2018年05月27日

本「廣田稔明著 東京の自然水124」

廣田稔明著「東京の自然水124」(発行日:2006. 4. 3、発行所:けやき出版)を読みました。これ、都内の湧き水と井戸水を紹介しているものです。

紹介されたものの中で、以下は行ったことがあり、また、湧き水も見たことがありましたが、

(1)深大寺(東京都調布市深大寺5-15-1)
(2)等々力渓谷(東京都世田谷区等々力1丁目)
(3)目黒不動尊独鈷の滝(東京都目黒区下目黒3-20-26)
(4)清水山憩いの森(東京都練馬区大泉町1-6)
(5)稲荷山憩いの森(東京都練馬土支田4-14)
(6)赤塚不動滝(東京都板橋区赤塚8-11)
(7)薬師の泉庭園(東京都板橋区小豆沢3-7)
(8)赤羽自然観察公園(東京都北区赤羽西5丁目)

こちらは、行ったことはありますが、まさか、湧き水が出ているとは知りませんでした。

新宿御苑
おとめ山公園(東京都新宿区下落合2-10)
甘泉園公園(東京都新宿区西早稲田3-5)
新江戸川公園(東京都文京区目白台1-1-22)
江戸川公園(東京都文京区関口2丁目)
小石川植物園(東京都文京区白山3-7-1)
須藤公園(東京都文京区千駄木3-4)
根津神社(東京都文京区根津1-28-9)
国立自然教育園(東京都目黒区白金台5-21-5)
旧古河庭園(東京都北区西ヶ原1丁目)
名主の滝公園(東京都北区岸町1-15-25)

でも、裏高尾に行くバスの「蛇滝口バス停」近くの湧き水がなぜか、取り上げられていないのが不思議です。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 18:36| 東京 ☀| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「ブルックナー:交響曲第4番」(コンヴィチュニー指揮)

平林直哉氏の「盤鬼のつぶやき」によると、フランツ・コンヴィチュニー指揮の「ブルックナー:交響曲第4番」の録音は、「ウィーン交響楽団」と「ゲヴァントハウス管弦楽団」のものがあるが、両者は同じもので、本当は「ウィーン交響楽団」とのものを間違って「ゲヴァントハウス管弦楽団」とのものとして発売してしまったためだそうです。

と言う訳で、間違った表記なのですが、「フランツ・コンヴィチュニー指揮ゲヴァントハウス管弦楽団」が「ブルックナー:交響曲第4番」を演奏・録音したLPを

180527W.jpg

再生・録音・編集したもの「Bruckner_Symphony_No4_Konwitschny_GewandhausO_1960A_B.mp3」(55.6MB)を以下のURLにupしたので(sound1293)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/1l_-lSJcHgZZHHntO6ol8b9zqeSxw1ss9?usp=sharing

posted by matsumo at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

本「佐々木裕一著 若返り同心如月源太郎 闇の顔」

佐々木裕一著「若返り同心如月源太郎 闇の顔」(発行日:2017. 2.15、発行所:(株)講談社)を読みました。これは講談社文庫の1冊で、短編集です。

さて、感想ですが、前作の「若返り同心如月源太郎 不思議な飴玉」よりかなり劣る感じです、まあまあでした。これ、十年前まで定廻り同心をしていた老人が、それをなめると一時的に若返ってしまうな飴玉を入手し、若返って孫の新米同心を助けるというものです。唯一、まあまあだった点は、この飴玉はなめると老化が進んでしまうので、最後の方で、この老人が飴の舐めすぎで、ものすごく老化してしまい、目撃者から否定されてしまうと言うことですね。

matsumo(http://matsumo.my.coocan.jp
posted by matsumo at 20:29| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LP「ブルックナー:交響曲第5番」(フランツ・コンヴィチュニー指揮)

CDの収録時間は最大80分位だそうですが、デジタル録音ですので、もっと短い録音時間のものと同様な音質のものができます。一方、LPレコードの最大録音時間も両面で80分位ですが、この場合、ダイナミックレンジは狭くなり、音量も小さなものとなってしまう、すなわち、音質の悪いものとなってしまいます。LPでは良い音質の場合は、両面で45分位だそうで、演奏時間が65分〜80分程度のものはLPでは2枚組になりました。しかしながら、LP時代は2枚組だったが、CD時代になって再発売された時は1枚となり、価格も下がりました。

このようにLP2枚組のものの1つに、「フランツ・コンヴィチュニー指揮ゲヴァントハウス管弦楽団」が演奏・録音した「ブルックナー:交響曲第5番」があります。

180526ZI.jpg

このLPを再生・録音・編集したものを「Bruckner_Symphony_No5_Konwitschny_GewandhausO_1961A_D.mp3」(74.4MB)を以下のURLにupしたので(sound1292)、みなさま、ダウンロードの上、お聴き下さい。

https://drive.google.com/drive/folders/1eqKymzxKAWImNyFLndu-Rro_-PwFcqVG?usp=sharing
posted by matsumo at 19:34| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年 5月24日(木)の「旧古河庭園」

posted by matsumo at 18:46| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする