2017年02月28日

本「山と渓谷社編 ドキュメント御嶽山大噴火」

山と渓谷社編「ドキュメント御嶽山大噴火」(発行日:2014.12.15、発行所:山と渓谷社)を読みました。これはヤマケイ新書の1冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったと言うか期待外れでした。これ、この噴火に出会った7人による体験談と、後は学問的な話とか、救助体制に関する話とかで、この手のものを読む人は、体験談を読みたい、すなわち、読書により追体験したいと思っている人がほとんどと言うことを無視している本だと思いました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:御嶽山
posted by matsumo at 18:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP”メンデルスゾーン:劇音楽「真夏の夜の夢」”より(モントゥー指揮)

シェイクスピアの戯曲「真夏の夜の夢」は舞台での上演は勿論、映画や歌劇でも上演されています。内、劇場での上演のための付随音楽としては”メンデルスゾーン:劇音楽「真夏の夜の夢」”、歌劇では”パーセル:歌劇「妖精の女王」”と”ブリテン:歌劇「真夏の夜の夢」”が有名です。映画では、1935年、1968年、1996年、1999年製作のものが有名です。内、「妖精の女王」と1999年映画のみ、劇場で観たことがことがあります。

さて、上記の”メンデルスゾーン:劇音楽「真夏の夜の夢」”に中の「序曲、夜想曲、スケルツオ、結婚行進曲」の4曲を「ピエール・モントゥー指揮ウィーンフィルハーモニー管弦楽団」が演奏・録音したLPを

170228ZZ.jpg

再生・録音・編集したもの「Mendelssohn_A_MidsummerNight'sDream_Highlight_Monteux_Vienna_po_1957B.mp3(24.7MB)」を以下のURLにupしたので(sound1177)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcZWRHaWNiSnU5clU?usp=sharing
posted by matsumo at 18:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 1月22日(日)の「大国神社」と「六義園」

2017. 1.22(日)は、まずは、上中里駅近くの「旧古河庭園」に、その後は、南下して、駒込駅前の「大国神社」に行きました。

170228Q.jpg

170228R.jpg

170228S.jpg

170228T.jpg

ここより、更に南下して、「六義園」に行きました。正月時の飾りがまだ、残っていました。

170228U.jpg

ここより、池の周りを進んで、「藤代峠」に麓の白梅の所に行きます。

170228V.jpg

170228Z.jpg

170228W.jpg

170228ZA.jpg

六分咲き程度でしょうか。

170228X.jpg

170228ZB.jpg

170228Y.jpg

170228ZC.jpg

紅梅はここから離れた茶室の辺りにあるだけで、この辺りにあるのは白梅ばかりなのが残念です。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月28日(火)の「高尾梅郷」(1)

2017. 2.28(火)、本日の朝方は薄黒い雲が空を覆っていましたが、その後、白っぽいが青空になったので、京王線「高尾駅」より「高尾梅郷」をまわってきました。新宿駅を出た時はまあまあの天気だったのですが、次第に雲が増え、府中駅辺りからは曇りとなってしまいました。

と言う訳で、ガッカリ状態で京王線「高尾駅」を出て、まずは、すぐそばの「大光寺」に行きます。時々、薄日が射す状態です。

170228A.jpg

170228B.jpg

この境内にはなぜか、蛙の置物が多いです。

170228C.jpg

ここより、駅の反対側に行くために踏切を渡りますが、そのすぐそばに「地蔵尊」が安置されています。

170228D.jpg

ここより、JRの線路つたいの路地を相模湖駅方向に進みます。

170228E.jpg

路地が終わる直前にも石仏があります。

170228F.jpg

大通り(甲州街道)に出て、橋を渡って、高尾山口駅方向に進み、「上椚田橋」の直前まで進むと、線路・川と大通りの間に梅の花が咲いています。

170228G.jpg

大通りを渡り、小さな公園である「西浅川地蔵遊園」に行きます。ここには何本か、梅の木が植えられています。

170228H.jpg

170228I.jpg

170228J.jpg

170228K.jpg

170228L.jpg

スクウェアーフォーマットでも撮影します。

170228M.jpg

170228N.jpg

170228O.jpg

170228P.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:高尾梅郷
posted by matsumo at 18:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

本「加藤廣著 空白の桶狭間」

加藤廣著「空白の桶狭間」(発行日:2011.10. 1、発行所:(株)新潮社)を再読しました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、桶狭間の戦いの詳細が現在までに伝わっていないことから、それを利用して、著者の想像を膨らませているものです。すなわち、秀吉が「山の民」の出身であることから、その山の民の親分に頼み込んで、多数の攻撃犬を使って今川義元を守る旗本達を殺して、義元の首を取ると言うものです。まあ、この辺り、大きな疑問がありますが、着想としては面白いと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:加藤廣
posted by matsumo at 18:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月26日(日)の「第24回 マツオコンサート」

2017. 2.26(日)、地下鉄「大手町駅」近くの「よみうり大手町ホール」にて、「第24回 マツオコンサート」を聴いてきました。

170227A.jpg

聴衆の入りはほぼ満席と盛況で、演奏された曲は以下です。

(1)ヤナーチェック:弦楽四重奏曲第1番
(2)メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第2番
カルテットアマービレ
(3)ベートーベン:弦楽四重奏曲第13番(「大フーガ」付)
(4)J.S.バッハ:「マタイ受難曲」より「わが切なる願いを」
クァルテットベルリン・トウキョウ

前半が女性3人とチェロの男によるカルテットアマービレ、後半が男3人とチェロの女性によりクァルテットベルリン・トウキョウによる演奏で、前者はバイオリン・バイオリン・ビオラ・チェロ、後者はバイオリン・バイオリン・チェロ・ビオラと言う並び方でしたが、折角だったら、両方とも両者の団員を入れ替えて、男女が2名づつになればと思いました。加えて、両者とも、黒い服でしたが、折角、女性がいるのでしたら、露出度が高い華やかな色のドレスを着て欲しいと思いました。演奏会って、音を聴くだけではなく、目でも楽しむものだと思っていますので。

また、このホール、入ったのは2回目ですが、座席の中央に通路がなく、中央の席は横16列ですので、真ん中に座る人は大変です。詰め込むだけ詰め込むと言う感じの作りのホールですね。これならば、座席を含めて、最近の映画館の方が遙かによくできていると思います。

さて、感想ですが、(1)は家では滅多に聴かない曲ですが、第1楽章は意外に良い曲だと思いました。また、(2)は初めて聴く曲で、確か、トスカニーニの伝記でトスカニーニがチェロを弾いていた曲ですが、トスカニーニがベートーベンの曲よりかなり劣る旨を言っていたことから、全く期待していなかったのですが、意外に良い曲なのには驚きました。この曲の録音は持って無さそうなので、その内、入手しようと思います。

(3)は第1〜第4楽章は、「この曲、こんな曲だっけと」思った、眠くなるほどのテンションの低い演奏だったのですが、第5楽章のアダージョになり急に音楽が深くなってきて、第6楽章の大フーガは素晴らしい演奏になりました。最初から、この位頑張ってくれたら良かったのですが。と言うことで、第5・6楽章は名演でした。

(4)はアンコール曲でしたが、まあまあと言うところでした。

と言うことで、本日は「東京マラソン2017」のさだかで、都心は戒厳令状態で、このホールの側も出場者達が沢山、歩いている状態でしたが、行って良かった演奏会でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月15日(水)の「高幡不動尊」

前述のごとく、2017. 2.15(水)は京王電鉄「百草園駅」近くの「京王百草園」に行きましたが、その後は、百草園駅近くまで戻り、京王線の線路と平行な道を西方向に進んで、高幡不動駅近くの「高幡不動尊」に行きました。

170227T.jpg

170227U.jpg

170227V.jpg

170227Z.jpg

境内には「白梅」が咲いています。

170227ZA.jpg

170227ZB.jpg

170227ZC.jpg

「ミツマタ」の花も咲き始めていました。

170227W.jpg

このお寺はやはり、五重塔があるのが良いです。

170227X.jpg

170227Y.jpg

その後は、高幡不動駅より京王線新宿駅に戻りました。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+Mマウントユニット「リコー:GXR MOUNT A12」+K/Mマウントアダプター「近江屋写真用品:HANSA P/K Lens - LM」+ソフトフォーカスレンズ「ケンコー:Kenko MC SOFT 35mmF4」、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「SODIAL:C-M4/3マウントアダプター」+「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月25日(土)の「大田区立池上梅園」(2)

前述のごとく、2017. 2.25(土)は地下鉄「西馬込駅」近くの「大田区立池上梅園」に梅の撮影に行ってきました。

ここの梅の木は主に斜面に植えられているのですが、平地に植えられているものもあります。

170227B.jpg

170227C.jpg

170227E.jpg

170227D.jpg

170227F.jpg

ここには茶室もあり、その側にも梅の木が植えられています。

170227J.jpg

170227G.jpg

170227H.jpg

170227I.jpg

また、ここではCマウントレンズを使用したスクエアーーフォーマットの写真も撮影しました。

170227K.jpg

170227L.jpg

170227N.jpg

170227M.jpg

170227P.jpg

私は35mmフィルムでの撮影から入ったこともあり、この正方形の写真って、新鮮な感じで面白いです。

170227O.jpg

170227R.jpg

170227Q.jpg

170227S.jpg

と言うことで、ここの梅の花の最盛期は都心と同じ時のようでうsので、もし、来年、行くとしたら、都心の梅の花の最盛期の時に行きたいです。

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-G2」+「パナソニック:G VARIO 14〜42mmF3.5-5.6」、、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「SODIAL:C-M4/3マウントアダプター」+「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

本「胡桃沢耕史著 翔んでる警視(2)」

胡桃沢耕史著「翔んでる警視(2)」(発行日:1983. 7.25、発行所:(株)双葉社)を再読しました。これは双葉文庫の1冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったです。これ、あの笹川良一を思わせる悪者が丸山ワクチンを思わせる制ガン剤の医薬品製造承認の邪魔をすると言う話ですが、そこに出てくる話が気持ち悪すぎです。著者の胡桃沢氏は若い頃、エロ小説を書いていた人なのだそうですが、それを彷彿とされるものですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:胡桃沢耕史
posted by matsumo at 18:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日(土)の「無量寺」の「除夜の鐘」の生録音

前述のごとく、2016.12.31(土)の24時過ぎと言うか、2017. 1. 1(日)の0時過ぎと言うか、微妙なところですが、王子駅近くで行われる「王子 狐の行列」の撮影に行ってきましたが、その後は上中里駅近くの「無量寺」(東京都北区西ケ原1-34-8)に行き、WAVE Recorder「ティアック:TASCAM DR-07Mk2」にて「除夜の鐘」の生録音を行ってきました。

170226ZF.jpg

真っ暗の中、鐘を突く人達が並んでいて、1人1回づつ、突いていました[2016-12-31Muryouji_JoyanoKane.mp3(1.55MB)]。

この音ファイルを以下のURLにupしたので、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcS2tIUjNfaFRDbVU?usp=sharing
posted by matsumo at 08:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月14日(火)の「谷中」

前述のごとく、2017. 2.14(火)は上野駅近くの「東京文化会館・小ホール」で行われた「東京文化会館 モーニングコンサート Vol.102」を聴いてきましたが、帰りは「谷中」を通って家に戻りました。今はまだ、冬ですが、結構、花が咲いています。

170226ZA.jpg

170226ZC.jpg

170226ZB.jpg

170226ZD.jpg

また、柚の実も残っています。

170226ZE.jpg

そして、「臨江寺」(東京都台東区谷中1-4-13)に寄りましたが、

170226W.jpg

170226X.jpg

境内には白梅が咲いていました。

170226Z.jpg

170226Y.jpg

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-G2」+「パナソニック:G VARIO 14〜42mmF3.5-5.6」、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「SODIAL:C-M4/3マウントアダプター」+「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:谷中 臨江寺
posted by matsumo at 08:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月25日(土)の「大田区立池上梅園」(1)

2017. 2.25(土)、もしかして、もう、遅いかもしれないと思ったのですが、地下鉄「西馬込駅」近くの「大田区立池上梅園」に梅の撮影に行ってきました。ここは、西馬込駅より15分間程、南下した所にあるのですが、まずは、私の家より、地下鉄三田線で三田駅まで行き、そこで、浅草線に乗り換えるのですが、何と、次の泉岳寺駅で降り、そして、そこで、今度は西馬込行に乗り換えねばなりませんでした。すなわち、少なくとも、この時間帯の浅草線は押上駅から西馬込駅までそのまま乗れる列車は走っていないようで、泉岳寺−西馬込間は支線みたいな扱いになっているようです。加えて、池上梅園は大通り(第二京浜)より僅かに離れた所にあるのですが、そこへの曲がり道に左折を指示する道標が無く、少し、行き過ぎた所の道標に従って左折したことにより、僅かですが、遠回りになってしまいました。そして、入園料100円を払って中に入ったのですが、土曜日と言うこともあり、すごい混み方でした。

170226B.jpg

170226C.jpg

170226A.jpg

170226D.jpg

170226E.jpg

ここは斜面に梅の木が植えられた所で、下から撮影する形になるので、人が多くても結構、撮影しやすいです。

170226F.jpg

170226H.jpg

170226G.jpg

170226I.jpg

170226J.jpg

しかしながら、ここの白梅は終わりに近い状態で、写真になると汚い感じになるので、ほとんど撮影できませんでした。と言うことで、紅梅をメインに撮影します。

170226K.jpg

170226N.jpg

170226L.jpg

170226O.jpg

170226M.jpg

斜面は登ることができ、高い尾根に当たる部分から見下ろすこともできますが、それだと、建物や人が入ってしまうので、階段の中頃から撮影するのがせいぜいです。

170226P.jpg

170226Q.jpg

170226S.jpg

170226R.jpg

170226T.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:池上梅園
posted by matsumo at 08:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

本「今野敏著 朱夏 警視庁強行犯係・樋口顕」

今野敏著「朱夏 警視庁強行犯係・樋口顕」(発行日:2007.10. 1、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これ、警視庁捜査一課の刑事の妻が突然、いなくなって、それが誘拐ではないかと言うことで、その刑事と友人の所轄の生活安全課の警察官と組んで、独自に捜査すると言うものです。加えて、警備部長への恐喝文の捜査と言うこともあり、限られた時間で犯人を見つけるのですが、ううん、犯人が交番の若い警察官とは、内容的に暗すぎですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:今野敏
posted by matsumo at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懐中時計付き雑誌「【改訂版】甦る古の時計 郷愁の懐中時計コレクション(1)」(続続々)

2016. 1.13(水)、入手した雑誌「【改訂版】甦る古の時計 郷愁の懐中時計コレクション(1)」付録の懐中時計ですが、

170225A.jpg

170225B.jpg

2017. 2.23(木)に気がついたら、針の動きが止まっていました。すなわち、内蔵電池が無くなってしまったようです。このため、裏蓋を開けてみました。

170225C.jpg

周りをプラステックで動かないようにしたモジュールが入っていたので、

170225D.jpg

それを外してみたところ、

170225E.jpg

使われていた電池は「SR626SH」と言う非常に直径7mm程の小さな酸化銀電池でした。インターネットで調べてみたところ、このSR626SHと言う電池はもう販売されていないようで、これと近いものが「SR626SW」で、GP製のものが100円ショップ「ダイソー」で税込み108円で販売されており、また、ソニー製のものが「日本amazon」で5個、税込み250円で販売されているそうなので、これ、5個買っても意味がないので、ダイソーで見つけたら入手しようと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 1月25日(水)の「赤塚諏訪神社・下赤塚富士」

前述のごとく、2017. 1.25(土)は地下鉄「地下鉄赤塚駅」より北へ徒歩20分位の所にある「板橋区立赤塚植物園」に「シモバシラ」の撮影に行きましたが、その後は、前回、行った時に頂上から富士山が見えなかった、「下赤塚富士」に行ってきました。

すなわち、ここは、「赤塚諏訪神社」(東京都板橋区大門5)の付属地にあるので、まずは、この神社に行きます。

170225ZD.jpg

170225ZE.jpg

170225ZI.jpg

ここの狛犬は1882年製作と古いものです。

170225ZF.jpg

170225ZG.jpg

境内にはご神木もあります。

170225ZH.jpg

ここより、南に50m程行った付属地内に「下赤塚富士」があります。

170225X.jpg

170225Y.jpg

170225Z.jpg

登山道を登り、

170225ZA.jpg

頂上に着き、

170225ZB.jpg

西方向を見ると、期待した通り、雪をかぶった富士山が見えました。

170225ZC.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「SODIAL:C-M4/3マウントアダプター」+「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:下赤塚富士
posted by matsumo at 17:42| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 七福神巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月19日(日)の木場駅近くの「大横川」

前述のごとく、2017. 2.19(日)は地下鉄「住吉駅」近くの「ティアラこうとう・大ホール」にて「アパッショナート管弦楽団 第18回定期演奏会」を聴いてきましたが、その前に、「河津桜」や「梅」の花の撮影を行いました。すなわち、「地下鉄・木場駅→大横川→木場公園→(錦糸町駅)→錦糸公園→亀戸天神→小村井香取神社→亀戸天神→錦糸公園→(錦糸町駅)→猿江恩賜公園→ティアラこうとう」と歩いて、撮影を行いました。

この中の木場駅近くの「大横川」の両岸の堤防伝いの「河津桜」です。前回(2/11)に行った際、残念ながら、あまり咲いていなかったので、その1週間後に行ったのですが、花の咲き方は前回とはあまり変わっていませんでした。

170225H.jpg

170225I.jpg

170225J.jpg

170225K.jpg

170225L.jpg

ううん、1週間、経ったので、もう少し、咲いていると思ったのですが。

170225M.jpg

170225N.jpg

170225O.jpg

170225P.jpg

170225Q.jpg

この調子だと、もう1回、行こうかなあと思っています。

170225R.jpg

170225S.jpg

170225T.jpg

170225U.jpg

170225V.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「SODIAL:C-M4/3マウントアダプター」+「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:大横川
posted by matsumo at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

本「今野敏著 欠落」

今野敏著「欠落」(発行日:2013. 1. 7、発行所:(株)講談社)を読みました。

さて、感想ですが、つまらなかったです。と言うのは、話が荒唐無稽過ぎで、話の中に入って行けなかったです。

これ、立てこもり事件が起こり、人質と交換された女性警察官を連れた犯人が囲まれた警察達を突破して逃げてしまう。これとは別に、いくら調査しても身元がわからない女性死体が3つ出てきて、それを捜査している刑事達がいるが、実は、これらは、警察の公安部が中国のスパイ達を捕まえるための陰謀だったと言うものです。ううん、公安部なんて、我々、一般人には全く関係ないですが、実際のところ、どうなんでしょうか。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:今野敏
posted by matsumo at 18:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月24日(金)の「第39回 世界の中古カメラ市」

2017. 2.24(金)、家から2時間程歩いて(あさっての2/26(日)に「東京マラソン」が行われるため、マラソンコs−ウである日本橋から銀座にかけて、警視庁による防犯カメラの設置が行われていました)、地下鉄「銀座駅」近くの「銀座松屋百貨店」8Fで開かれている「第39回 世界の中古カメラ市」に行ってきました。

170224X.jpg

11時過ぎに会場に入ったのですが、ここ数年間位見ない人の多さには驚きました。いつもは閑散としているのですが。加えて、ウィンドウの上でカメラやレンズを見せてもらっている人や購入している人も結構、おり、ここ数年間で最も盛況でした。ううん、現在はデジカメと言うか、スマホの内蔵デジカメの時代ですが、フィルム式カメラやレンズの需要は一時より増えたのでしょうか。なお、出店しているのは全部で17店でした。

さて、私の目的ですが、もしかして、「Cマウント・マイクロフォーサーズマウントアダプター」があったら、持参したCマウントレンズ「FUJIAN:TV LENS GDS-35 35mmF1.7」を取り付けて、遠い景色が撮影できるかどうか確認後、撮影できたら、購入したいと思っていたのですが、他のマウントアダプターはあったのに、なぜか、このアダプターは見つけることはできませんでした。あ、入手したい理由は、私が持っているマウントアダプターでは近距離しか撮影できないためです。

後は交換レンズで、安いものがないか探したのですが、ジャンク品のワゴンが結構な数あり、その中で、キヤノンのLマウントレンズ(焦点距離:50mm)が3500円、4200円で売られているのを3本見つけましたが、焦点距離50mmと言うのは、「APS-C」や「マイクロフォーサーズ」のCCDが入っているデジカメでは使いにくいこと(APS-Cでは50mmレンズは35mmフィルムカメラ換算で75mm相当、マイクロフォーサーズでは35mmフィルムカメラ換算で100mm相当となってしまうので、普通に撮るには望遠系過ぎるためです)、キヤノンのLマウントレンズは曇るものが多く、事実、そこにあったものもガラスレンズ部分をみると薄く曇っていたことより止めました。また、沈胴式のロシア製レンズも探したのですが、50mmの普通のものは見かけましたが、沈胴式のものは見かけませんでした。

と言うことで、本日は残念ながら収穫は無しでした。

それにしても、本日は朝方は曇りでしたが、その後、都区内の北半分は青空、南半分は曇り状態となりました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 1月12日(木)の「五條天神」と「臨江寺」

前述のごとく、2017. 1.12(木)は皇居「北の丸公園」と「皇居東御苑」に行きましたが、その後は、秋葉原を経由して、上野公園に行きました。その中にある「五條天神」ですが、

170224O.jpg

ここの梅の花は咲き始めていました。

170224P.jpg

170224Q.jpg

170224R.jpg

170224S.jpg

ここより、谷中を通って家に戻りましたが、その途中にある「臨江寺」(東京都台東区谷中1-4-13)です。レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「SODIAL:C-M4/3マウントアダプター」+「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」で撮ったもので、絞り開放(F1.4)、

170224T.jpg

絞ってF8程度にしたもので、ピントが合っている部分が増えたと言うか、周囲のグルグルボケの部分が減っていると思います。

170224U.jpg

更に、進んで、

170224V.jpg

家に戻りました。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「TARION:C-M4/3マウントアダプター」+「FUJIAN:TV LENS GDS-35 35mmF1.7」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月15日(水)の「京王百草園」近く

前述のごとく、2017. 2.15(水)は京王電鉄「百草園駅」近くの「京王百草園」に行きましたが、駅からそこに行く途中、そこから駅まで行く途中にも撮影しました。

まずは、百草園駅から京王百草園に行くまでに撮ったもので、民家に咲いていた「白梅」です。

170224A.jpg

そのすぐ側の「地蔵尊」です。

170224B.jpg

「京王百草園」より駅に向かう道ですが、

170224M.jpg

行きとは別の、「六地蔵」に向かう道を進みます。この辺り、今は使われていない「梅畑」が結構、残っています。

170224C.jpg

170224E.jpg

170224D.jpg

六地蔵に着きました。

170224F.jpg

170224G.jpg

170224H.jpg

ここより、ハイキング道みたいな感じの細い道を下りきると、また、地蔵尊が安置されています。

170224I.jpg

170224J.jpg

このそばにも、紅梅や白梅が咲いています。

170224K.jpg

170224L.jpg

ここより、僅かに進むと、「百草園駅」に戻りますが、そこには戻らず、線路沿いの道を高幡不動駅方向に進み、「高幡不動」に行きます。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+Mマウントユニット「リコー:GXR MOUNT A12」+K/Mマウントアダプター「近江屋写真用品:HANSA P/K Lens - LM」+ソフトフォーカスレンズ「ケンコー:Kenko MC SOFT 35mmF4」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:京王百草園
posted by matsumo at 17:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

本「胡桃沢耕史著 翔んでる警視(1)」

胡桃沢耕史著「翔んでる警視(1)」(発行日:1983. 7. 1、発行所:(株)双葉社)を再読しました。これは双葉文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、短編集で、「私が犯人です」、「コノオトコガハンニンデス」、「恨みですか愛ですか」、「被害者が犯人です」、「全員が犯人です」、「五人の容疑者」、「『白昼夢』の殺人」の7編が収録されていますが、いずれも、甲乙が無い程のデキだと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:胡桃沢耕史
posted by matsumo at 13:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「J.S.バッハ:バイオリン協奏曲第1番」(シルーニック)

先日、指揮者のスタニスワフ・スクロヴァチェフスキが亡くなりましたが、生前は神様のように思われていた指揮者のギュンター・ヴァントに代表されるように、大部分の演奏家は亡くなって1年も経てば、忘れ去られる運命にあります。指揮者のルイ・オーリアコンブも同様で、今や、氏の名前を知っている人はほとんどいないのではと思います。

このルイ・オーリアコンブが、バイオリニストのシャルル・シルーニックを独奏者として、トゥールーズ交響楽団を指揮して「J.S.バッハ:バイオリン協奏曲第1番」を演奏・録音したLPを

170223ZE.jpg

再生・録音・編集したもの「Bach_JS_vn_Concerto_No1_Cyroulnik_Auriacombe_Toulouse_so_1960A_B.mp3(14.3MB)」を以下のURLにupしたので、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcN0hvdm9RQ1lMQXc?usp=sharing
タグ:バッハ
posted by matsumo at 11:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cマウントレンズ「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」(5)

前述のごとく、日本amazonより入手したCマウントレンズ「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」ですが、Cマウントレンズ-マイクロフォーサーズカメラボディ対応レンズマウントアダプター「SODIAL:C-M4/3」経由で、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」に取り付けて使っています。それで撮った写真の続きです。

まずは、2017. 2.22(水)に家の近所で撮影した「アセビ(馬酔木)」の花です。

170223W.jpg

170223X.jpg

「菜の花」です。

170223Y.jpg

都電・荒川線「学習院下停留所」と「面影橋停留所」の中間地点にあるほぼ90度曲がるカーブの所で撮影した都電です。

170223ZA.jpg

170223ZB.jpg

170223ZC.jpg

170223Z.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 11:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 1月31日(火)の「新宿御苑」(4)

前述のごとく、2017. 1.31(火)は新宿駅近くの「新宿御苑」に行ってきました。「日本庭園」内の「楽羽亭」のそばの「福寿草」は見頃となっていました。福寿草は咲き始めが美しく、それからしばらくして、背が高くなり、花の数が増えると、見栄えが急に悪くなります。

170223A.jpg

170223B.jpg

170223C.jpg

ここより、「翔天亭」に向かって進みます。

170223D.jpg

翔天亭のすぐ側には大きな「寒桜」の木がありますが、盛りには僅かに早いようです。

170223E.jpg

170223F.jpg

170223G.jpg

このため、よく咲いている部分を選んで撮影します。

170223H.jpg

170223I.jpg

幹の側に行って、背景を青空にして花を撮影します。

170223J.jpg

170223K.jpg

170223L.jpg

170223M.jpg

背の高い寒桜の所に行きます。

170223N.jpg

170223O.jpg

ここより、「旧御涼亭」の前を通って、日本庭園を出て、「中の池」の周りを通って、中の池と下の池の間に行きます。

170223P.jpg

170223Q.jpg

ここより、「大木戸門」近くの「玉藻池」のそばの梅林に行きますが、ここの梅は遅咲きですので、まだ、わずかして咲いていません。

170223S.jpg

170223T.jpg

170223R.jpg

170223U.jpg

170223V.jpg

ここで、撮影は終了として、大木戸門より出て、地下鉄「四谷三丁目駅」近くのジャンクカメラ店「我楽多田屋」さんに向かいました。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」、高倍率ズームレンズ付きコンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX60HS」、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「TARION:C-M4/3マウントアダプター」+「FUJIAN:TV LENS GDS-35 35mmF1.7」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:新宿御苑
posted by matsumo at 11:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

本「今野敏著 虎の尾 渋谷署強行犯係」

今野敏著「虎の尾 渋谷署強行犯係」(発行日:2014. 1.31、発行所:(株)徳間書房)を読みました。

さて、感想ですが、まあまあでした。ただし、これ、刑事物かと思って読み始めると、全くそうではなくて、「空手物」に分類されるものでした。すなわち、渋谷に巣くう犯罪を犯している不良達が空手の実力者に痛めつけられているのを、主人公が、その実力者と戦うと言うものでした。でも、私に言わせれば、このような不良達はその内、暴力団に入るか、更に犯罪に走るのは確実ですので、この痛めつけている有段者を応援したい気分になりました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:今野敏
posted by matsumo at 19:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月22日(水)の「ランチタイムコンサート Bon appetit! 〜おどりの音楽を召し上がれ〜」

2017. 2.22(水)、地下鉄「東新宿駅」近くの「新宿文化センター・大ホール」にて、「ランチタイムコンサート Bon appetit! 〜おどりの音楽を召し上がれ〜」を聴いてきました。

170222ZE.jpg

聴衆の入りは合わせて200名弱といつもの通りの人数でした。さて、演奏された曲は以下です。

(1)チャイコフスキー:舞踊音楽「眠れる森の美女」より「ワルツ」
(2)J.S.バッハ:「管弦楽組曲第2番」より「ポロネーズ」・「バディネリ」
(3)ショパン:幻想ポロネーズ
(4)チャーチル:いつか王子様が
(5)ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
(6)フォーレ:シシリエンヌ
(7)カッゼラ:シシリエンヌとブルレスク
(8)ピアソラ:リベラタンゴ
Chemin de Neige[高橋由紀(fl)、平田侑(pf)]

高橋氏は青緑色の両肩丸出しのロングドレス、平田氏も両肩丸出しのピンク色のロングドレスと華やかな感じが良かったです。しかしながら、(1)(2)(5)(6)は元々がオーケストラ曲のためか、それをフルートとピアノの二重奏では音も音楽も薄い感じがしました。(4)(7)はどうでも良い曲でしたが、ピアノ独奏の(3)もなぜか、音が薄いと言うか、音楽が薄い感じがしました。

しかしながら、これではダメと思ったのか、アンコールで演奏された(8)は活発で生き生きした感じの素晴らしい演奏で、これを聴くだけでも、本日、行った甲斐があったと思いました。

と言うことで、本日は女性2人組の美しいドレス姿を見られたことと、(8)を聴けたことが収穫でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:Chemin de Neige
posted by matsumo at 19:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートフォン「acer:Liquid Z530」(2)

2017. 1. 8(日)に秋葉原の「イオシス・中央通り店」で税込み12,017円で入手したスマートフォン「acer:Liquid Z530」ですが、これ、全体的には使いやすいのですが、電池の保ちが悪い、すなわち、満充電してあっても1日も保たないことがあると言う重大欠陥があり、それに対応するため、色々と初期の設定を変更し、ようやく、1日半〜2日間位、保つようになりました。

170222ZD.jpg

と言うことで、ようやく、まあまあ使えるようになったので、他の機能の1つである内蔵デジカメの写りに関してです。本日(2/22)は地下鉄「東新宿駅」近くの「新宿文化センター・大ホール」で行われた「ランチタイムコンサート」を聴きに行ったのですが、早く着きすぎたので、そのすぐそばにある「西向天神社」(東京都新宿区新宿6-21-1)に行きました。この時、持参していたデジカメは”レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「SODIAL:C-M4/3マウントアダプター」+「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」”のみであったため、これと、「Liquid Z530」の内蔵デジカメの両方で撮影しました。なお、Liquid Z530においては、「Open Camera」と言うカメラ撮影アプリを使いました。

170222R.jpg

後からわかったのですが、この神社には、石段の途中と、拝殿の前の2ヶ所に「狛犬」がいます。しかしながら、私はその石段は使わず、他の所から出入りしたので、それに気がつかず、拝殿の前のもののみしか撮影しませんでした。

と言うことで、拝殿の前の拝殿に向かって左側のもの、

170222S.jpg

170222T.jpg

170222U.jpg

右側のものです。

170222V.jpg

170222W.jpg

170222X.jpg

この狛犬は頭に角が残っている珍しいものの上、宝暦12年、すなわち、1762年に作られたと言う、製作後250年以上経っていると言う古いものです。

なお、石段の途中にあるものは弘化2年、すなわち、1845年製作とこちらも古いものであることから、次回に新宿文化センターに行った時、すなわち、新宿文化センターには結構、行くので、その時に撮影したいと思います。

境内にはこのほか、富士塚「東大久保富士塚」(1925年再築造)もありました。

170222Y.jpg

また、枝垂れの白梅や紅梅もあり、こちらは、”レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「SODIAL:C-M4/3マウントアダプター」+「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」”で撮影しました。

170222ZA.jpg

170222ZC.jpg

170222ZB.jpg

上記の写真の通り、まあまあの写真が撮れたので、この「acer:Liquid Z530」の内蔵デジカメ、少なくとも、私が携帯電話機として使用している「Y!mobile:Digno T 302KC」の内蔵デシカメよりはまともに写るようです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月15日(水)の「京王百草園」(3)

前述のごとく、2017. 2.15(水)は京王線「京王百草園」駅近くの「京王百草園」に梅の撮影に行ってきました。 低い場所より階段を登って、高い場所に行きます。高い場所での撮影の続きです。

170222A.jpg

「マンサク」の花が満開です。

170222B.jpg

170222C.jpg

170222D.jpg

「枝垂れの白梅」です。

170222F.jpg

170222G.jpg

170222H.jpg

170222O.jpg

「白梅」や「紅梅」の撮影に戻ります。

170222E.jpg

170222I.jpg

170222K.jpg

170222M.jpg

3つの「雪吊り」を同時に撮影します。

170222J.jpg

170222L.jpg

170222Q.jpg

170222N.jpg

170222P.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:京王百草園
posted by matsumo at 18:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

本「今野敏著 惣角流浪」

今野敏著「惣角流浪」(発行日:2001.10.25、発行所:(株)集英社)を読みました。これは集英社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。この惣角って人、確か、今野氏の「山嵐」にも出てきたと思いますが、合気道の創設者と言ってもよい人なのだそうです。剣術や柔術、御式内と言う座って行う柔術等を習ったほか、沖縄で空手もならって、それらを融合したものが合気道になったようです。この小説の中では、柔道の創設者の嘉納治五郎も出てきますが、治五郎は心身の健康の方に行ったのに、惣角の方は戦いの方に行ったようで、この小説の中での治五郎は弱いのが物足りないです。小説「姿三四郎」のせいもあり、どうも、空手系
の人って、「悪者」と言う意識が強いですので。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:今野敏
posted by matsumo at 19:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年 8月 6日(木)の「上諏訪駅」のガラス製の「風鈴」の音の生録音

前述のごとく、2015. 8. 6(木)は中央線「上諏訪駅」よりバスで「諏訪大社上社本宮」に行ったのですが、上諏訪駅での待ち時間の間、駅舎の天井に吊り下げられていた沢山のガラス製の「風鈴」の

170221ZB.jpg

音をWAVE Recorder「ZOOM:H2n」で生録音しました[2015-08-06KamisuwaEki_Huurin.mp3(1.73MB)]。

この音ファイルを以下のURLにupしたので、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/0B-D6l4k_pSjcajJsdjF3QjFfMFE?usp=sharing
タグ:風鈴
posted by matsumo at 19:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする