2016年01月31日

本「梯久美子著 廃線紀行 -もうひとつの鉄道旅」

梯久美子著「廃線紀行 -もうひとつの鉄道旅」(発行日:2015. 7.25、発行所:中央公論新社)を読みました。これは中公新書の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。これ、50の廃線が紹介されています。私がこの中で歩いたことがあるのは横川駅からハイキングコースになっている「旧信越本線」だけです。後は、京都の「蹴上インクライン」跡も歩いたことはありますが、ううん、こちらは確かに線路は残っていますが、船を運んだものですので、鉄道と言って良いのか、ちょっと疑問に思いました。

また、行ってみたいと思ったのは、「勝沼ぶどう郷駅」近くの旧中央線の「大日影トンネル」です。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:梯久美子
posted by matsumo at 19:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートフォンの「データ使用量」

私はスマートフォン「Y!mobile:Digno T」では「スマホプランS(タイプ1)」ですので、データ使用量の上限は1GB、スマートフォン「docomo:F-03D Girls'」には格安SIM「@nifty:NifMo」を入れて「3GBプラン」に入っていますが、

160131ZA.jpg

ここ数ヶ月間の実際の使用データ量は、「Digno T:0.9GB/月、F-03D:1.1GB/月」と言ったところで、前者はほぼ満杯に近い使い方ですが、後者は1/3程度しか使っていない状態です。

160131ZB.jpg

ううん、この状態ですと、Digno Tを「スマホプラン M」にして、データ使用量の上限を3GBにして、NifMoを止めるのがベストのような気がしますが、現在の契約は2年縛りになっているので、1年後の状況次第です。例の「0円スマホ・キャッシュバック9万円」と言う一般消費者をバカにしている状態に対する是正命令により、携帯電話の契約内容も変わりそうですので。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:DIGNO T
posted by matsumo at 19:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月31日(日)の「無量寺」

2016. 1.31(日)、上中里駅近くの「無量寺」(東京都北区西ケ原1-34-8)に「梅」の撮影に行きました。

160131S.jpg

160131T.jpg

160131W.jpg

しなしながら、ここのところ、気温が非常に低かったせいか、「紅梅」も

160131O.jpg

160131Q.jpg

160131U.jpg

160131V.jpg

「白梅」も1週間位前とほとんど変わらない感じです。

160131P.jpg

160131R.jpg

「マンリョウ」でしょうか。

160131X.jpg

と言うことで、1週間あるいは2週間後に期待です。その頃になれば、「枝垂れの白梅」の花も咲いていると思いますし。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5」+「リコーイメージング:smc PENTAX-FA 35mmF2AL」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:無量寺
posted by matsumo at 18:39| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月27日(水)の「赤塚中央通り」と「赤塚溜池公園」

前述のごとく、2016. 1.27(水)は”地下鉄「地下鉄赤塚駅」→板橋区立赤塚植物園→赤塚溜池公園→板橋区立水車公園→北野神社→東武鉄道「東武練馬駅」”と歩いてきました。その内の地下鉄赤塚駅から赤塚植物園までの赤塚中央通りの民家には、いつもの通り、「素心蠟梅」の花が咲いていました。

160131A.jpg

160131B.jpg

また、赤塚植物園に近い所の民家にも咲いていました。

160131C.jpg

「赤塚溜池公園」の梅林はまだ、白梅が僅かに咲いているだけでした。

160131D.jpg

160131E.jpg

160131G.jpg

160131F.jpg

このすぐ隣の小山「赤塚城址」にも梅林があるのですが、こちらは更に咲いていませんでした。

160131H.jpg

ここは、赤塚植物園のシモバシラの撮影後の行く場所ですので、今年の梅の季節はもう行かないと思いますが、いつもは咲いている紅梅もほとんど咲いていなかったのが残念でした。

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-G2」+「パナソニック:G VARIO 14〜42mmF3.5-5.6」、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5」+「リコーイメージング:smc PENTAX-FA 35mmF2AL」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

本「濱嘉之著 警視庁公安部・青山望 濁流資金」

濱嘉之著「警視庁公安部・青山望 濁流資金」(発行日:2014. 9.10、発行所:(株)文藝春秋)を再読しました。これは文春文庫の1冊です。

さて、感想ですが、やはり、「ううん」と言う感じです。これ、悪い中国人の犯罪を捜査するものですが、現実もそうですが、中国人の犯罪者と言うのは、日本人の犯罪者の十倍はひどいですね。

この話、フランス人のビットコイン事件にヒントを得たようで、ビットコインではなくネットコイン(笑)の喪失から始まるのですが、それを主催している社長が殺され、また、そのネットコインには、政治家、銀行頭取、医者、暴力団等が関係していることが次第に判明していくと言うものです。

それを主人公が解き明かしていくのですが、あまりに簡単なので、ちょっとと言う感じがします。ともかく、主人公が軽すぎる位、軽いので、それが大きな違和感ですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:濱嘉之
posted by matsumo at 17:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月30日(土)の「第221回 まちかどコンサート 亀山香能 新春 箏の調べ」

2016. 1.30(土)、都電「荒川線・荒川車庫停留所」近くの「昭和町ふれあい館・1階・第3ホール」にて、「第221回 まちかどコンサート 亀山香能 新春 箏の調べ」を聴いてきました。

160130ZA.jpg

聴衆は合わせて90名程度で、演奏された曲は以下です。

(1)さくら・六段の調べ・春の曲
(2)わらべ唄
(3)雪・焚き火・春よ来い・めだかの学校・春の小川・おぼろ月夜
(4)古里
亀山香能(箏)

さて、感想ですが、つまらなかったです。私が聴く音楽は西洋クラシック音楽がメインのせいもあるのでしょうが、(2)(3)(4)ではなぜか、琴の音程が微妙におかしいのが気になりました。おそらく、奏者が日本の古典音楽に慣れていることが原因なんだと思いますが、やはり、明治以降に作られた(2)(3)(4)では気になります。

また、(1)ですが、こちらも私の趣味の演奏ではありませんでした。

と言うことで、感想を書く気にもならなかった1/24(日)の室内楽コンサートに続いて、本日も残念なコンサートでした。

なお、箏には生田流と山田流があることは知っていましたが、付け爪の形が、片方は四角形、もう一方はとがった形のものであることは初めて知りました。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年 3月14日(木)の「青梅市梅の公園」(5)

前述のごとく、2013年 3月14日(木)は日向和田駅近くの「青梅市梅の公園」に行ってきました。

160130O.jpg

160130R.jpg

160130P.jpg

160130Q.jpg

160130T.jpg

160130S.jpg

青空の方が映えますね。

160130U.jpg

160130V.jpg

160130W.jpg

160130Y.jpg

160130X.jpg

160130Z.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月17日(日)の「旧古河庭園」(2)

前述のごとく、2016. 1.17(日)は上中里駅近くの「旧古河庭園」に行ってきました。 日本庭園に入ります。

160130D.jpg

池のそばの「冬牡丹」です。ここはちょうど直射日光が当たっていました。

160130A.jpg

160130B.jpg

「雪吊り」が綺麗に池に写っています。

160130C.jpg

160130E.jpg

「藁ボッチ」です。

160130F.jpg

そのそばには「福寿草」が咲き始めていました。

160130K.jpg

池から離れると、「紅梅」が咲いていました。

160130G.jpg

160130H.jpg

160130I.jpg

「素心蠟梅」も咲いていましたが、ここも板橋区立赤塚植物園と同様に、赤い網が掛けられていて、撮影に適しません。

160130J.jpg

と言うことで、終わりに近い冬牡丹を撮影することができました。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:旧古河庭園
posted by matsumo at 16:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

ムック本「澤村徹著 オールドレンズライフ Vol.5」

澤村徹著「オールドレンズライフ Vol.5」(発行日:2015.10.10、発行所:(株)玄光社)を読みました。

さて、感想ですが、まあまあでした。今回の特集は「旧東独・ロシアレンズ」なのですが、ううん、旧共産圏の質の悪いレンズ、それも中古品に3万円以上のお金を払う人はいるのか、疑問に思いました。

私は初めて聞きましたが、東独に「Meyer-Optik Görlitz」と言う会社があったそうで、そこのレンズは外面が縦縞模様のゼブラ模様が特徴なのだそうです。ここの「Domiphan 50mmF2.8」と言う3枚玉は3,000円〜5,000円だそうですから、面白いと思ったのですが、勿論、一度も見かけたことはありません。

このほか、ロシアレンズでは以下が面白いと思いましたが、そもそも、ここ数年はロシア製のレンズ自体を中古カメラ店で見かけないのですが。

(1)KMZ:Industar-69 28mmF2.8(4,000円〜6,000円)
(2)KMZ:Industar-50-2 50mmF2.8(3,000円〜5,000円)
(3)LZOS:Jupiter-9 85mmF2(18,000〜30,000円)

と言っても、(3)は新品で入手したものを持っていますが。しかしながら、これ、中のグリースがひどい悪臭を発するようになり、自分で、グリースの交換を行いましたが。

後は、新品で入る可能性がある、円周魚眼レンズ「BeLOMO:PELENG 8mmF3.5MC」が4万円位だそうで、最近はこの手のレンズ、国内ではほとんど生産していないと思います。

後、面白いと思ったのが、ハッセルブラッドのフィルム式中版一眼レフカメラに取り付けるデジタルカメラユニットがあるそうですが、これ何と、レンズを通った光をフィルム位置にある磨りガラスに写して、それをデジカメで撮影する仕組みなのだそうです。ううん、これはアイディア賞ものだと思いました。

それから、新品なのですが、最近は中国製の高価格MFレンズが販売されているのだそうです。すなわち、

KIPON:IBELUX 40mm F0.85(225,000円)
中一光学:Speedmaster 50mm F0.95(108,000円)

なのですが、ううん、中国製の上、マニュアルフォーカスの明るいレンズではピントの合焦率は非常に低いでしょうから、日本人で買う人はほとんどいないでしょうね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:澤村徹
posted by matsumo at 19:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「モーツアルト:交響曲第39番」(モントゥー指揮)

ピエール・モントゥーと言えば、89歳ま亡くなるまで活動していた長命の指揮者として有名ですが、このほかの業績としては、1911年からはディアギレフのロシア・バレエ団で指揮を担当し、「ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ」、「同:春の祭典」、「ラヴェル:ダフニスとクロエ」及びドビュッシー:遊戯」等の20世紀の名作バレエ音楽の初演を多く行ったことが上げられると思います。

この「ピエール・モントゥー指揮ハンブルグ北ドイツ放送交響楽団」が「モーツアルト:交響曲第39番」を演奏・録音したLPを

160129W.jpg

再生・録音・編集したもの「Mozart_Symphony_No39_Monteux_NDRso_1964B.mp3」(22.0MB)を以下のURLにupしたので(sound983)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://onedrive.live.com/redir?resid=F5C4B648081CE735!3048&authkey=!AML5Oaro5HZzrQk&ithint=folder%2cmp3
posted by matsumo at 18:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月27日(水)の「板橋区立水車公園」

前述のごとく、2016. 1.27(水)は”地下鉄「地下鉄赤塚駅」→板橋区立赤塚植物園→赤塚溜池公園→板橋区立水車公園→北野神社→東武鉄道「東武練馬駅」”と歩いてきました。内、「板橋区立水車公園」(東京都板橋区四葉1−16)です。

ここは水車小屋があるから、水車公園と名付けられたのですが、現在は水車は止まっている状態で、撮影に値しない状態でした。その代わりに、「菜の花」が満開に近い状態でした。

160129V.jpg

160129U.jpg

160129T.jpg

園内には茶室と

160129O.jpg

160129Q.jpg

160129P.jpg

日本庭園もあります。

160129S.jpg

160129R.jpg

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-G2」+「パナソニック:G VARIO 14〜42mmF3.5-5.6」、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5」+「リコーイメージング:smc PENTAX-FA 35mmF2AL」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月28日(木)の「向島百花園」

インターネット上の情報では、東武鉄道「東向島駅」近くの「向島百花園」の「白梅」が結構、咲いているような感じだったので、2016. 1.28(木)、南千住駅より歩いて行ってきました。

160129A.jpg

藁ボッチもあります。

160129K.jpg

しかしながら、「白梅」はあまり咲いていないし、

160129G.jpg

160129H.jpg

160129I.jpg

「紅梅」も僅かしか咲いていませんでした。

160129E.jpg

160129F.jpg

加えて、「水仙」は咲いていたのですが、倒れないようにヒモで結ばれているので、撮影できません。その変わりに、雪囲い中の「冬牡丹」が終わりに近い状態でしたが、まだ、残っていました。

160129B.jpg

160129C.jpg

160129D.jpg

このほか、「福寿草」が咲き始めていました。

160129J.jpg

と言うことで、ガッカリな向島百花園でした。まともになるのは後2週間はかかるでしょうか。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:向島百花園
posted by matsumo at 17:51| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

本「堤美果著 報道が教えてくれない アメリカ弱者革命」

堤美果著「報道が教えてくれない アメリカ弱者革命」(発行日:2010.11. 1、発行所:(株)新潮社)を読みました。これは新潮文庫の1冊です。

さて、感想ですが、つまらなかったです。これ、「ルポ 貧困大国アメリカ」の著者が書いたものですが、文体がおちゃらかしたような感じで、同じ著者のものとは思えない感じです。

これ、後半では米軍への準徴兵制と言ってもよいものを批判しています。すなわち、米国では中・高校生の個人情報を軍隊がとれる仕組みになっているのだそうで、貧乏な家の子供を対象に、大学に行ける等の甘い言葉で勧誘を行い、入隊をさせ、戦地に送っているのだそうです。そして、戦地で、人殺しを行うことにより、PTSDとなっているのだそうです。

また、アメリカの選挙では、一部の地域で投票機が使われているそうですが、この機械、もし、数え違いがあっても、チェックができない仕組みになっているのだそうで、ううん、全く、電子立国らしくないですね。

それにしても、いくら、金持ち達が自分たちの良いようにするための法律を作っているとは言え、州議会や連邦議会の議員は庶民の1票から成り立っているのに、そのような状況と言うのは、やはり、庶民達が騙されていると言うか、本当のことを知らないからなのでしょうね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:堤美果
posted by matsumo at 19:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月27日(水)のTVドラマ「フラジャイル」第3話

2016. 1.27(水)、TVで放映されたドラマ「フラジャイル」第3話を観ました。

さて、感想ですが、まあまあでしたが、ますます、米国TVドラマ「ドクター・ハウス」に似てきました。すなわち、患者の病名を確定して治療すると言うことなのですが。

今回の患者は、潰瘍性大腸炎の患者で、主治医はそれをクローン病ではと考えて、大腸検診を行うのですが、病理医がクローン病と確定診断ができないため、何とそれを計4回も繰り返します。ううん、この検査、確か、下剤を与えて大腸を綺麗にしてから行うものですから、患者にとっても超大変な訳で、それを4回も繰り返すと言うのは、あまりに藪医者ですね。おかげで、患者はドンドン、弱って行きますし。普通だったら、1回目が終わった後、今度は他の検査を行うと思うのですが。加えて、確定診断無しで、クローン病用の免疫抑制作用のある薬剤を投与したために、本当の病であった「結核性大腸炎」の結核菌が肺に作用して「肺結核」の症状を起こすとは。でも、いくら免疫抑制作用が強くても、1日、2日で、肺結核になるとは思えませんが、それがTVドラマなのでしょうね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月26日(火)の「皇居東御苑」(2)

前述のごとく、2016. 1.26(火)は地下鉄「竹橋駅」近くの「皇居東御苑」に梅と蠟梅の花の撮影に行ってきました。

「素心蠟梅」は満開に近くなっていました。ここに直射日光が当たるのは10:30頃ですので、それに遭うように行きます。

160128A.jpg

160128B.jpg

160128C.jpg

「蠟梅」の花も咲いています。

160128D.jpg

「諏訪の茶屋」に行きます。ここの白梅は五分咲き程度でしょうか。

160128E.jpg

160128F.jpg

そして、池の所を撮影します。

160128G.jpg

160128H.jpg

160128I.jpg

160128J.jpg

後、1週間位したら、また、行くつもりです。

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5」+「リコーイメージング:smc PENTAX-FA 35mmF2AL」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:皇居東御苑
posted by matsumo at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月27日(水)の「板橋区立赤塚植物園」

2016. 1.27(水)、”地下鉄「地下鉄赤塚駅」→板橋区立赤塚植物園→赤塚溜池公園→板橋区立水車公園→北野神社→東武鉄道「東武練馬駅」”と歩いてきました。スマートフォン「docomo:F-03D Girls'」+アプリ「YamaNavi」にて、GPSログをとったものです。

160128ZB.jpg

その内の「板橋区立赤塚植物園」です。園内には、1週間以上前に降った雪がまだ、残っていました。

160128O.jpg

160128P.jpg

ここ数日間はアメダスのある練馬区でも朝方の気温は零下2度位なので、「しもばしら」の枯れた茎の下にできる「シモバシラ」ができているのではと思って行ったのですが、もう茎の毛細管がダメになっていることから、小さなものしか見あたりませんでした。

160128Q.jpg

160128R.jpg

160128S.jpg

160128T.jpg

しかしながら、風の影響で、茎が折れたためか、12月末頃とは異なり、色々な形のものがありました。

160128U.jpg

160128V.jpg

160128W.jpg

160128X.jpg

小さなものなので、撮るのが大変です。

160128Y.jpg

160128Z.jpg

160128ZA.jpg

と言うことで、ここでのシモバシラの撮影は年末に期待です。

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-G2」+「パナソニック:G VARIO 14〜42mmF3.5-5.6」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:赤塚植物園
posted by matsumo at 17:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

本「堤未果著 (株)貧困大国アメリカ」

堤未果著「(株)貧困大国アメリカ」(発行日:2013. 7.27、発行所:(株)岩波書店)を読みました。これは岩波新書の1冊です。

さて、感想ですが、面白かったです。岩波新書に堤氏が書いたものはこれで3冊と言うか、「ルポ 貧困大国アメリカ」、「ルポ 貧困大国アメリカII」を合わせて三部作と言うべきものだと思いますが、いずれも面白いです。

これ、要するに、人口の1%程度の金持ち達が今より更にお金を儲け、99%はドンドン、所得が減っていくと言う話です。それにしても、こう言う本を読むと、人間の欲望って限りないんだなあとつくづく思いますね。私に言わせれば、いくら金を儲けても、地獄まで(こう言う連中は勿論、地獄に落ちますよね)持って行ける訳ではないのだから、適当な所で切り上げて、後は楽しんで暮らして行った方が良いと思うのですが。

それにしても、金持ち達が集まって城壁のある自治体を作って暮らすため、今度はその地域で税金を支払う人がいなくなってしまうと言う話、以前に見た映画「キャメロットガーデンの少女」の世界なのですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 20:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年 9月12日(土)の「大塚天祖神社・大祭」の「三親町会」の宮入りの生録音

前述のごとく、2015. 9.17(木)は大塚駅近くの「大塚天祖神社」(東京都豊島区南大塚3-49-1)の例大祭で、9/12(土)と9/13(日)は氏子町内の神輿が町内等をまわるのですが、9/12(土)は13時より一部の町内の子供神輿の宮入が行われるとのことで、行ってきました(ううん、何で例大祭の日と、町内神輿渡御の日がこんなに異なるのでしょうね)。

宮入は13時と言うことでしたが、実際に大塚駅方向から現れたのは12:45頃で、祭囃子を先頭に山車と子供神輿でした。

160127X.jpg

この様子を、WAVE Recorder「ティアック:TASCAM DR-07Mk2」で生録音しました。この音ファイル「2015-09-12OotsukaTensoJinja_Taisai_KodomoMikoshiMiyairi_SanshinChoukai.mp3」(4.36MB)を以下のURLにupしたので(sound1010)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://onedrive.live.com/redir?resid=F5C4B648081CE735!3143&authkey=!AFjWOH-Jl-p8pf4&ithint=folder%2cmp3
posted by matsumo at 20:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月27日(水)の徳丸「北野神社」

2016. 1.27(水)、地下鉄「高島平駅」と東武鉄道「東武練馬駅」の間にある「北野神社」(東京都板橋区徳丸6-34-3)に行ってきました。

160127O.jpg

160127P.jpg

160127Q.jpg

160127R.jpg

160127T.jpg

ここは梅林もありますが、咲いていたのは、素心蠟梅と、

160127V.jpg

160127W.jpg

「紅梅」のみでした。

160127S.jpg

また、富士塚もあります。

160127U.jpg

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-G2」+「パナソニック:G VARIO 14〜42mmF3.5-5.6」、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5」+「リコーイメージング:smc PENTAX-FA 35mmF2AL」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:北野神社
posted by matsumo at 19:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月26日(火)の「皇居東御苑」(1)

2016. 1.26(火)、地下鉄「竹橋駅」近くの「皇居東御苑」に梅と蠟梅の花の撮影に行ってきました。

まずは、「本丸跡」がある場所の「茶畑」近くの「福寿草」です。僅かですが、咲き始めていました。

160127A.jpg

そして、「寒桜」です。こちらは三分咲き程度でしょうか。

160127B.jpg

ここより、「梅林坂」方向に行きます。

160127C.jpg

160127D.jpg

そして、「二の丸庭園」の中の「梅林」で、大分、花を付けた木が増えてきました。

160127E.jpg

160127F.jpg

160127H.jpg

160127G.jpg

ここのところ、朝方は氷点下ですので、雑木林の中で、枯れた「しもばしら」の茎が地面に接する所に、「シモバシラ」ができていました。ここでシモバシラを見たのは、数年ぶりです。

160127J.jpg

160127K.jpg

160127I.jpg

160127L.jpg

160127M.jpg

160127N.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:皇居東御苑
posted by matsumo at 19:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

雑誌「岳人」2016. 2号

雑誌「岳人」2016. 2号を読みました。本号の特集は「地図の世界」で、その中では「山の古道を歩く」がありました。古道と言っても、昔は街道等で使われていたが、その後、廃道となり、今や影も形も無くなった道を、地図を見ながら検討を付けて、道無き道を進むと言うものです。ううん、里山だったら、これ、面白そうですね。間違えて進んでも、里に出られれば、大きな問題は起きないですし。

後は知らなかったこととして、山頂等にある三角点は、三角点と彫られた部分が南を向いているのだそうです。ううん、これ、三角点の所で北がどちらかわかるのに役にたちそうです。後、登山コースと言うかハイキングコースでは、西武鉄道「芦ヶ久保駅」近くの「日向山」のコースが面白そうでした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:岳人
posted by matsumo at 17:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懐中時計付き雑誌「【改訂版】甦る古の時計 郷愁の懐中時計コレクション(1)」(続)

先日、入手した雑誌「【改訂版】甦る古の時計 郷愁の懐中時計コレクション(1)」

160126ZF.jpg

付録の懐中時計ですが、

160126ZG.jpg

前述の通り、本や出版社のホームページにある写真のものと大きく色が異なります。出版社のホームページの写真と実物を比較したものです。

160126ZD.jpg

160126ZE.jpg

すなわち、ホームページの写真ではやや黒みがかった銀色ですが、実物は焦げ茶色っぽい色を塗ったような感じです。全く別物と言ってもよい程で、この塗料を塗ったような感じが品を落としています。このため、この塗料部分を剥がす、と言うか、これ、浮き彫り風になって模様が付けられているので、凸部の塗料を紙ヤスリで擦って取り除いてみました。すると、銅色の地金が出てきました。ううん、写真のものとは違いますが、こちらの方がまともに見えます。

本の写真との比較で、文字盤部、

160126ZA.jpg

外側の表面、

160126ZB.jpg

外側の裏面です。

160126ZC.jpg

すなわち、銅板に凹凸をつけて黒いスミを入れた模様を付けたような感じになりました。と言っても、勿論、これでも、写真のものとは大きく異なりますが。

なお、本ブログにコメントを寄せてくれた方がお買いになったものは、時刻がひどく遅れて使い物にならなかったそうですが、私が入手したものはほぼ正確でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月17日(日)の「旧古河庭園」(1)

上中里駅近くの「旧古河庭園」では正月の2日の今年初めての開園日より「冬牡丹」が咲いていましたが、それもそろそろ終わりだろうと言うことで、2016. 1.17(日)、行ってきました。

160126O.jpg

160126P.jpg

冬牡丹の花は、藁でできた囲いの中にあると映えますね。洋館よりバラ園を通り抜けた場所にある冬牡丹です。暗いので、カメラ内蔵のストロボの光を当てています。

160126Q.jpg

光がようやく入ってきました。

160126R.jpg

160126S.jpg

池の方に進む途中の冬牡丹です。

160126T.jpg

160126U.jpg

池のすぐ近くの冬牡丹です。ここには直射日光が当たっています。

160126V.jpg

upです。

160126W.jpg

160126X.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 16:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月25日(月)の「神田明神」と「五條天神」

2016. 1.25(月)、お茶の水駅近くの「神田明神」に「紅梅」の撮影に行きました。

160126B.jpg

160126C.jpg

ここの紅梅は、大きな鳥居のそばの「天野屋糀店」の前と、

160126A.jpg

社殿の奧の裏参道のそばにあります。

160126D.jpg

ここより、北上して、上野公園内の「五條天神」に行きます。

160126E.jpg

ここの紅梅・白梅はようやく、撮影出来る程度の咲き方になってきました。

160126F.jpg

160126G.jpg

ここより、噴水広場方向に進みます。

160126H.jpg

公園内の「寒桜」は1本のみですが、ようやく、咲いてきました。

160126I.jpg

更に進むと、白っぽい花を付けた寒桜の木がありました。

160126J.jpg

160126K.jpg

以上は、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5」+「HOYA:smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 15:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

本「武田文男著 山で死なないために」

武田文男著「山で死なないために」(発行日:1987. 7.31、発行所:朝日新聞社)を読みました。

さて、感想ですが、つまらなかったです。その理由は内容的に古すぎることと、書き方に興味を持たせるものが無いからです。

それにしても、さすがに最近は無くなったのではと思いますが、米国では国立公園で落雷に遭ったと言うことで
国を相手取って損害賠償訴訟を起こしたとか、キャンプ中に熊に襲われたとか、強風に吹き飛ばされたとかで損害賠償訴訟を起こしたとか言う話が書かれていましたが、ううん、米国では弁護士がたきつけているのでしょうね。

また、日本でも客を死なせたり怪我をさせた山岳ガイドが損害賠償で訴えられたり、逮捕されたりしているそうです。ううん、確かに登山者も落石を起こして他の人を殺したり、あるいは、怪我をさせたりすれば、同じようなことが起こる可能性がありますね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:武田文男
posted by matsumo at 20:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kマウント交換レンズ「リコーイメージング:SMC PENTAX-FA35mmF2AL」(1)

2016. 1.25(月)、上野駅近くの「ヨドバシカメラ」にて、ペンタックス一眼レフ用Kマウント交換単焦点レンズ「リコーイメージング:SMC PENTAX-FA 35mmF2AL」を32,950円で入手しました。このレンズ、日本amazonでは送料・税込みで29,952円ですが、ヨドバシカメラでは10%分のポイントが付くことを考慮すると、29,655円相当となりますので、何と日本amazonよりも300円安いことになります。ううん、今までは日本amazonの方が安いと言うイメージを持っていたのですが、最近は異なるようです(ヨドバシカメラでは通信販売も行われていますが、このレンズの価格は通信販売も店頭販売も同価格でした)。なお、これ、税別の希望小売価格は52,000円ですので、税込だと56,160円、すると、今回の価格は標準小売価格の約半額と言うこととなります。今まではシグマやタムロン等のサードパーティ製の交換レンズは標準価格の4割引と言うイメージを持っていましたが、それも変わったようです。

なお、リコーでは、同様なレンズとして、2010年に発売されたAPS-Cデジタル式一眼レフカメラ専用の「PENTAX DA35mmF2.4AL」(日本amazonでの送料・税込み価格:17,798円)がありますが、2004年に発売されたこのレンズを入手した理由は、このレンズはAPS-Cサイズ用ではなくフルサイズ用であることと、加えて、APS-C専用レンズでは無くなってしまった絞り輪があることです。また、写りも、絞り開放だと、フワッとした感じで、最近のレンズとは異なるとのことですし。勿論、このレンズは10年以上前に発売されたかなり古いものであることは承知です。でも、ペンタックスは今年中にはフルサイズのデジタル式一眼レフカメラを出すことは間違いありませんし、それにはAPS-C用のものは使えませんので。

まずは、秋葉原のヨドバシカメラに行って、3階のカメラ売り場にて、店員さんに展示してあるレンズを手で示して「これを」と言ったところ、レジの奧の方に行って在庫を探しました。しかしながら、インターネット上ではあることになっているこのレンズの在庫は実際は無し。このため、店員さんは上野のヨドバシカメラに電話を入れて在庫があることを確認、そちらでしたら、本日、入手できると言うことで、名前と電話番号を示して、取り置きをお願いし、秋葉原のジャンク街に寄った後、上野まで行き、入手したと言う訳です。秋葉原の店員さんも熱心でしたが、上野の店員さんも、中々、親切な感じでした。

家に戻って、早速、外箱を開けて、中を確認しました。

160125ZC.jpg

レンズ本体、フード、そして、レンズケースが入っていました。レンズケース、大昔は皮製でしたが、今は布製なのですね。また、ヨドバシカメラではレンズ購入者に配布するとのことで、ライオンの写真(そう言えば、大昔のヨドバシカメラではライオンをブランドで使っていた記憶があります)が印刷されたレンズ拭きをくれました。

それにしても、ペンタックスのレンズ、新品で入手するの、本当に久しぶりです。最後にペンタックスのレンズを入手したのは中古の「HOYA:smc PENTAX-DA 18-55mmF3.5-5.6 ALII」ですし、最後に入手したKマウントの新品レンズはサード・パーティ製の「シグマ:SIGMA ZOOM 18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」ですので。

と言うことで、「ペンタックスリコーイメージング:PENTAX K-5」に取り付けてみました。

160125ZD.jpg

付属フードを付けてみました。

160125ZE.jpg

しばらくは、K-5にこの単焦点レンズを、K-3には高倍率ズームレンズ「シグマ:18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」を付けて、2台体制で撮影に行くつもりです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:FA35mmF2AL
posted by matsumo at 19:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月19日(火)の「六義園」(2)

2016. 1.19(火)、駒込駅近くの「六義園」に行ってきました。

160125A.jpg

160125B.jpg

大きな池の周りを反時計回りに進みます(なお、六義園は事故防止のため、雪が積もっている時は、池の周り以外は通行止めになっています)。

160125C.jpg

160125D.jpg

160125E.jpg

「藤代峠」です。

160125F.jpg

更に進みます。

160125G.jpg

160125H.jpg

160125I.jpg

「雪ボッチ」と「雪吊り」です。雪ボッチは日陰になっていたので、デジカメ内蔵のストロボで光を当てています。

160125J.jpg

160125K.jpg

ここの対岸の茶店です。

160125L.jpg

六義園から出て、歩いていると、雪だるまがありました。

160125M.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-200mmF3.5-6.3II DC HSM」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:六義園
posted by matsumo at 18:02| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年 1月16日(土)の「皇居東御苑」(3)

前述のごとく、2016. 1.16(土)は「皇居東御苑」に行きました。「二の丸庭園」の梅林の続きです。

160125O.jpg

160125P.jpg

160125Q.jpg

160125R.jpg

やはり、梅の咲きかけの時が最も、心がウキウキしますね。

160125S.jpg

160125T.jpg

160125U.jpg

160125V.jpg

数匹のメジロが花を梅の花をつついていました。

160125W.jpg

160125X.jpg

160125ZA.jpg

160125Y.jpg

160125Z.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:皇居東御苑
posted by matsumo at 17:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

本「山と渓谷社編 ドキュメント 御嶽山大噴火」

山と渓谷社編「ドキュメント 御嶽山大噴火」(発行日:2014.12.15、発行所:(株)山と渓谷社)を読みました。これはヤマケイ新書の1冊です。

さて、感想ですが、前半は面白かったです。ただし、後半は学者達が噴火について書いているので、ううん、いいかげんな予知しかできないのに生意気言うなと言いたくなりましたが、やはり、これ以上のことはできないのでしょうね。

前半には頂上付近にいて助かった7人の証言が書かれているのですが、ここに書かれている通り、噴石が落ちてくるとか、有毒ガスや熱等で危機に陥ったら、家族や警察にメールや電話して助けを求めることより、とりあえず、安全な所に避難することが先決ですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:御嶽山
posted by matsumo at 18:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日(日)の「東洋大学チアリーディングサークルMINNIES(ミニーズ)」の映像

前述のごとく、2015.10.17(土)と10/18(日)は地下鉄「根津駅」及び「千駄木駅」近くの「根津・千駄木」地域で、「第17回 根津・千駄木 下町まつり」が行われ、「根津神社」境内のほか、不忍通りふれあい館、藍染大通り、宮永仲通り、根津銀座通り、須藤公園及び森鴎外記念館等の9ヶ所で色々なイベントが行われました。

10/18(日)は14時より「根津神社」の境内で、「東洋大学チアリーディングサークルMINNIES(ミニーズ)」による「チアリーディング」が行われました。まずは、1m四方位の薄い敷物を沢山、すなわち、10m×10m位の大きさになるように敷き、14:10頃からチアリーディングが始まりました。最高、3段になる本格的なもので、やはり、若さだと思いました。ただし、私はてっきり25分間位行われると思っていたのに、実際は5分位で終わってしまってガッカリでした。

以上を、コンパクトデジカメ「キヤノン:PowerShot SX20IS」の動画機能を使用して、映像で撮影しました。



matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:09| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 生録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする