2016年08月31日

本「山村美紗著 ミス振袖殺人事件」

山村美紗著「ミス振袖殺人事件」(発行日:1985. 1.25、発行所:(株)光文社)を読みました。これはKAPPA NOVELSの1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これ、キャサリン・シリーズの1冊で、「京絵皿の秘密、呪われた密室、ミス振袖殺人事件、針供養殺人事件、割りこんだ殺人、京菓子殺人事件」の6編の短編が収録されているもので、中々、トリックも良かったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:山村美紗
posted by matsumo at 18:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「シューベルト:交響曲第8番」(クリュイタンス指揮)

アンドレ・クリュイタンスはベルギー出身の指揮者ですが、フランスで活躍したことより、パリ音楽院管弦楽団との録音が多いですが、ベートーベンやシューベルトの交響曲の録音はレコード会社の営業上のためか、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団と行っています。

この録音の1つが、「シューベルト:交響曲第8番」です。すなわち、「アンドレ・クリュイタンス指揮ベルリンフィルハーモニー管弦楽団」が「シューベルト:交響曲第8番」を演奏・録音したLPを

160831ZF.jpg

再生・録音・編集したもの「Beethoven_Symphony_No8_Cluytens_Berlin_po_1960B.mp3」(23.5MB)を以下のURLにupしたので(sound1133)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/folderview?id=0B-D6l4k_pSjcT2hTQmo1cmtnc1E&usp=sharing

なお、これはステレオ録音です。
posted by matsumo at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月31日(日)の「六義園」

2016. 1.31(日)、駒込駅近くの「六義園」に「白梅」の撮影に行ってきました。

160831ZB.jpg

160831ZD.jpg

160831ZC.jpg

160831ZE.jpg

残念ながら、期待した程の咲き方ではなかったので、園内の風景をデジカメの面白機能を使用して、水彩画風に加工してきました。と言っても、効果があるのと無いのがあるので、両者をごちゃまぜにしてありますが。

160831P.jpg

160831Q.jpg

160831S.jpg

160831T.jpg

160831V.jpg

結構、面白い効果を上げていると思います。

160831U.jpg

160831W.jpg

160831X.jpg

160831Y.jpg

160831Z.jpg

160831ZA.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」、撮った写真をカメラ内蔵のデジタル・エフェクトで水彩画風に加工したもの、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5」++「リコーイメージング:smc PENTAX-FA 35mmF2AL」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:六義園
posted by matsumo at 17:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 8月25日(木)の「御岳山」(6)

前述のごとく、2016. 8.25(木)は御嶽駅近くの「御岳山」に「レンゲショウマ」の撮影に行ってきました。土産物店街より、更に、先程、歩いた道を戻ります。

160831A.jpg

160831B.jpg

いつもは、馬場家御師住宅の所より、大楢峠・鳩ノ巣駅への山道、すなわち、武蔵御嶽神社の裏参道を下るのですが、インターネット上の熊情報として、6.7月に大楢峠付近で熊を見かけたと言う情報が2回書かれており、「熊鈴必須」とのことで、それでは怖いので、御岳登山鉄道、すなわち、御岳山ケーブルに沿った表参道を下ることにしました。すなわち、ケーブルカーの御岳山駅に行く途中で、道標に従って右折し(12:01)、舗装道路ですが、やや細い道を下ります。ここは杉林の中の道です。

160831C.jpg

160831D.jpg

12:16御岳登山鉄道の下をくぐります。

160831E.jpg

160831F.jpg

更に下り、12:33水音が聞こえるようになる、12:40先程、乗ったケーブルカーの下の駅、すなわち、滝本駅の脇に出ました。それにしても、この表登山道を使って登ってくる人が結構な数だったのには驚きました。

ここより、沢に沿った道路を下ります。

160831G.jpg

160831H.jpg

160831I.jpg

160831J.jpg

160831K.jpg

160831L.jpg

僅かですが、「萩」の花が咲いていました。

160831M.jpg

やや高い場所に茅葺き屋根の家があります。

160831N.jpg

160831O.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:御岳山
posted by matsumo at 17:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ハイキング・登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

本「大谷羊太郎著 名古屋ベネチアングラス殺人事件」 大谷羊太郎著「名古屋ベネチアングラス殺人事件」

大谷羊太郎著「名古屋ベネチアングラス殺人事件」(発行日:2007. 5.25、発行所:有楽出版社)を読みました。これはJOY NOVELSの1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これ、前述の「下関仙崎 愛と殺意の港」と同様に、殺人の捜査に非常に能力があるが、出世にはあまり興味がない警部補と若手の女性巡査が組んで、殺人事件を解決すると言うものですが、結構、前の段階から犯人がわかるので、安心して読むことができるのもいいですね。それにしても、名古屋にかって、「イタリア村」と言う商業施設があり、そこではゴンドラに乗ることができたなんてこと、初めて知りました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:大谷羊太郎
posted by matsumo at 16:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 8月21日(日)の「三茶ラテンフェスティバル2016」の「サンバパレードコンテスト」の映像(2)

2016. 8.21(日)は東急田園都市線「三軒茶屋駅」そばの「茶沢通り」にて「三茶ラテンフェスティバル2016」が開かれ、13:30〜16:30に「サンバパレードコンテスト」が行われると言うことで、映像の撮影に行ってきました。

160829ZF.jpg

定刻の13:30頃に太子堂郵便局前からパレードが開始されたようですが、中々、私の前には来ません。結局、来たのは14時頃でした! 最初に来たのはコンテストには関係ない、「QUALITY FESTIVAL CULTURAL 2015」のミスグランプリをとった「NAYARA VERALDO」と「ENXER DANCARINAS」の面々、すなわち、全員、ブラジル人でした。その後がコンテストに参加する6つのチームで、10分から15分間隔で、順に現れました。そして、ブラジル人の面々と、コンテスト参加グループの内の後半の「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ」、「クバキューバ」、「G.R.C.E.S. VERMELHO E BRANCO」の映像です。



今回、初めて、「パナソニック:LUMIX DMC-GF5」の動画「AVCHD」(1,280×720)を使用して撮影したのですが、これだと、拡張子が「MTS」と言う映像ファイルができます。今までは拡張子が「MOV」、「AVI」、「mp4」の映像ファイルができるデジカメしか使用していなかったので、この映像ファイルは初めてでした。このため、今まで行っていた方法だと、うまく編集することができず、四苦八苦する羽目に陥りました。結局、まず、「Free Video Editor」を使用して不要部分を削除して拡張子がmp4で保存、次に、「Avidemux」を使用して、幾つかのファイルを結合して、拡張子をmp4ファイルで保存し、完成しました。しかしながら、なぜか、このファイル、上映時間10分間位なのに、ファイル容量が750MBもあるため、Youtubeにupするのに1時間以上、かかってしまいました。確かに、MTSファイルは非常に綺麗な映像なのですが、面倒臭さを考えると、コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」を使用したMOVファイルが最も楽な感じがします。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 13:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 3月26日(土)と2016年 3月27日(日)の「六義園」

3月下旬の六義園は大きな「紅枝垂れ桜」の撮影のためにほぼ毎日、行っています。と言うことで、白っぽいながらも青空となった2016. 3.26(土)です。

160830S.jpg

160830T.jpg

160830P.jpg

160830Q.jpg

160830R.jpg

このほか、園内には寒桜の花も咲いていました。

160830O.jpg

2016. 3.27(日)は曇りで、冴えない感じの空です。

160830U.jpg

160830W.jpg

160830V.jpg

以上は、デジカメボディ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-G2」+「パナソニック:G VARIO 14〜42mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:六義園
posted by matsumo at 13:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 8月25日(木)の「御岳山」(5)

前述のごとく、2016. 8.25(木)は御嶽駅近くの「御岳山」に「レンゲショウマ」の撮影に行ってきました。「武蔵御嶽神社」の本殿がある場所には、幾つかの末社があり、その中で最も立派なものは、旧本殿であった「常磐堅磐社」です。

160830A.jpg

この前に狛犬がいます。

160830B.jpg

160830C.jpg

そして、「大口真神社」です。

160830D.jpg

ここのは「駒狼」です。

160830E.jpg

160830F.jpg

この本殿がある場所にも、「レンゲショウマ」も花が沢山、咲いており、先程の階段辺りと同様に今が盛りの感じですが、富士峰園地と異なり、開放的過ぎて、レンゲショウマの良さがあまり出てきません。

160830G.jpg

160830H.jpg

160830I.jpg

160830K.jpg

160830J.jpg

それでも、勿論、撮影して行きます。

160830L.jpg

160830M.jpg

160830N.jpg

ここより、先程の階段ではなく、裏の急坂を下ります。ここにも多数のレンゲショウマの花が咲いている筈ですが、なぜか、僅かしかレンゲショウマが見あたりません。そして、11:53武蔵御嶽神社の大きな鳥居をくぐり、土産物店街に戻りました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:御岳山
posted by matsumo at 13:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング・登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

本「大谷羊太郎著 下関仙崎 愛と殺意の港」

大谷羊太郎著「下関仙崎 愛と殺意の港」(発行日:2005.12.25、発行所:有楽出版社)を読みました。これはJOY NOVELSの1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これ、殺人の捜査に非常に能力があるが、出世にはあまり興味がない警部補と若手の女性巡査が組んで、殺人事件を解決すると言うものですが、結構、前の段階から犯人がわかるので、安心して読むことができるのもいいですね。加えて、方々に出張して捜査する上、その土地の歴史に関して述べるのもいいですし。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:大谷羊太郎
posted by matsumo at 18:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 8月21日(日)の「三茶ラテンフェスティバル2016」の「サンバパレードコンテスト」の映像(1)

2016. 8.21(日)は東急田園都市線「三軒茶屋駅」そばの「茶沢通り」にて「三茶ラテンフェスティバル2016」が開かれ、13:30〜16:30に「サンバパレードコンテスト」が行われると言うことで、映像の撮影に行ってきました。

160829ZF.jpg

定刻の13:30頃に太子堂郵便局前からパレードが開始されたようですが、中々、私の前には来ません。結局、来たのは14時頃でした! 最初に来たのはコンテストには関係ない、「QUALITY FESTIVAL CULTURAL 2015」のミスグランプリをとった「NAYARA VERALDO」と「ENXER DANCARINAS」の面々、すなわち、全員、ブラジル人でした。その後がコンテストに参加する6つのチームで、10分から15分間隔で、順に現れました。まずは、ブラジル人の面々と、コンテスト参加グループの内の前半の「G.R.E.S. FESTANGA」、「P-RAZIL」、そして、「ICU LAMBS」の映像です。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 4月19日(火)の「谷中」〜「上野公園」

2016. 4.19(火)、家より歩いて、谷中を経由して、上野公園、そして、秋葉原に行きました。

160829O.jpg

160829P.jpg

まずは、西日暮里駅と日暮里駅の間にある「養福寺」(東京都荒川区西日暮里3-3-8)です。

160829P.jpg

160829R.jpg

門前には「八重桜」が咲いていました。

160829Q.jpg

境内には、「牡丹」の花がちょうど良い時でした。

160829V.jpg

160829S.jpg

160829U.jpg

160829T.jpg

このほか、「山吹」の花も咲いていました。

160829W.jpg

ここより、更に南下し、「龍泉寺」(東京都台東区谷中5-9-26)の前を通ると、「筍」が大きく伸びていました。

160829X.jpg

更に進みます。

160829Y.jpg

160829Z.jpg

160829ZA.jpg

そして、「上野公園」に着くと、「シャガ」の花が満開でした。

160829ZB.jpg

160829ZC.jpg

このほか、「ツツジ」の花も咲いていました。

160829ZD.jpg

160829ZE.jpg

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-G2」+「パナソニック:G VARIO 14〜42mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 8月25日(木)の「御岳山」(4)

前述のごとく、2016. 8.25(木)は御嶽駅近くの「御岳山」に「レンゲショウマ」の撮影に行ってきました。富士峰園地より、武蔵御嶽神社に向かって進みます。まずは下りの山道で、

160829A.jpg

下り終わると、御岳山駅からの舗装道路と合わさり、ここより、ずっと、舗装道路を歩くことになります。

160829B.jpg

茅葺き屋根の「馬場家御師住宅」は残念ながら、茅部分が腐ってしまったようで、青シートで屋根部分が覆われています。この辺り、数軒の茅葺き屋根の家があったのですが、これで、全て無くなりそうです。石仏がある前を通ると、

160829C.jpg

急坂になります。紫色の花を付けた「トリカブト」、

160829D.jpg

ピンク色の花の場所を過ぎると、

160829E.jpg

土産物店街となり、そして、11:29武蔵御嶽神社の鳥居の前に着きました。ここより、急な階段となりますが、階段の左側には、「レンゲショウマ」の花が沢山、咲いています。

160829F.jpg

160829G.jpg

160829H.jpg

ハアハアしながら、急な階段を登りきり、11:35武蔵御嶽神社の拝殿前に着きましたが、何と、ここも修繕工事中で、大部分が青シートで覆われています。これでは撮影できないので、前の、「狛犬」ならぬ「駒狼」を撮影します(ここでは狼が守り神なのだそうです)。

160829I.jpg

160829J.jpg

拝殿に向かって左側より、拝殿の奧の本殿に行きます。

160829K.jpg

この前にも「駒狼」がいます。

160829L.jpg

160829M.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:御岳山
posted by matsumo at 17:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング・登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

本「梓林太郎著 人情刑事・道原伝吉 箱根・芦ノ湖殺人特急」

梓林太郎著「人情刑事・道原伝吉 箱根・芦ノ湖殺人特急」(発行日:2015.10.15、発行所:(株)徳間書店)を読みました。これは徳間文庫の1冊です。

さて、感想ですが、「ううん」と言う感じです。これ、人を殺して、遺体を方々に放置、加えて、白骨死体まで出てくるのですが、ともかく、変な人が沢山出てきて、散々、ミスリードすると言う代物で、人名等の固有名詞を覚えるのが苦手の私には、何が何だかわからなくなってしまいました(笑)。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:梓林太郎
posted by matsumo at 18:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「エピオンRVX」(マサイマラ) の外付ファインダーを入手

2016. 8.26(金)、秋葉原の総武線ガード下の「ラジオセンター」2Fの「山本無線E-BOX店」にて、「富士フイルム:エピオン安全第一」を税込み1,000円で入手しました。

160828ZD.jpg

この店は月に1回は行くのですが、購入するのは今回が初めてです。あ、ここは所謂、「レンタルボックス」で、秋葉原ではフィギア関係のレンタルボックス店が結構、見かけますが、ここは電気製品関係とカメラ関係のものが入っています。

160828ZF.jpg

勿論、私は交換レンズの安いものがないか探している訳です。しかしながら、この「富士フイルム:エピオン安全第一」は今やほとんど入手できないAPSフィルムを使用するもので、このカメラを入手しても全く使えないものですが、これには、「拡大ファインダー」と称する「外付ファインダー」が付いており、これは外して、デジカメ等にストロボ取付用ホットシューに取り付けると、外付ファインダーとして使え、赤外線写真等を撮影する時に便利なのです(と言っても、同じ「拡大ファインダー」は既に持っているのですが)。加えて、価格が1,000円と言うのも気に入りました。

と言うことで、早速、店員さんに声をかけて、ボックスから出してもらうと、「これは動作確認はしていないもの」とのこと、しかしながら、元々、このカメラにAPSフィルムを入れて撮影することがほぼ不可能ですので、拡大ファインダーを覗いてみて、まあまあの状態であることを確認した後、「これ、お願いします」と言って、入手しました。

家に戻って、早速、拡大ファインダーを外し、それで、とりあえず、デジカメ等に取り付けることができるようになりました。

160828ZE.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 5月 7日(土)の「旧古河庭園」(3)

前述のごとく、2016. 5. 7(土)は、まず、上中里駅近くの「旧古河庭園」に行ってきました。

160828Q.jpg

160828R.jpg

160828S.jpg

160828T.jpg

160828U.jpg

ここのバラの花は毎日のように世話が成されているので、盛りを過ぎたものが無いのが良いです。

160828V.jpg

160828W.jpg

160828X.jpg

160828Y.jpg

ここのバラ園は広いとは言えませんが、色々な色のものがあるのが良いです。

160828Z.jpg

160828ZA.jpg

160828ZB.jpg

160828ZC.jpg

この後は上中里駅の脇を通って、都電荒川線「梶原停留所」に向かいました。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:旧古河庭園
posted by matsumo at 17:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 8月25日(木)の「御岳山」(3)

前述のごとく、2016. 8.25(木)は御嶽駅近くの「御岳山」に「レンゲショウマ」の撮影に行ってきました。「富士峰園地」の続きです。

160828A.jpg

160828B.jpg

160828C.jpg

160828D.jpg

160828E.jpg

160828F.jpg

撮影している人の半分位は、デジタル式一眼レフカメラ、残りはガラケーやスマホ内蔵カメラです。三脚を使っている人が多いのではと危惧しましたが、チラホラ、見る程度です。

160828G.jpg

160828H.jpg

160828I.jpg

160828J.jpg

160828K.jpg

1人だけ、フィルム式カメラ、それも、シートフィルム用大型カメラにブロニー版フィルムパックを付けて、勿論、大型三脚に上に取り付けて撮影している人がいました。ううん、折角だったら、4×5in判、5×7in判、8×10in判等のシートフィルムで撮影してほしいと思いましたが、やはり、フィルム交換の楽さから、フィルムパックを使用しているのでしょうね。

160828L.jpg

160828M.jpg

160828N.jpg

160828O.jpg

160828P.jpg

更に、斜面を登って、11:14富士峰園地の最も高い場所に出ました。ここには、「大展望台」はあるのですが、やはり、遠くはもやったような感じで写真的にはダメです。そして、更に高い場所にある「産安社」には寄らずに、武蔵御嶽神社に向かって進みます。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:御岳山
posted by matsumo at 17:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング・登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

本「岳宏一郎著 群雲、賤ヶ岳へ」

岳宏一郎著「群雲、賤ヶ岳へ」(発行日:2008. 3.20、発行所:(株)光文社)を読みました。これは光文社時代小説文庫の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあと言うか、ちょっとガッカリしたと言う感じの本でした。これ、黒田官兵衛を扱ったもので、それも、秀吉との話が中心ですので、面白くない筈はないのですが、なぜか、著者は官兵衛を魅力無い者として造形している上、重大な戦闘場面等は省略していると言う代物です。加えて、官兵衛の戦略と言うのも結構、外れていますし。これでは、何で秀吉が勝ち続けることができたのか、わかりません。加えて、荒木村重は生きていたと言う設定ですし。

それにしても、この本、当初の題名は「乱世が好き」(毎日新聞社)で、次に「軍師 官兵衛」(講談社)、そして、「群雲、賤ヶ岳へ」(光文社)と出版する会社が異なるたびに題名を変えていると言う変なものです。ううん、著者は名前を変えれば、同じ人が新たに買うと思っているのでしょうか。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:岳宏一郎
posted by matsumo at 16:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の入手品

最近の入手品です。

160827ZB.jpg

すなわち、秋葉原の「ブックオフ」で消費税込みで1冊108円で入手した文庫本2冊です。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 入手品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 5月11日(水)の家の近所

2016. 5.11(水)、まだ、「春バラ」の季節ですので、家の近所に咲いているバラの花の撮影をしました。

160827O.jpg

160827P.jpg

160827Q.jpg

160827R.jpg

160827T.jpg

160827S.jpg

バラの花って、よく虫がつくと言う話を聞きますが、実際のところ、どうなのでしょうか。

160827U.jpg

160827V.jpg

160827W.jpg

160827X.jpg

160827Y.jpg

160827ZA.jpg

そのほか、「花しょうぶ」も咲いていました。

160827Z.jpg

以上は、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 8月25日(木)の「御岳山」(2)

前述のごとく、2016. 8.25(木)は御嶽駅近くの「御岳山」に「レンゲショウマ」の撮影に行ってきました。「富士峰園地」の続きです。

160827A.jpg

160827B.jpg

160827C.jpg

160827D.jpg

160827E.jpg

斜面の水平な山道を進みながら、撮影し、そこが終わったら、斜面を登って、次の水平な山道に行きます。

160827F.jpg

160827G.jpg

160827H.jpg

160827I.jpg

しかしながら、時々、団体の人達が来るので、その時は、彼らが通り過ぎるのを待ってから、撮影します(と言うのは、山道ですので、道が狭いためです)。撮影している人と言葉を交わしましたが、何と、静岡市から団体バスで来たと言うことでした。ううん、レンゲショウマって、都内ではここ位しか群生地は無いようですが、静岡県にはないのでしょうか。

160827J.jpg

160827K.jpg

160827L.jpg

160827M.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:御岳山
posted by matsumo at 16:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ハイキング・登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

本「アガサ・クリスティー著、小尾芙佐訳 第三の女」

アガサ・クリスティー著、小尾芙佐訳「第三の女」(発行日:2004. 8.31、発行所:(株)早川書房)を再読しました。

さて、感想ですが、まあまあでした。と言うか、結構、面白かったです。ただし、例によって、推理小説の掟破りの結末で、もしかして、と思った人が犯人でした(笑)。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年 8月 3日(土)の「わらび機まつり・モデル撮影会」の大きな写真

前述のごとく、2012. 8. 4日(土)は京浜東北線「蕨駅」近くの「西口駅前通り」で行われた「わらび機まつり」の行事の1つの「モデル撮影会」に行きました。この撮影会では、例年、モデルさんは前半は浴衣、後半は私服を着ます。前半12枚、後半の6枚の計18枚です。

160826ZA.jpg

全て、長辺2,048ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=c0dae4f2-5cbf-4bc6-8f1f-3574faeb917f

お気に入りのものがありましたが、ダウンロードされて、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。なお、モデルさんは、「政重友紀」さんと、前年も参加された「知久祐子」さんです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モデル撮影会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 5月 7日(土)の「旧古河庭園」(2)

前述のごとく、2016. 5. 7(土)は、まず、上中里駅近くの「旧古河庭園」に行ってきました。

160826O.jpg

160826P.jpg

160826Q.jpg

160826R.jpg

160826S.jpg

160826T.jpg

本日は、「春のバラフェスティバル」の初日だったのですが、十二分に咲いていました。

160826U.jpg

160826V.jpg

160826W.jpg

160826X.jpg

160826Y.jpg

160826Z.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:旧古河庭園
posted by matsumo at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 8月25日(木)の「御岳山」(1)

2016. 8.25(木)、久しぶりに青空となり、本日及び明日の2日間はずっと青空のようなので、御嶽駅近くの「御岳山」に「レンゲショウマ」の撮影に行ってきました。

すなわち、新宿駅8:19発青梅行快速に乗り、青梅駅9:29着。青梅駅9:30発奥多摩行に乗り換え、御嶽駅9:46に着きました。家を出た時は青空だったのですが、その天気は意外に続かず、電車に乗っている間は曇ったり、直射日光が照ったりと言う天気です。

駅から出て、駅そばのバス停に行くと、バスが2台停まっており、内、1台は「回送」と書かれているので、「ケーブル下」行きに乗ります。本日は久しぶりの青空と言うことで、駅から出てくる人は多く、バスにはドンドン、乗ってきます。いつもは、御岳ケーブルまで歩くのですが、本日は家を出た時が遅かったので、バスに乗ったと言う訳です。その内、「回送」と書かれていたバスも「ケーブル下」行きとなり、そちらもドンドン、乗ってきます。両方ともラッシュアワーの山手線みたいな状態となります。しかしながら、何と、その回送と書かれていたバスが発車します。ううん、私が乗った方が定常のバスで、先に発車した方は「臨時」と言うことで、定刻前に発車のようです。ううん、普通は「臨時」の方が後からだと思うのですが。そして、定刻の9:53に出発し、10:03ケーブル下バス停に着きました。

ちょうど、先に出発した臨時バスから乗客が降りている所です。ここより、急坂をの100m以上登って、御岳登山鉄道「滝本駅」に行きます。途中、結構な数の人達を抜いて、改札口の所に着きましたが、沢山の人が並んでいて、長蛇の列となってます。しかしながら、よく見ると、キップを買った人達はその人達の前、すなわち、改札のすぐそばに行って並んでいます。早速、改札口のすぐそばに行くと、長蛇の人達は団体客でのようで、一般の人達は改札口のすぐそばに並んでいるので、私もそちらに並びます。その内、団体客の添乗員による参加者の名前を呼んで返事をする点呼が始まります。そして、我々の列の後ろに並びます。話を聞いていると、ケーブルカーで上に行った後は個人行動となり、15時頃までにここに戻ってくると言うスケジュールなようです。これだけ並んでいると言うのに、臨時便は無いようです。10:15にようやく改札となり、SUICAで通って、階段を登って、ケーブルカーに中に入ります。かなりの人が立っている状態で、定刻の10:23に発車し、急坂を登って、10:29御岳山駅に着きました。また、階段を登って、改札を出ます。

出た所が「御岳平」で、ここは展望台になっているのですが、もやった感じで、展望はよくありません。ここより、50m程歩けば、「富士峰園地」で、この斜面の上の方が「レンゲショウマ」の自生地です。急な山道を20m程、登ります。しかしながら、ここのレンゲショウマ、何と、もう終わりに近い状態で、咲いている花は僅かです! ううん、ここのところの台風性の雨にやられてしまったのでしょうか。でも、本日はこの花の撮影が目的で来たのですから、綺麗なものを探して撮影します。

160826A.jpg

160826D.jpg

160826J.jpg

160826F.jpg

160826B.jpg

160826E.jpg

ここは斜面に水平な山道があるので、また、レンゲショウマの花は下を向いているので、高い方に向いている斜面に咲いている花を撮影しながら、水平に進みます。

160826K.jpg

160826C.jpg

160826I.jpg

160826L.jpg

160826G.jpg

160826H.jpg

160826M.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:御岳山
posted by matsumo at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング・登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

本「大日方優子著 あなたが知らない”裏”音楽史」

大日方優子著「あなたが知らない”裏”音楽史」(発行日:2015.12. 1、発行所:(株)ヤマハミュージックメディア)を読みました。これは1冊でわかるポケット教養シリーズの1冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったです。ともかく、私にとっては、訳のわからない本でした。ここに書かれていること、どこか「裏音楽史」なのか、さっぱりわかりません。だって、普通の音楽史の本に書かれていることばかりでしたので。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:大日方優子
posted by matsumo at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年 8月 4日(土)の「わらび機まつり・モデル撮影会」の大きな写真(下)

前述のごとく、2012. 8. 4日(土)は京浜東北線「蕨駅」近くの「西口駅前通り」で行われた「わらび機まつり」の行事の1つの「モデル撮影会」に行きました。この撮影会では、例年、モデルさんは前半は浴衣、後半は私服を着ます。後半の16枚です。

160825Z.jpg

全て、長辺2,048ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=9b73a6c8-eb19-477e-9983-a49851fe65ed

お気に入りのものがありましたが、ダウンロードされて、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。なお、モデルさんは前年も参加された「知久祐子」さんです。氏は2011、2012、2013、2014年と撮らせていただきましたが、この2012年の時が最高だったと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モデル撮影会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 6月 1日(水)の「六義園」(2)

前述のごとく、2016. 6. 1(水)は駒込駅近くの「六義園」に「サツキ」と「紫陽花」の花の撮影に行ってきました。「紫陽花」の花の続きですが、その前に、池の所の茶屋の所に咲いていた「ナデシコ」です。

160825O.jpg

そして、池から離れた所に咲いている「紫陽花」です。

160825P.jpg

160825R.jpg

160825S.jpg

160825T.jpg

160825U.jpg

そばには、背景に「枝垂れ桜」の木がある「サツキ」です。

160825Q.jpg

更に、池から離れた道を進みます。

160825V.jpg

160825W.jpg

160825X.jpg

160825Y.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「タムロン:AF ASPHERICAL 177D 28-80mmF3.5-5.6」で撮ったものです。このレンズ、大昔、MFレンズとして使用していたものですが、その後、使わなくなって、今回、そう言えば、AFレンズがあったと思い出して、久しぶりに使用したものですが、まあまあの写りでした。ただし、広角が28mm、すなわち、35mmフィルムカメラ換算で、43mm相当ですので、ちょっと、使いにくくはありますが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:六義園
posted by matsumo at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 8月24日(水)の家の近所

2016. 8.24(水)、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」に、大昔、中野駅近くの「フジヤカメラ」にて新品8,500円で入手したロシア製M42マウント交換レンズ「KMZ:MC JUPITER-9 85mmF2」をマウントアダプター「八仙堂:M42-m4/3」経由で取り付け、

160825A.jpg

家の近所で咲いている花を撮影して、その状態での使い勝手と写りを調べてみました。

160825B.jpg

160825C.jpg

160825D.jpg

まず、感じたことは「重い」と言うことです。加えて、デジカメ本体が軽いので、持っている時も、写している時も重さのバランスが悪いです。また、このレンズの焦点距離は85mmですので、35mmフィルム式カメラ換算で焦点距離170mmのレンズを付けたことになりますし、DMC-GF3は一眼レフカメラのようなファインダーは無く、背面液晶で写る範囲を決めますので、液晶画面を見るために腕を伸ばして撮影することになり、腕が揺れて液晶画面が大きく揺れることになります。加えて、ピントを合わせる際は液晶画面を10倍位に拡大するので、揺れが非常に大きくなり、ピントを合わせるのも困難になります。

160825E.jpg

160825F.jpg

160825G.jpg

このロシア製レンズは1960年以降の日本のマニュアルフォーカスレンズとは異なり、距離リングの回転距離も非常に長く、また、妙に重いのも困りものです。絞りは絞るときは絞りリングで例えばF8とした後、別なリングを回して絞る形式、すなわち、「プリセット絞り」で、直射日光の場合、明るすぎて絞って撮影しなければならない時は面倒です。このため、絞りリングは最小のF22とし、後、別なリングを回して、適当な絞り値になるようにして撮影しました。

160825H.jpg

160825I.jpg

160825O.jpg

と言う状態で撮影しましたが、ピントは意外に合っています。また、ボケは非常に綺麗ですし、マイクロフォーサーズのデジカメで撮影したとは思えないようなボケの大きな写真を撮影することができました。

しかしながら、撮影のしにくさから、この状態での撮影は止め、やはり、広角レンズ系あるいは標準レンズ系のマニュアルフォーカスレンズをマウントアダプター経由で取り付けての撮影の方が良いと判断しました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:JUPITER-9
posted by matsumo at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

本「桐野作人著 戦国最強の兵器図鑑 火縄銃・大筒・騎馬・鉄甲船の威力」

桐野作人著「戦国最強の兵器図鑑 火縄銃・大筒・騎馬・鉄甲船の威力」(発行日:2010. 6.24、発行所:(株)新人物往来社)を読みました。

さて、感想ですが、面白かったです。これ、信長の頃の戦争用の兵器等に関して解説しているものです。まずは、火縄銃ですが、これ、ポルトガルから入ってきて、しばらくすると、ネジキリの技法が入ってきて、これにより、国産化がなされたそうです。これ、私は、てっきり、丸棒に穴を開けて、造ったのかと思ったのですが、実際はそうではなくて、細長い板をたたきながら丸め、その後、中の穴を綺麗に整えたのだそうです。そして、銃尾をネジで塞いだのだそうです。また、火薬を作るには硝石が必要ですが、国内でも作れたのですが、僅かなため、輸入していたのだそうです。

最近は「武田騎馬軍団は無かった」と言う説を唱える人が多いですが、著者によると、あったそうで、また、馬を守るために鎧を着せていたのだそうです。馬は普通に歩く時は藁靴を履かせていましたが、戦闘時は脱がせていたのだそうです。

信長が造った「鉄甲船」は「安宅船」に鉄の板を貼ったような形だったのだそうです。

秀吉と言えば、「備中高松城」の「水攻め」が有名ですが、彼はこれ以外にも、すなわち、竹ヶ鼻城、太田城も水攻めを行ったのだそうですが、こちらは、堤が崩れてしまったのだそうで、結局、備中高松城は大成功と言うことのようです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:桐野作人
posted by matsumo at 16:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年 8月 4日(土)の「わらび機まつり・モデル撮影会」の大きな写真(上)

前述のごとく、2012. 8. 4日(土)は京浜東北線「蕨駅」近くの「西口駅前通り」で行われた「わらび機まつり」の行事の1つの「モデル撮影会」に行きました。この撮影会では、例年、モデルさんは前半は浴衣、後半は私服を着ます。まずは前半の7枚です。

160824Y.jpg

全て、長辺2,048ピクセルと大きなもので、以下のURLにupしましたので、

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-aoxnqqs2uit4p7pkc7wr7enfom-1001&uniqid=0501b27f-7ff5-440c-a7f0-baf50f64fca7

お気に入りのものがありましたが、ダウンロードされて、パソコン画面の壁紙等にお使い下さい。なお、モデルさんは前年も参加された「知久祐子」さんです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モデル撮影会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする