払いは結構、安くできますが、その前にSIMを入手する必要があります。しかしながら、これにかかる費用は、結構、高い、すなわち、例えば、「DMM mobile」では3,240円(税込み)もします。でも、これには裏道があって、日本amazonで入手すれば、送料税込み540円で済みます。日本amazonではこの手の格安SIMが種々、販売されており、最も安いのは「FREETEL」のSIMで、これだと送料税込み299円ですが、実際はこれ事務手数料みたいな感じで、更にSIM発行手数料426円がかかります。と言うことで、格安SIMの価格、すなわち、本体と発行手数料・事務手数料を合わせたものでは、「DMM mobile」が最も安いようで、これを入手することとしました。

そして、日本amazonで発注操作を行い、2日後に入手しました。

170403ZC.jpg

中を開けると、説明書とSIMが入っているクレジットカード大のものがあります。

170403ZD.jpg

SIMが入っているクレジットカード大のものの表面と

170403ZE.jpg

裏面です。

170403ZF.jpg

まず、インターネットに接続しているパソコンにて説明書に書かれているURLにアクセスし、クレジットカード大に記載されている電話番号と製造番号、そして、DMM mobileの会員となるための「ID」、これは普段、使用しているメールアドレスです。そして、このID用のための新たなパスワードを入力します。以後、画面や送られてきたメールの指示に従って、入会コース(1GB/月、税込み520円)、住所、名前、クレジットカード番号等を入力すれば、終了です。なお、月の途中にこれらの操作を行ったので、その月の分は日割り計算となり、52円でした。

SIMを切り離し、裏蓋を開け、充電式電池を取り外した「FREETEL:Priori 3」に挿入します。なお、このPriori 3にはGMailのアダレスとパスワードは既に設定してあります。

170403ZH.jpg

170403ZI.jpg

そして、充電式電池を入れ、裏蓋を閉めます。

170403ZK.jpg

電源スイッチを入れ、「設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」で「DMM mobile」を選べば、終了です。

170403ZL.jpg

170403ZM.jpg

ううん、格安SIMって、最初に発売された頃は、設定をするのが結構、面倒くさかったのですが、最近のものはあまりに簡単になったのに驚きました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:DMM mobile
posted by matsumo at 11:37| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 3月28日(火)の「清水山の森」(2)

前述のごとく、2017. 3.28(火)は地下鉄「光が丘駅」より西方向に25分間程、歩いた所にある「清水山の森」の「カタクリ」の自生地に撮影に行ってきました。自生地の続きです。

170403Q.jpg

170403R.jpg

170403S.jpg

170403T.jpg

ここにはカタクリのほか、「一輪草」も咲いています。

170403U.jpg

また、石仏もあります。

170403V.jpg

ここより、細い川沿いの道を200m程、進んで、「稲荷山憩いの森」に行きます。

170403W.jpg

170403X.jpg

ここにも、5年以上前はカタクリの花が咲いていたのですが、今は全く見あたりません。

ここより、「光が丘公園」を目指して、東方向に進みます。

170403Y.jpg

170403ZA.jpg

170403Z.jpg

と言うことで、今年の「清水山の森」のカタクリはガッカリでした。ううん、来年からは、他の場所、例えば、京王線「長沼駅」近くの「長沼公園」辺りに行った方が良いような気がします。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:清水山の森
posted by matsumo at 11:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 4月 2日(日)の「第18回 染井よしの桜まつり」

駒込駅・巣鴨駅近くの「染井地区」では、桜の開花時期は種々の場所で「桜まつり」が行われます。すなわち、「3/20(月):染井櫻開花まつり(染井銀座商店街)」、「3/25(土):桜まつりパレード(巣鴨駅前商店街と巣鴨地蔵通りの一部)」、「4/1(土):染井よしの桜里まつり(染井よしの桜の里公園)」、「4/2(日):染井よしの桜まつり(染井吉野記念公園)」等ですが、内、2017. 4. 2(日)、駒込駅近くの「染井吉野記念公園」に「第18回 染井よしの桜まつり」を撮影に行ってきました。

この桜まつり、まずは、「本郷通り」の「霜降り橋交差点」よりの「オープニングパレード」から始まります(開始:10:00)。

幕を持った人達が先頭で、中央が「豊島区 ソメイヨシノ観光大使」です。3名いるはずですが、1名のみの参加です。行列は坂を上って、南下して、染井吉野記念公園を目指します。

170403D.jpg

その後ろが子供達と来賓の人達、

170403E.jpg

そして、駒込小学校の楽隊が続きます。

170403F.jpg

170403G.jpg

170403H.jpg

その次が「十文字中学高等学校吹奏楽部」です。

170403I.jpg

170403J.jpg

170403K.jpg

10:17頃、染井吉野記念公園前に着き、十文字中学高等学校吹奏楽部のみ公園に入り、他は、ここで解散となります。

10:20頃より、開会式が始まり、まず、、十文字中学高等学校吹奏楽部が1曲、演奏します。

170403L.jpg

その後、豊島区長を始めとした来賓達の挨拶が延々と続きます。11:10頃にようやく挨拶が終了し、これで開会式は終了となります。

その後、色々なグループによる演奏等が始まりますが、私が興味があるのは最初の和太鼓のみです。11:15頃より、「太鼓集団 天邪鬼」による和太鼓の演奏が始まります。

170403M.jpg

170403N.jpg

2曲、演奏されましたが、驚いたことに外人が2名、参加していました。

170403O.jpg

なお、ソメイヨシノ観光大使は、開会式も、演奏している最中もずっと、立っていましたが、大変でしょうね。

170403P.jpg

以上は、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 10:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする