2016年04月30日

本「船木上総著 凍る体 低体温症の恐怖」

船木上総著「凍る体 低体温症の恐怖」(発行日:2012. 8. 5、発行所:(株)山と渓谷社)を再読しました。これはヤマケイ文庫の1冊です。

さて、感想ですが、前半はまあまあでしたが、後半は知識をひけらかしているだけと言う感じでした。と言うのは、前半は著者が医学部の5年生だった時に、欧州の山でクレバスの中に落ちて、18時間後に助け出されるのですが、既に低体温症となっていて、生死をさまよった話が書かれているからです。勿論、低体温症になっている時や助け出される時に関しては、著者は全く覚えていないと言うことで、他の人から聴いた話を書いているのだと思いますが、それでも、よく助かり、そして、リハビリをすることにより、手や足が動くようになり、最終的に医者として活動できるようになったことが書かれています。

それにしても、神経がやられてほとんど動かなくなった右手が、その神経が成長して、1年後に動くようになった話とかもあり、頭を含めて、よくぞ、ダメージから回復したと感心しました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:船木上総
posted by matsumo at 19:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームページを本日付で追加・改訂しました

私のホームページを本日付、すなわち、2016. 4.30付にて追加・改訂しました。

160430A.jpg

先月末から今月7日まで、関西に桜の撮影に行っていたこともあり、ホームページの追加・改訂作業をやる気が起きず、結局、20日以降に始めたことより、僅かしか追加・改訂はできませんでした。

以下が追加・改訂した内容で、

(1)スマートフォン「Digno T」日記をup。
(2)ブルーレイディスク・プレーヤー「アカート:BD-1000」日記をup。

http://matsumo.my.coocan.jp/whatnew04.htm」より、そのページに行くことができますので、みなさま、ぜひ、ご覧下さい。
posted by matsumo at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西への桜の撮影旅行[49](2016年 4月 5日(火)・京都市・日吉神社→真如堂)

白川に架かった橋を渡り、僅かに進めば、「山王日枝神社」に着きました(9:58)。

160430N.jpg

160430O.jpg

160430P.jpg

160430Q.jpg

160430R.jpg

ここには普通の駒犬もいますが、猿が駒犬になっている駒犬もいます。

160430U.jpg

160430V.jpg

また、紅シダレ桜が咲いています。

160430S.jpg

160430T.jpg

10:02ここを出て、道標に従って進むと、

160430W.jpg

160430X.jpg

10:04「真如堂」に着きました。ここは先日も来ましたが、本日は裏口から入ったようです。

160430Y.jpg

160430Z.jpg

しかしながら、ここの枝垂れ桜はほぼ終わりで、また、桜も終わりに近い状態です。

正門から出ようと思って進むと、先日、入った門近くに「咤枳尼天」があり、ここの「紅枝垂れ桜」はまあまあの状態です。

160430ZA.jpg

160430ZB.jpg

160430ZC.jpg

また、「レンギョウ」の花も咲いていました。

160430ZD.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 19:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西への桜の撮影旅行[48](2016年 4月 5日(火)・京都市・哲学の道→白川)

「哲学の道」の続きです。「ミツマタ」、

160430B.jpg

160430C.jpg

「レンギョウ」、

160430E.jpg

「ツツジ」も花も満開ですが、

160430J.jpg

勿論、ここの今は桜です。

160430D.jpg

160430F.jpg

花が川の上にまで来ているので、それを強調しながら撮影します。

160430I.jpg

160430G.jpg

160430H.jpg

160430K.jpg

9:42「黒谷」(金戒光明寺)との分岐点との道標がありますが、更に進み、9:52「安楽寺」との分岐の道標の所で、哲学の道を歩くのは終わりとします。

左折して、西方向に進み、大通り(白川通り)を渡れば、すぐが「白川」です(9:56)。堤防づたいの桜並木が満開です。

160430L.jpg

160430M.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:哲学の道
posted by matsumo at 19:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

アンネマリー・クライネルト著、最上英明訳「世界最高のオーケストラ ベルリン・フィル」

アンネマリー・クライネルト著、最上英明訳「2時間でわかる 世界最高のオーケストラ ベルリン・フィル マニアのための さらに3時間分の詳細な注釈付き」(発行日:2007. 6.10、発行所:(株)アルファベータ)を読みました。

さて、感想ですが、つまらなかったです。その原因の1つが、どうも、日本語訳がこなれていない感じがすることで、ともかく、文章が拙い感じがします。加えて、書いていることがあまりに平明過ぎて、読んでいて、面白く感じないこともあります。と言っても、その原因の大部分は、カラヤンの中期以降と、アバド及びラトルの時代しか描かれていないことにあるのですが。

この本を読んで知ったことは、カラヤン時代までは、「ベルリンフィルハーモニー管弦楽団」の団員は公務員で、録音する際は、公務員だとまずいので、「ベルリンフィルハーモニカー」の団員となっていたことです。ううん、この辺り、日本ではいずれもベルリンフィルとして、全く同じに扱われていたのですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:24| 東京 🌀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年 9月13日(日)の「大塚天祖神社・大祭」の巣鴨地区の連合神輿渡御の際の和太鼓の生録音

前述のごとく、2015. 9.17(木)は大塚駅近くの「大塚天祖神社」(東京都豊島区南大塚3-49-1)の例大祭で、9/13(日)は巣鴨駅近くで、氏子町内の神輿の連合渡御が行われました。

12:50頃より、5基の氏子町内の神輿が巣鴨駅の南側広場に集まり始めるのですが、既に広場には和太鼓の人達が陣取っていて、神輿が来る時に太鼓をたたいて盛り上げました。

160429ZD.jpg

そして、町会役員の挨拶の後、13:25頃に祭囃子を先頭に連合神輿渡御が始まりましたが、この時にも和太鼓の人達は太鼓をたたいて盛り上げました。

この和太鼓の演奏をWAVE Recorder「ティアック:TASCAM DR-07Mk2」にて生録音しました。

 (1)2015-09-13OotsukaTensoJinja_Taisai_RengouMikoshiTogyo01_SugamoEkimae.mp3(12.2MB)
 (2)2015-09-13OotsukaTensoJinja_Taisai_RengouMikoshiTogyo02_SugamoEkimae.mp3(6.63MB)

上記の2つの音ファイルを以下のURLにupしたので(sound1014)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://onedrive.live.com/redir?resid=F5C4B648081CE735!3156&authkey=!AOjwEB9kOSC2-lM&ithint=folder%2cmp3
posted by matsumo at 17:51| 東京 🌀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 4月29日(金)の「旧芝離宮恩賜庭園」

2016. 4.29(金)、浜松町駅近くの「旧芝離宮恩賜庭園」に「藤」の花の撮影に行ってきました。昨日はほぼ1日中、雨でしたが、本日は朝、目が覚めた7時頃は強風の中の晴れ、8時過ぎにはかなり雲が増え、12時頃にはほぼ空一面が青空と言う快晴となりましたが、風は台風みたいな感じとなりました。

と言うことで、9時の開園の2分後位に入ったのですが、残念ながら、空の大部分が雲で覆われる状態となりました。藤棚は入口からすぐ近くにありましたが、期待した程は咲いていませんでした。

160429R.jpg

160429S.jpg

160429T.jpg

池のそばには、「アヤメ」の花が咲いていました。

160429U.jpg

160429V.jpg

ここより池の周りをまわります。

160429W.jpg

小山みたいな場所には「牡丹」が沢山、植えられており、完全に最盛期は過ぎていましたが、まだ、綺麗に咲いている花がありました。

160429X.jpg

160429Y.jpg

このほか、「ツツジ」や

160429Z.jpg

160429ZA.jpg

「コデマリ」の花も咲いていました。

160429ZB.jpg

この庭園にボタンが沢山、植えられていることを初めて知りましたが、来年は最盛期の時に行きたいです。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:02| 東京 🌀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西への桜の撮影旅行[47](2016年 4月 5日(火)・京都市・南禅寺→永観堂→哲学の道)

右折して、インクラインの線路の上にかかった橋を渡り、

160429A.jpg

しばらく進むと、

160429B.jpg

160429C.jpg

160429D.jpg

9:09「南禅寺」に着きました。

160429E.jpg

160429F.jpg

しかしながら、ここの桜、もう完全に終わりに近い状態です。

160429G.jpg

また、空はもう完全に曇りです。

160429H.jpg

9:16境内を斜めに横切るように進んで、9:16ここを出て、北方向に進むと、「東山中学校」と

160429I.jpg

9:20「永観堂」があり、

160429J.jpg

160429K.jpg

境内にある枝垂れレ桜を撮影後に出ます(9:23)。

160429L.jpg

更に進むと、道標があるので(9:24)、それに従って右折して東方向に進めば、「哲学の道」の始めである「若王子橋」に着きます(9:26)。

ここより、哲学の道を北上します。

160429M.jpg

ここの桜はちょうど満開です。

160429N.jpg

160429O.jpg

それを前景に、背景にはできるだけ、日本風の民家や塀を入れるようにして撮影して行きます。

160429P.jpg

ここも人が少なめです。

160429Q.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:南禅寺
posted by matsumo at 15:47| 東京 🌀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

本「上村信太郎著 山の不可思議事件簿」

上村信太郎著「山の不可思議事件簿」(発行日:2015.10.15、発行所:(株)山と渓谷社)を再読しました。 さて、感想ですが、つまらなかったです。

その理由は、著者が経験したことを元に書いているのではなく、単に他の本を読んで、それをまとめたような感じになっているからです。

やはり、この手の本は、自分の経験を元に、それを拡張したような漢字で書かないと、面白くないですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:上村信太郎
posted by matsumo at 19:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートフォン「FREETEL(フリーテル):Priori3 LTE」(1)

2016. 4.27(水)、スマートフォン「FREETEL(フリーテル):Priori3 LTE」を入手しました。と言うのは、現在、データ専用スマートフォンとして「富士通:F-03D Girls' ガチピンク」を使用していますが、このOSは「Android2.35」と古いもので(現在の最新のバージョンは6.01です)、入っているブラウザでインターネットにアクセスすると、時々、観られないページや、突然、ブラウザが終了してしまう状態になってしまうことがあるためです。

と言うことで、秋葉原の「イオシス」やインターネット上で、安いスマートフォンがないかと探していたのですが、やはり、新品の方が良いので、日本amazonで「docomo スマートフォン 白ロム」、「SIMフリー スマートフォン」等で検索して、ようやく、1万円強で入手できる「FREETEL(フリーテル):Priori3 LTE」を見つけたと言う訳です。

(1)<スマートフォン> FREETEL:Priori3 LTE(マットブラック):税込10,600円
(2)<液晶画面保護フィルム> ラスタバナナ:Freetel Priori3用液晶保護フィルム・タッチガードナー・反射防止(アンチグレア)タイプフリーテル T694P:税込518円

ただし、これ、液晶画面が「854×480ピクセル」(F-03D 800×480ピクセル)、メモリが「内部ROM:8GB、内部RAM:1GB」(F-03D 内部ROM:1GB、内部RAM:512MB)、デジタル式カメラが「リア:800万画素、フロント:200万画素」(F-03D:リア:810万画素、フロント:130万画素)と今、使っている「F-03D」と似たようなものなのですが。

そして、2016. 4.26(火)の21時頃に発注し(送料無料)、翌日の12時頃に到着したので、早速、外箱を開けました。

160428ZH.jpg

160428ZI.jpg

スマートフォンの本体と裏蓋、充電式電池、充電器とUSBケーブルです。

160428ZJ.jpg

F-03Dに入っていた格安SIM「NifMo」(microSIM)を取り外して、「Priori3 LTE」の本体部分に挿入することとします。

160428ZK.jpg

160428ZL.jpg

nicroSIMを標準SIMの大きさにするアダプターに取り付けて、金属面を下にして、挿入します。

160428ZM.jpg

160428ZN.jpg

充電式電池を入れます。

160428ZN.jpg

160428ZO.jpg

そして、裏蓋を付けて、まずは、充電器とUSBケーブルを付けて、充電します。十分に充電した後、右脇の中央にある電源スイッチを長押しして、起動します。以下、画面に出た指示に従って操作しますが、「Googleのアカウント」の設定画面はスキップして進みます。なお、「モバイルネットワーク」の

160428ZP.jpg

「アクセスポイント名」の画面では、

160428ZQ.jpg

当初は「FREETEL」がセットされていますが、これを「nifty(LTE)」に変更します。

160428ZR.jpg

全て終了した後、今度は先程スキップしたアカウントの設定を行います。すなわち、「設定アイコン」をクリックし、「アカウント→Google」にて、Gmailのメールアドレスとパスワードを入力すれば、これで、とりあえずの設定は終了で、これで、以後、普通に使用できるようになります。

最初の画面です。

160428ZS.jpg

液晶画面の下には、前ページに戻ったり、最初の画面にしたりするボタンがあります。

160428ZW.jpg

液晶画面の下の真ん中にある「ボタン」のようなアイコンをクリックすると、インストールされているアプリが表示されます。

160428ZT.jpg

次ページですが、意外にアプリが入っています。インターネット上のレビューによると、インストールされているアプリは少ないと書かれていたのですが。

160428ZU.jpg

クロームブラウザを起動して、私のブログにアクセスしました。

160428ZV.jpg

液晶画面上部には、LTE(4G)マーク・アンテナマーク・時刻等が表示されます。

160428ZX.jpg

と言うことで、とりあえず、Gmailとインターネットはできるようになりました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:Priori3 LTE
posted by matsumo at 18:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 4月25日(月)の「小石川後楽園」(2)

前述のごとく、2016. 4.25(月)は飯田橋駅近くの「小石川後楽園」に行ってきました。13:45頃に中に入ったのですが、平日にもかかわらず、沢山の人がいました。

「シャガ」のほか、

160428ZD.jpg

「牡丹」の花も終わりに近い状態ながら、まだ、咲いていました。

160428ZC.jpg

しかしながら、本日の目的は「藤」の花です。

160428O.jpg

160428Q.jpg

160428P.jpg

160428R.jpg

160428S.jpg

ここの藤棚は増築したようで、昨年よりかなり増えた感じです。

160428T.jpg

160428U.jpg

160428W.jpg

160428V.jpg

160428X.jpg

花の状態はほぼ満開で、ちょうど良い時に来たようです。

160428Y.jpg

160428Z.jpg

160428ZA.jpg

160428ZB.jpg

と言うことで、本日は小石川後楽園の「藤」の花の最盛期に撮影することができて良かったです。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:43| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西への桜の撮影旅行[46](2016年 4月 5日(火)・京都市・あおくすの庭→佛光寺→蹴上)

8:37知恩院を出て、北方向に進み、

160428A.jpg

「青蓮院」の

160428B.jpg

隣の「あおくすの庭」に行きます(8:43)。

160428C.jpg

160428D.jpg

園内には紅シダレ桜とダイコンの花が咲いています。

160428E.jpg

円山公園の中よりも雲が増えてきました。

160428F.jpg

公園を出て、通りに出たら、右折し、東方向に少し進めば、「栗田神社」ですが(8:47)、残念ながら、まもとに咲いている桜は見当たりませんでした。

神社の正面より出て、8:50大通り(三条通り)に出て東方向に進むと、8:52「佛光寺本廟」に着きました。

160428G.jpg

160428H.jpg

ここの本堂の前右に紅シダレ桜と桜の花が咲いています。

160428I.jpg

160428J.jpg

8:57ここを出て、更に進むとT字路に着きます。ここが「蹴上インクライン」です(9:01)。

160428K.jpg

160428L.jpg

160428M.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:佛光寺
posted by matsumo at 16:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

ムック本「文藝別冊 [追悼特集] 朝比奈隆 最後のマエストロ」

「文藝別冊 [追悼特集] 朝比奈隆 最後のマエストロ」(発行日:2002. 6.30、発行所:(株)河出書房新社)を読みました。これはKAWADE夢ムックの1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。この中で面白かったのは、朝比奈隆に対するインタビュー記事で、その中でフルトベングラーと会った時に、ブルックナーの交響曲は改訂版ではなく原典版で演奏するように勧められたが、実際のフルトベングラーは改訂版を使って指揮していたこと、米国でブルーノ・ワルター指揮ニューヨークフィルの練習を聴きに行ったこと等、興味深いものでした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:朝比奈隆
posted by matsumo at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 4月27日(水)の「安田靫彦展」

2016. 4.27(水)、地下鉄「竹橋駅」近くの「東京国立近代美術館」で開催されている「安田靫彦展」を観てきました。

160427ZA.jpg

開場の20分後の10:20頃に着いたのですが、ガラガラだと思っていたのに、意外に人が多かったのには驚きました。

さて、感想ですが、良かったです! 特に素晴らしかったのが大きな屏風に描かれている源義経と頼朝を描いた「黄瀬川陣」で、これ以前にも観たことがありますが、やはり、傑作ですね! 後は、豊臣秀吉を描いた大きな掛け軸「豊太閤」と、小さな「豊公裂册」、頼朝を描いた「源氏挙兵」、聖徳太子を描いた「夢殿」と「聖徳太子像」、千利休?(あるいは秀吉か)を描いた「伏見の茶亭」も傑作だと思いました。後は、源氏物語からとった「須磨」、「蓬生」、「帚木」、「松風」も素晴らしいですし。

上記は男を描いたものですが、勿論、女性を描いたものもあるわけで、しかしながら、こちらはひどいものばかりで、ともかく、女性がブスっぽいのです。有名な「飛鳥の春の額田王」を含めて、安田氏は女性を描くのは下手だと思いました。しかしながら、それでも、「源氏若紫図」の幼き紫の上は可愛らしい感じで良かったです。

その後は、平常展も観ましたが、その大部分は目が腐るような感じの絵や工作?でしたが、その中では「小林古径:極楽井」が「肥だめに鶴」でした。

と言うことで、行って良かった展覧会でした。

なお、この展覧会の開催期間は「3/23(水)〜5/15(日)」で、全108の内の4割位が展示替えが行われるのですが、日本画に興味がある方は行かれた方が良い展覧会だと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 4月25日(月)の「小石川後楽園」(1)

2016. 4.25(月)、飯田橋駅近くの「小石川後楽園」に「藤」の花の撮影に行きましたが、まずは、そこに着くまでに撮影した「ツツジ」の花です。

160427P.jpg

160427Q.jpg

160427R.jpg

160427S.jpg

都区内のツツジは今が盛りと言う感じです。

160427T.jpg

160427U.jpg

160427V.jpg

160427W.jpg

ただし、道路に咲いているものは、植え替えた時が最も綺麗に咲いていて、その後は、徐々に衰えてくると言う感じがします。

160427Y.jpg

160427X.jpg

160427Z.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西への桜の撮影旅行[45](2016年 4月 5日(火)・京都市・知恩院)

8:23すぐとなりの「知恩院」に入ります。

160427A.jpg

160427B.jpg

160427C.jpg

ここのも大きな桜の木が何本かあるので、背景に建物を入れて、撮影します。

160427D.jpg

160427E.jpg

160427F.jpg

私は「阿弥陀堂」と

160427G.jpg

朱色の「霊塔」の辺りがこのお寺の境内では最も好きです。

160427H.jpg

160427I.jpg

それにしても、ここも人が少ないです。

160427J.jpg

160427K.jpg

だって、あの有名な「三門」、

160427L.jpg

ここの両側には桜の花が咲いていましたが、本堂側と

160427M.jpg

大通り側の両方から、いずれも人を入れずに撮影することができたのですから。

160427N.jpg

8:37三門を出て右折し、北方向に進みます。

160427O.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:知恩院
posted by matsumo at 16:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

本「田口史人著 レコードと暮らし」

田口史人著「レコードと暮らし」(発行日:2015. 9.12、発行所:(株)夏葉社)を読みました。

さて、感想ですが、面白かったです。著者は「高円寺円盤/リクロ舎」と言う中古レコード店の店主だそうで、氏が集めたソノシート、ソノカード、ドーナツ盤に関して、色々と述べているもので、その豊富な知識に驚嘆しました。と言うか、ソノシート、所謂、市販品以外に、雑誌の付録、宣伝用、学校や会社での記念用等、ともかく、ものすごい種類が作られていたようで、これでは、その全てを収集するのは不可能と言うか、既に消滅してしまったものも沢山あるなあと思いました。加えて、ソノシートではなく、カードや紙に塩ビを塗ったものをプレスしてソノシート状態にしたソノカードと言うものもあったのだそうで、これまた、それがすごい種類、出ていたようです。

著者は、これらを田舎等の古道具屋等から入手しているようで、この入手ルートに関しても、なるほどと思いました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:田口史人
posted by matsumo at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「サンサーンス:チェロ協奏曲第1番」(ロストロポーヴィッチ)

サンサーンスは5つのピアノ協奏曲、3つのバイオリン協奏曲、2つのチェロ協奏曲を書いていますが、コンサート等でよく演奏されるのはバイオリン協奏曲第3番位で、後は、チェロ協奏曲第1番やピアノ協奏曲第4番でしょうか。

この「サンサーンス:チェロ協奏曲第1番」を「ムスティスラフ・ロストロポーヴィッチ(vc)、グリゴリー・ストリアコフ指揮モスクワ放送管弦楽団」が演奏・録音したLPを

160426Y.jpg

再生・録音・編集したもの「Saint-Saens_CelloConcerto_No1_Rostropovich_Stolyarov_MoscowRadioO_1950B.mp3」(18.5MB)を以下のURLにupしたので(sound988)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://onedrive.live.com/redir?resid=F5C4B648081CE735!3069&authkey=!AP7k8pfi6kvutQ4&ithint=folder%2cmp3

なお、この曲は全3楽章ですが、切れ目無しに演奏されます。また、この録音は擬似ステレオです。
posted by matsumo at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 4月19日(火)の「薬王院」(3)

前述のごとく、2016. 4.19(火)は「高田馬場駅」より西方向に歩いた所にある「薬王院」(東京都新宿区下落合4-8-2)に「牡丹」の花の撮影に行ってきました。

160426W.jpg

160426X.jpg

ここでは、先日、入手したばかりのデジタル式一眼レフボディ「リコーイメージング:PENTAX K-3II」にKマウント交換レンズ「リコーイメージング:smc PENTAX-FA 35mmF2AL」を付けて、絞り開放、すなわち、F2で、また、背面液晶ファインダーを使用したライブビューにて撮影しました。

160426Q.jpg

160426R.jpg

160426S.jpg

160426T.jpg

赤いものを撮影した後は、ピンク色のものと、

160426U.jpg

白いものを撮影しました。

160426V.jpg

私はライブビューではほとんど撮影しないのですが、この方法もコンデジで撮っているような気分になって、中々、良いと思いましたが、やはり、このやり方では、一眼レフカメラには何のために見やすいファインダーがついているのかわからないので、もったいないですね。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3II」+「リコーイメージング:smc PENTAX-FA 35mmF2AL」、「Y!mobile:Digno T」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:薬王院
posted by matsumo at 18:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西への桜の撮影旅行[44](2016年 4月 5日(火)・京都市・円山公園)

円山公園の続きです。

160426B.jpg

160426A.jpg

160426C.jpg

160426E.jpg

160426D.jpg

円山公園では高い場所にある枝垂れ桜が最も綺麗です。天気も、この時が最も良かったですし。

160426F.jpg

160426G.jpg

160426H.jpg

160426I.jpg

160426J.jpg

しかしながら、徐々に雲が増えてきました。

160426K.jpg

160426L.jpg

160426M.jpg

160426N.jpg

160426O.jpg

160426P.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:円山公園
posted by matsumo at 18:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

本「志賀貢著 母の診断書」

志賀貢著「母の診断書」(発行日:1998.11.20、発行所:(株)光文社)を読みました。これは光文社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、私にとってはきついものでした。と言うか、ある程度、年取った母親がいる人にとっては、同様な思いを感じさせる本だと思います。これ、どうやら、著者の実話であるようで、医者で個人病院の院長である著者の所に、北海道に住んでいる母親が入院してきて、診察しても確定できなかったのですが、ついに、その病院では手に負えなくなって、大学病院に入院させたことにより、胃ガンであることが判明すると言うものです。その間に、著者と両親と関係、両親の老化による肉体的・精神的な衰え、後悔等が描かれていると言うものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:志賀貢
posted by matsumo at 18:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 3月31日(木)の「京都市・熊野若王子神社・楼花苑」の「ホトトギス」の生録音

前述のごとく、2016. 3.31(木)は京都市内を歩いたのですが、「哲学の道」の南端の「若王子橋」近くの「熊野若王子神社」の裏山頂上にある「桜花苑」に行きました。

160425Z.jpg

ここは「陽光」と言う種類の桜の林なのですが、「ウグイス」が大きな声で「ホーホケキョ」と鳴いていたので、WAVE Recorder「ZOOM:H2n」で生録音しました[2016-03-31Kyouto_KumanoNyakuoujiJinja_Roukaen.mp3(3.92MB]。

この音ファイルを以下のURLにupしたので(sound882)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://onedrive.live.com/redir?resid=F5C4B648081CE735!2799&authkey=!AC1kZjeP1xy83ys&ithint=folder%2c.mp3
posted by matsumo at 18:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 4月25日(月)の「無量寺」

2016. 4.25(月)、久しぶりに上中里駅近くの「無量寺」(東京都北区西ケ原1-34-8)に行って来ました。まずは、行く途中に見かけた花で、

160425P.jpg

160425Q.jpg

何と、「紫陽花」まで咲いていました。

160425R.jpg

そして、無量寺に入りますが、ここの「ツツジ」の花は知っていましたが、

160425S.jpg

160425T.jpg

160425U.jpg

驚いたことに「牡丹」が沢山あり、残念ながら、完全に最盛期は過ぎていたのですが、その中で、まだ、撮れるものを撮影しました。

160425V.jpg

160425W.jpg

160425Y.jpg

160425X.jpg

ううん、昨年までは見かけたことは無かったので、おそらく、今年から始めたのだと思います。と言うことで、来年はもっと早めに行くつもりです。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:無量寺
posted by matsumo at 18:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西への桜の撮影旅行[43](2016年 4月 5日(火)・京都市・円山公園)

円山公園の続きです。

160425A.jpg

160425D.jpg

160425B.jpg

160425E.jpg

160425C.jpg

160425F.jpg

ここより階段を登って、東方向の高い場所に行きます。

160425G.jpg

160425H.jpg

ここの「枝垂れ桜」は最盛期です。

160425I.jpg

160425J.jpg

160425K.jpg

160425L.jpg

これだけ枝垂れ桜が撮影できれば、大満足です。

160425M.jpg

160425N.jpg

160425O.jpg

この紅シダレ桜は今回の旅行で最も綺麗なものです。それが背景を青空にして、撮影できて良かったです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:円山公園
posted by matsumo at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

本「志賀貢著 白衣の女 女医・朝比奈瑤子」

志賀貢著「白衣の女 女医・朝比奈瑤子」(発行日:2001.12.20、発行所:(株)光文社)を読みました。これは光文社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これ、話の本筋の連続殺人事件と言うより、個人病院経営や老人介護、そして、生活保護に関する著者の見解を述べたものと言う感じの話です。確かにこの手の話は、身につませるものがありますね。

あ、4人で男を殺したが、軽微な罪で済んだ4人組が次々と殺され、その恋人を殺された女医が、殺人を疑われると言うものです。そこに病院経営や生活保護、老人介護の話がからんできます。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:志賀貢
posted by matsumo at 18:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の入手品

最近の入手品です。

160424ZA.jpg

すなわち、16GB-SDHCカード2枚で、秋葉原の「あきばお〜」で2枚、税込み1,188円でした。これ、「SanDisk」のものですが、「Class10・UHS-1」で転送速度が「48MB/S」と言うもので、私が持っているSDカードの中では最も速いものです。ちなみに、私が持っているものでは、東芝の16GB-SDHCカードは「30MB/S」ですし、他の会社の8GB-SDHCカードや2GB-SDカードには「Class10」の記載のみですので、「10MB/S」と言うことになるのだと思います。

あ、これ、入手した理由は先日、入手したデジタル式一眼レフカメラボディ「リコーイメージング:PENTAX K-3II」で使用するためです。本当は、このような大きな容量のものではなく、2GB-SDカードを使用したいのですが(と言うのは、大きな容量のものだと、当然、沢山の撮影ができるのですが、それに伴い、万が一、そのカードに異常が発生して、撮影データが壊れたり、読めなくなってしまった場合、打撃も大きいからです)、秋葉原でも2GB-SDカードはほとんど見かけず、あっても、訳のわからない会社のものしかないからで、やはり、SD/SDHCカードは東芝・SanDisk・トラセンド等の有名どころでないと痛い目にある可能性がありますので(以前に「あきばお〜」ブランドで「永久保証」と言う2GB-SDカードを使っていたら、撮影ファイルの半分位が壊れてしまっていたと言う苦い思い出があるので。加えて、そのあきばお〜ブランドの2GB-SDカードは3枚入手したのですが、その全てが使用不可になってしまいました)。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:SDHCカード
posted by matsumo at 18:31| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西への桜の撮影旅行[42](2016年 4月 5日(火)・京都市・円山公園)

雲の動きが速いので、いつ、曇り状態になるかわからないので、ともかく、ドンドン、撮影して行きます。

160424L.jpg

160424N.jpg

160424M.jpg

160424P.jpg

それにしても、まだ、朝早いと言うこともありますが、人が少ないので撮影しやすいです。

160424R.jpg

160424S.jpg

160424T.jpg

160424U.jpg

いつも、この位の人数だったら良いのですが。

160424V.jpg

160424X.jpg

160424W.jpg

160424Q.jpg

緑の桜も咲いていました。

160424O.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:円山公園
posted by matsumo at 18:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西への桜の撮影旅行[41](2016年 4月 5日(火)・大津駅→京都駅→八坂神社→円山公園)

2016. 4. 5(火)、朝のTVの天気予報によると、本日と明日の京都の天気は期待出来そうです。しかしながら、ホテルを出ると、まだ、曇りで、空の一部のみが青空となっている状態です。どうやら、大きな雲が東方向に進んでいて、それがまだ、移動しきれていないようです。駅前の桜はもう緑の葉が出て来ました。大津駅7:01発の姫路行新快速に乗りますが、勿論、座れません。7:12京都駅に着きました。駅前のバス停に行きます。空を見ると、空の7割程度が青空となっています。今回の旅行で欲しかった青空です。7:20発北大路バスターミナル行バスは座席の7割程度が埋まって発車し、7:27祇園バス停に着きました。

まずは、大通り(東大路通り)を渡って、「八坂神社」の境内に入ります。

160424A.jpg

先程より、天気が悪くなっていて、太陽が雲で覆われています。しかしながら、雲の動きは速い感じです。

160424B.jpg

境内に桜の花が咲いているので、できるだけ背景に建物を入れながら撮影します。

160424C.jpg

それにしても、時刻が早いとは言え、境内の人は少ないです

160424D.jpg

境内を通り抜け、丸山公園の中に入ります。有名なシダレ桜以外のシダレ桜はもう終わりに近い状態です。空の雲がドンドン減って、そのほとんどが青空となり、直射日光が射しているので、青空を背景に、有名なシダレ桜のほか、

160424E.jpg

160424F.jpg

桜や枝垂れ桜を撮影して行きます。

160424G.jpg

160424I.jpg

160424H.jpg

160424J.jpg

160424K.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:八坂神社
posted by matsumo at 17:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

本「佐伯泰英著 居眠り磐音 江戸双紙49 意次ノ妄」

佐伯泰英著「居眠り磐音 江戸双紙49 意次ノ妄」(発行日:2015. 7.19、発行所:(株)双葉社)を読みました。これは双葉文庫の1冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったです。今回で、ついに田沼意次が亡くなるのですが、その時に、現老中の松平定信の暗殺指令が今まで知られていなかった7名の家来に命令されるのだが、そこで、磐音が老中ではなく自分達を襲わせるように細工すると言うものです。しかしながら、この7人衆、強敵である筈なのに、妙に弱いのですね。途中で2名が殺されてしまいますし、あげくの果てに、磐音の息子にさえ、負けてしまうと言う。ともかく、ガッカリの1冊でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:佐伯泰英
posted by matsumo at 18:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 4月23日(土)の「開館50周年記念 美の祝典 I.やまと絵の四季」展

2016. 4.23(土)、有楽町駅近くの「出光美術館」にて、「開館50周年記念 美の祝典 I.やまと絵の四季」展を観てきました。

160423ZA.jpg

開館の30分後位の10:30頃に入ったのですが、観客はまあまあの状態で、観やすかったです。この展覧会の目玉は「国宝 伴大納言絵巻」全3巻が3回に渡って公開されることで、私が観た「I.やまと絵の四季」(4/9〜5/8)では1巻目、「II.水墨の壮美」(5/13〜6/12)では2巻目、「III.江戸絵画の華やぎ」(6/17〜7/18)では3巻目が公開されるようです。また、この絵巻物の公開は10年ぶりだとそうです。

さて、感想ですが、私にとっては、残念な展覧会でした。と言うのは、「伴大納言絵巻」を含めて、私の趣味のものは少なく、良かったのは、六曲一双の金屏風「作者不明:吉野龍田図屏風」と、同じく六曲一双の金屏風”「伊年」印:四季草花図屏風”のみでした。前者は、モミジの紅葉の屏風と、白い満開の桜の屏風と言う組み合わせで、華やかな感じが素晴らしかったです。後者は以前にも観た記憶があるもので、橙色の牡丹等の華やかな花が沢山咲いている様子を描い金屏風が2つあるもので、こちらも、良かったです。

また、伴大納言絵巻は全編を展示しているようですが、源氏物語絵巻とは異なり、詞書きがなく、絵がずっと、続いている形式のもので、話の内容がわからない(と言っても、解説を読まない私が悪いのですが)私には、細かい人物画が続いているなあと言う感じでした、加えて、消滅してしまった部分もありました。

そのほか、興味深いものとしては、掛け軸”伝 藤原信実:佐竹本三十六歌仙絵「柿本人麿」”と、横長の非常に大きな掛け軸「作者不明:十王地獄図」があり、後者は、なるほど、地獄の裁判ってこのようなものであるのかと説得力の非常に強いものでした。

なお、今回の展覧会では保存状態が悪い物も結構展示されていたことも残念でした。

と言うことで、伴大納言絵巻を観たい方は、行かれた方が良い展覧会だと思います。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:出光美術館
posted by matsumo at 18:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする