2017年02月20日

本「今野敏著 イコン」

今野敏著「イコン」(発行日:1998. 8.15、発行所:(株)講談社)を読みました。これは講談社文庫の1冊です。

さて、感想ですが、「ううん」と言う感じです。これ、パソコン通信を通じたバーチャルアイドルをめぐる2件の殺人事件を扱ったものですが、MS-DOS2.11時代からパソコンを使い、nifty等のパソコン通信、Windows95時代からのインターネットを経験している私としては、パソコン通信の話に無理が有りすぎと言う感じがしました。

それにしても、ここで出てくる不良高校生達、こう言う輩、どうにかして欲しいものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:今野敏
posted by matsumo at 18:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月20日(月)の所得税の「確定申告」

所得税の確定申告は「2/16(木)〜3/15(水)」の間に行わなければならないので、本日(2/20)、税務署に行き、行ってきました。

すなわち、家から歩いて、9:45に税務署の玄関前に着いたのですが、既に玄関を入った所では、長蛇の列となっています。最後に並んで、持参した文庫本を読みながら、待ちます。15分程、待ってから、ようやく、1階の申告会場に入れましたが、そこでも列は続いたままです。しばらく待っていると、係員がクリアホルダーに入った書類が渡されますが、まだ、列の先頭には着きません。そして、10:25になり、ようやく列の先頭となり、書類に記入するための場所に案内されます。そこで、住所や名前、生年月日等を記入し、係員を呼ぶと、係員は、私が持参した資料、すなわち、源泉徴収票、生命保険料控除証明書、地震保険控除証明書、医療費の領収書、社会保険の領収書等をチェックして、必要なものをその書類に糊やホッチキスで留め、また、医療費の領収書はその合計の金額と私の名前や住所を書いた封筒に入れ、それらを先程のホルダーに入れます。そして、それらを持って、別な係員が待っている場所に行くと、「e-Tax」の経験があるかと聞かれたので、「あります」と答えると、先程のホルダーを更に、ICカードが入っている青いクリアホルダーにそれらを入れ、右側の列、すなわち、パソコンに入力するための列に並ぶように指示されます(なお、「ない」と答えると、赤いクリアホルダーに入れ、別な列に並ぶように指示されていました)。ここも長い列ですので、また、文庫本を読みながら待ちます。そして、11:15頃のようやく、パソコンの所に案内されたので、そこで、利用者識別番号、パスワードを入力し、以下、画面の指示通りに、所得金額、源泉徴収所得税額、社会保険料、生命保険料、地震保険料、医療費、銀行口座番号、マイナンバー等を入力した後、パソコンの所にいる係員を呼んで、マイナンバーカードを見せ、マイナンバーをチェックしてもらいます。そして、係員が印刷操作をして、終了となります。この後、プリンターの所に行き、クリアホルダーに入っているICカードを読み取り機の上に置くと、数枚の印刷があり、それを持って、最後の係員の所に行くと、1枚の書類のみ先程のクリアホルダーに入れ(この時、ICカードが入った青いクリアホルダーは回収されたと思います)、残りは私の分として渡されます。渡されたクリアホルダー、すなわち、最初に書いた書類、そこには、源泉徴収票、生命保険料控除証明書、地震保険控除証明書が留められ、また、医療費の領収書が入っている封筒、そして、プリントされた1枚が入っているものですが、それを所定の箱に放り込んで終わりとなりました。この時、11:45でしたので、結局、2時間、かかったこととなります。この間の待ち時間で、結局、持参した文庫本1冊を読んでしまいました(笑)。

と言うことで、もしかして、もう少し待ってからとか、あるいは、午後になってからの方が良かったかもしれないと思いました。なお、所得税の還付金ですが、いつもの通り、7万円位の戻りでした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:確定申告
posted by matsumo at 18:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月19日(日)の「錦糸公園」と「猿江恩賜公園」

前述のごとく、2017. 2.19(日)は地下鉄「住吉駅」近くの「ティアラこうとう・大ホール」にて「アパッショナート管弦楽団 第18回定期演奏会」を聴いてきましたが、その前に、「河津桜」や「梅」の花の撮影を行いました。すなわち、「地下鉄・木場駅→大横川→木場公園→(錦糸町駅)→錦糸公園→亀戸天神→小村井香取神社→亀戸天神→錦糸公園→(錦糸町駅)→猿江恩賜公園→ティアラこうとう」と歩いて、撮影を行いました。

内、錦糸町駅近くの「錦糸公園」で、ここでは、「河津桜」が結構、咲いていました。

170220ZA.jpg

170220ZC.jpg

170220ZB.jpg

ここでは、「菜の花」も咲いていました。

170220ZD.jpg

そして、地下鉄「住吉駅」近くの「猿江恩賜公園」です。ここには、「水仙」の花、

170220ZI.jpg

「白梅」、

170220ZE.jpg

170220ZF.jpg

「紅梅」、

170220ZH.jpg

170220ZL.jpg

薄いピンク色の紅梅が咲いていました。

170220ZJ.jpg

170220ZK.jpg

また、白梅では「メジロ」が花を突いていました。

170220ZG.jpg

以上は、「リコーイメージング:PENTAX K-3」+「シグマ:18-250mmF3.5-6.3DC MACRO HSM」、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「SODIAL:C-M4/3マウントアダプター」+「SainSonic:TV LENS 25mmF1.4」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 17:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月12日(日)の「新宿御苑」(4)

前述のごとく、2017. 2.12(日)は、新宿駅近くの「新宿御苑」に行ってきました。日本庭園を出て、「中の池」の木の橋が架かった場所に行きます。「マンサク」の花が咲き始めていました。

170220A.jpg

ここより、中の池の大きな寒桜のある場所に行きますが、ここも、咲き始めです。

170220B.jpg

170220C.jpg

そして、「中の池」と「下の池」の大きな枝垂れ桜の木がある場所に行きますが、勿論、まだ、花は咲いておらず、以前として、地面の「水仙」の花だけです。

170220D.jpg

170220E.jpg

170220F.jpg

ここより、「エコハウス」前の沢山の「梅」の木が植えられている場所に行きますが、「紅梅」の花が結構、咲いています。

170220G.jpg

170220H.jpg

170220I.jpg

また、ここにある何本かの「河津桜」ですが、既に、いずれも花の最盛期は過ぎている感じです。

170220K.jpg

170220O.jpg

170220L.jpg

170220P.jpg

170220M.jpg

170220N.jpg

170220Q.jpg

ここより、「管理事務所」に向かって進むと、「福寿草」の群生地に着きます。

170220R.jpg

170220T.jpg

170220S.jpg

170220U.jpg

そして、「管理事務所」前の「素心蠟梅」と

170220V.jpg

そばの「寒桜」の一種です。

170220W.jpg

ここより、「玉藻池」の側の「梅林」に行きますが、ここの梅は遅咲きのもののようで、「紅梅」も

170220Y.jpg

「白梅」もまだまだの状態です。

170220X.jpg

そして、「大木戸門」より出て、ここでの撮影は終了としました。

と言うことで、梅は次回もまだまだ、撮影できそうですが、次回のメインは中の池の大きな寒桜だと思います。

以上は、レンズ交換式コンパクトカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-G2」+「パナソニック:G VARIO 14〜42mmF3.5-5.6」、レンズ交換式デジタルカメラ「パナソニック:LUMIX DMC-GF3」+「TARION:C-M4/3マウントアダプター」+「FUJIAN:TV LENS GDS-35 35mmF1.7」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:新宿御苑
posted by matsumo at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

本「今野敏著 東京湾臨海署安積班 半夏生」

今野敏著「東京湾臨海署安積班 半夏生」(発行日:2009. 2.18、発行所:(株)角川春樹事務所)を読みました。これはハルキ文庫の1冊です。

さて、感想ですが、まあまあでした。ただし、これ、読むと、やはり、公務員上級試験に受かった連中を国の役所の幹部にしておくと、ろくなことが無いと思ってしまいますね。すなわち、これ、内閣情報室の役人がインフルエンザ患者をバイオテロだとでっち上げて、警察及び世間に大混乱を起こさせると言うもので、ううん、実際、こんなことがあったら、この小説どころの話ではないなあ、その上、それを起こした役人及び内閣連中が誰も責任をとらないのですから、ふざけていると思ってしまいます。

と言うことで、読んで腹がたった本の1冊でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:今野敏
posted by matsumo at 19:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月19日(日)の「アパッショナート管弦楽団 第18回定期演奏会」

2017. 2.19(日)、地下鉄「住吉駅」近くの「ティアラこうとう・大ホール」にて「アパッショナート管弦楽団 第18回定期演奏会」を聴いてきました。

170219X.jpg

聴衆の入りは座席の6割強とやや寂しい状態で、演奏された曲は以下です。

(1)グリーグ:劇音楽「ペール・ギュント」より「朝」・「ソルヴェイグの歌」
(2)グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調
(3)チャイコフスキー:交響曲第4番
(4)チャイコフスキー:舞踊音楽「くるみ割り人形」より「花のワルツ」
川本統脩指揮アパッショナート管弦楽団、早川大智(pf)

さて、感想ですが、(1)は最低でも4曲は聴きたいです。2曲ではもの足りない感じです。やはり、第1組曲を演奏すべきだったと思います。

(2)は演奏自体は悪くなかったのですが、もう少し、北欧風な感じが欲しかったです。なお、オーケストラの人数が少ない(例えば、第1バイオリンは5名でした)こともあり、ピアノの音はオーケストラの音に埋もれずによく聞こえました。

(3)は中々の力演で、特に、シンバルやトライアングル等の打楽器が素晴らしかったです。全体的には力強い演奏でしたが、もう少し、チャイコフスキーらしい暗さが欲しかったです。

(4)は勿論、アンコール曲で、こちらも中々の演奏でした。

と言うことで、本日の収穫は(3)でした。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月17日(金)の「東京国立博物館」の「前庭」

前述のごとく、2017. 2.17(金)は上野駅近くの「東京国立博物館・平成館」に「春日大社 千年の至宝」展を観に行ってきましたが、

170219P.jpg

170219Q.jpg

その後は、勿論、本館の前庭の梅の花の撮影を行いました。紅梅です。

170219R.jpg

170219S.jpg

「白梅」です。

170219T.jpg

170219U.jpg

170219V.jpg

以上は、「レンズ+CCD」ユニット交換式コンパクトデジカメ「リコー:GXR」+「リコー:RICOH LENS P10 4.9-52.5mm F3.5-5.6VC」で撮ったものです。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年 2月12日(日)の「新宿御苑」(3)

前述のごとく、2017. 2.12(日)は、新宿駅近くの「新宿御苑」に行ってきました。「日本庭園」内の「楽羽亭」より、庭園内に何本か植えられている「寒桜」の所に行きます。

170219B.jpg

170219A.jpg

170219C.jpg

170219E.jpg

170219D.jpg

「翔天亭」の側の大きな寒桜の所に行きます。まだ、七分咲き程度でしょうか。

170219F.jpg

170219G.jpg

中側からも撮影します。

170219H.jpg

170219I.jpg

170219J.jpg

170219K.jpg

170219L.jpg

別の背の高い寒桜です。

170219M.jpg

170219N.jpg

170219O.jpg

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:新宿御苑
posted by matsumo at 18:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

本「今野敏著 東京ベイエリア分署 二重標的」

今野敏著「東京ベイエリア分署 二重標的」(発行日:2006. 4.18、発行所:(株)角川春樹事務所)を読みました。これはハルキ文庫の1冊です。

さて、感想ですが、読んでいる時は面白かったのですが、よく考えると、無理が有りすぎと言う感じです。だって、交換殺人により2つの死体が出たのですが、その交換殺人はテレクラでもう1人を見つけることによって起こったなんて、あまりにひどい設定です。おそらく、この小説が書かれた頃、テレクラが盛んだったのではと思いますが、その当時の流行を扱った小説って、それから、少し経つと、わからない話になることも多いですよね。と言っても、この手の小説は1年間位、売れれば、万歳なんだと思いますが。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
タグ:今野敏
posted by matsumo at 18:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日ソノラマ 創刊号

秋葉原の「ハードオフ」の地下1階の「ジャンク館」で「朝日ソノラマ 創刊号」(1959.12号)を税込み108円で入手しました。

170218U.jpg

これ写真や文章以外に、円形ではなく、長方形+半円のソノシートが6枚付いていると言うか、綴じられているものです。

170218V.jpg

170218W.jpg

170218X.jpg

写真のように、この本の中央部には穴が空いており、2つ折りにして、ソノシートを上にした状態でレコードプレーヤーのターンテーブルに置いて、音を聴くと言うものですが、本自体が反っているため、プレーヤーのアームが上下に揺れて再生は大変だったと思います。このため、大分経ってからのものは、円形のソノシートとなり、袋が本に綴じられて、その袋の中にソノシートが納められる形になりました。

なお、6枚のソノシートに収録されているのは以下で、その内、再生して、WAVEファイル化するつもりです。

(1)ソノ・クロノクル(音で残す1959年)
(2)ソノ・ルポルタージュ(人・声・世相)
(3)スクリーン・ハイライト(歌うトニー・ザイラー)
(4)クリスマス・ムード(地に平和・人には善意)
(5)旅へのいざない(裕ちゃんとパリへ)
(6)ソノ・ギフト(お正月のうた)

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする